フォト

他のアカウント

Twitter

にほんブログ村

  • にほんブログ村

楽天

  • 楽天
無料ブログはココログ

« これがいわゆるマタニティ・ブルー | トップページ | 結婚したら、 »

2006年11月26日 (日)

子ども、好き?

 少しさかのぼって所感を書いておこうか、さてどこから書こう? と考えたらば、どんどん上流までさかのぼり、

「そもそもわたしは子ども好きだったか」

 までたどりつきましたよ。

 まあ、あれだ。
 一般的に、女性は子ども好きなはずだっていう思いこみがあるよね。
 キライだってこたえると、なんかこう、「えー、冷たいひとなんだー」とか、ちょっとこう、人間的に欠けてるところがあるんじゃないかと薄っすら思ってしまうような。

 で、それを踏まえてなお、

「や、あんま好きじゃない」

 と発言できるほど、積極的には嫌いってわけじゃあなかったわけですよ。

 あのね、「男、好き?」と聞かれたら、「レズじゃないんでどうしてもどっちか選べっつーんなら男を選ぶけどもさ、男ならどんなんでも好きってこたぁねーよ」と口とんがらせると思うんだ、わたし。んなアホウな質問しないでくれよと。

 子どもだってさ、可愛いのもいれば、蹴り殺したろうかってのもいるし、まあそこまで個性が出てきてない赤ちゃんでも、一見して、「かーわいーい」てのと、ちょっとこう、親を前にして素直な感想は言いにくいよな、ていうのがいるでしょう。

 だからそんな大雑把に、子どもが好きかと聞かれたら、ごくごく無難に、

「きらいじゃないですよ」

 とか、

「好きですよ」

 とかこたえてたわけです。

 あと、まあ、いずれ子どもを産みたいとは考えてたので、形からはいろう、と、小さな子どもを見かけたら微笑みかける、という努力はしてたし。わりとそのリアクションでもって、「子どもって面白いじゃん」と感じて、食わず嫌いなかんじは解消できたような気はします。

 夫は子ども好きなんで、最低でも3人、できれば4人ほしいと前々から言ってまして。
 しょうがねえ、協力してやっか、という気になれたのは、自分が一人っ子で、だいぶ子ども時代から思春期にかけて同じくらいの年のひととの付き合いに苦労したなあ、というのがひとつ。

 それと、夫自身が3人兄弟で、そしてその兄弟がみんな口をそろえて、
「3人で、楽しかったよね」
 と言ってる、それがとてもいい感じだから。ほんと、ああ、いいなあ、て思う。


 まあそんなわけで、「子ども、好き?」て質問については、ものすごーくぶちぶち言いたいことがあるんだけども、それにはっきり言って、いやもうシンプルに答えちゃっていいなら、

「子ども? ああ、キライ」
 ておれは答えるよ、ぶっちゃけな! てのが正直なとこだけど、それでもわたしは、最低3人産む、というノルマを、わりと快く受け入れたんだな。



 そこまでは、よかった。

 じゃあそろそろ作ろう。

 そこからが、長かった。

 その話は、またこの次。

« これがいわゆるマタニティ・ブルー | トップページ | 結婚したら、 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事