フォト

他のアカウント

Twitter

にほんブログ村

  • にほんブログ村

楽天

  • 楽天
無料ブログはココログ

« 母乳とハーブティー | トップページ | 手続きなど »

2007年1月 9日 (火)

0歳児保育

 来月には、娘を保育園にあずけることになります。

 ふと、これまでそんなことは考えてなかったのに、急に、かわいそうだな、なんて思ったりました。

 いやいやいや、それは保育士さんに失礼だろ、とすぐに打ち消したのですけども。
 なにかの本で読んだことがあります。
 保育士さんとは、お母さんの代わりではないし、また、代わりになろうとする必要も無い。

 保育士は、保育のプロだ、と。

 だから、そんなプロにあずけるのに「かわいそう」だなんて、考えるのは失礼ですよね。

 と、考えてから、いやいやそれもまた違う、と思い直しました。

 かわいそうだなんてウソです。

 わたし自身が、娘とはなれてすごすことを思って寂しくなったんです。

 わたしがさみしくて(それに多分仕事復帰に多少の不安もあって)、それを投影して、かわいそうだなんて言ってるだけで。

 そこを間違えちゃいかんよなあ、と思いました。
 子どもがかわいそう、なんていって、本当は親がそうしたいだけ。
 子どものために、なんていって、本当は親がそうしたいだけ。

 そんな落とし穴に、早くもはまりかけてるんだなあ、と、風呂につかりながらつらつら思った、成人の日でした。

« 母乳とハーブティー | トップページ | 手続きなど »

育児」カテゴリの記事