フォト

他のアカウント

Twitter

にほんブログ村

  • にほんブログ村

楽天

  • 楽天
無料ブログはココログ

« 気持ちがふにゃん。 | トップページ | はじめて、たたいた。 »

2010年8月26日 (木)

もしドラ

毎度、世の中には乗り遅れ気味な話題ですが。



『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』読みました。



ええと、世の中的には、絶賛! と、そうでないのと、どっちが主流なのかしらん。まあ絶賛が多いから100万部突破なぞということになってるのでしょうが。



じゃあともかくも、絶賛じゃない方面から。



普段から小説を読みなれてる人は、腹に力いれて読み始めたほうがいいです。覚悟した方がいいです。プロローグだけで投げ出したくなるんです。そういう小説なんです。それでもこんなに売れてるのが不思議なんです。



という感じに、ともかく語尾が単調なのが読んでて気持ち悪かった。

あと伏線の張り方がへただなあとか、キャラの心理や行動が著者のご都合主義にしか見えなくて読んでてかゆくなるなあとか、いろいろあるけども、そういうもんだ、と構えて読めば、すぐに慣れて、感激の涙を流すことさえ不可能ではないでしょう。



まあその、慣れるまではホント、なんなんだろうなあ、と頭を抱えましたよ。編集の方とかがいたでしょうに、なんでこうも素人くさい(経歴によると、素人じゃないっぽいのだけども)文章のまんまで出版したのかと。どうしても、「もっと上手な書き手が書いたもので読みたい」と思わせられる。



んで、思ったんですけども。

これは、わざとなのかもと。

あとがきで、著者はAKB48のプロデュースに携わっていたと読んで、その、「もしかして……やあ、でもなー」は、なんかちょっと確信に。

このへたっぴさ。未完成さ。それこそが魅力と言い切る度胸はないけど、しかし吸引力にはなってるんじゃないか。著者が意図したにせよしないにせよ。





「明らかに間違った結論に達している人は、自分とは違う現実を見、違う問題に気づいているに違いないと考える必要がある」これはドラッカー『プロフェッショナルの条件』から(ちなみに毎度うろ覚えで書いてるツキナミがやけにすっきり引用してくるのは、いつも持ち歩いてる抜き書きノートにちょうどこの箇所があったから)。

明らかに間違ってるかどうかはさておき、少なくとも違う何かが見えていたからこそなのではと思い直すと、なんか面白い。



小説的に稚拙なのはゆるぎないと思う。

なのに100万部。

これを、「にもかかわらず売れた」ではなく、「それだからむしろ売れた」と考えると何が見えてくるのか。

あ、そうだ。顧客の創造を果たしたともいえるのですよね。

ドラッカーなんて関係ないけど表紙の萌え絵にひかれた人、ドラッカーは読んでみたいと思ってたけどなかなか手を出せずにいた人。



……うん、まあ細やかに分析するだけの能力も時間もないツキナミはこのへんでバンザイ、ドラッカーに関する部分はちゃんとしてるけど小説としては稚拙というところがむしろ、これからいろいろと、メディアミックスてんですか、広がっていく可能性をもたらすのじゃないかな、などと思ったところで終わらせときます。



いや、もう実際、マンガ化、アニメ化とか、わたしが知らないだけで、とっくにあるのじゃないですか? 

DSで読む「もしドラ」とか。

あ、いいな。その時はフルボイスでお願いします。

ドラッカーの引用部分は、杉田智和さんか森本レオさんで。

(ツキナミの好みってだけで他意はありません)













8月26日:本のタイトル間違い修正しました。

なんぼ毎度うろ覚えといったって本のタイトル間違っちゃいけません。反省。


« 気持ちがふにゃん。 | トップページ | はじめて、たたいた。 »

」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183489/39590787

この記事へのトラックバック一覧です: もしドラ:

« 気持ちがふにゃん。 | トップページ | はじめて、たたいた。 »