フォト

他のアカウント

Twitter

にほんブログ村

  • にほんブログ村

楽天

  • 楽天
無料ブログはココログ

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月の2件の投稿

2010年12月19日 (日)

そけいヘルニア

手術日決定しました。

来年1月ですけどね。



ネット情報によっては2歳くらいまで様子を見るなんてあってひやひやしてたんですが、あっさりと、

「原則、1歳をすぎていたら手術」

とのことで、決定。

ともかくも、ただ手をこまねいているしかなかったときに比べたら、なにか良くなったわけでもないけれど、ホッとしてしまいます。



経過なんぞをアップしていきたいけれど、その頃にはちゃんと移行してるんかな、このブログサービス。

明日から投稿機能停止じゃなかったっけか。



2010年12月 5日 (日)

ヘルニア

一歳半の下の子、ここ一カ月ほど、おむつ替えのときにチンチン押さえて「いて」と顔をしかめたり、夜泣きしているときにやはりチンチンのあたりを押さえるので、心配しておったです。



なかなか仕事が休めず、夫に小児科へ連れていってもらったのが半月ほど前。

しかし「特に異常はない」とのこと。

心配なら様子を見て、とかなんとか。



……んでもまあ、信用できなかったんですよね。

いや、そのかかりつけの小児科医のことではありません。

夫のこと。



わたしや義母は、痛がってる姿を見てるんで心配してたんですけども、夫がおむつ替えするときは「痛がったことはない、そんな様子見たことない」だそうで。

夫は、見たものしか信じられないというか、見ても自分が認めたくないものはすぐに記憶から抜け落ちるとかいうところがあるんで。

病院でも、ちゃんと説明はしなかったんじゃないかなあと。



そうこうするうち、お風呂などであったまって、タマタマがだらーんとしているときは、なんか、タマが三つある!?というようなあんばいで、側面がどうも腫れてるように見えるようになりまして。

お風呂はいつも夫がいれてるんですけども、たまたまわたしがいれたときに気づいて夫に話したら、



「そうなんだよねー、どんどん大きくなってる気がする」



言えよ。

気づいてたんなら、言えよ。



「さわってみたけど、痛がらないしさ」



いや、つーか、そうじゃなくて……

忘れてたんじゃね?



なんつーかその、ここで夫を責めても逆切れされて怖い思いをするだけなのは学習済みなので、ともかくも総合病院へ連れて行きました。



診断結果は、ヘルニア。

脱腸、とのこと。

成長すると治ることもあるから様子をみてもいいけど、心配なら手術してもいい。手術する場合は紹介状を書きますよ、と。



迷いました。

だってここんとこ夜泣きが激しくて、どうもチンチンのあたりを痛がってるようなんですもん。

そう伝えると、じゃあすぐにでも手術したらいいですよ、とのこと。



でも、迷いました。

紹介状を書いてもらうにはお金が必要なんじゃないか、夫が激怒するんじゃないか、と。

だって夫は、病院に一緒に来てはくれましたが、やはり「痛がってるところは見たことがない」と切迫度はまるでなし。

痛がっていたよ、という話を疑っているわけじゃないけど、自分で見たことがないから共感できない、と。



共感の問題じゃねえだろがよ。



ともかくも待合室に出て、夫と相談しました。

で、いずれ治るかもしれないから様子を見るにしても、ヘルニアが原因で夜泣きしているなら非常につらい、一度夜泣きの様子を夫も見てもらえないかとお願いしたところ、



紹介状、書いてもらったらいいじゃない、と。

妻がそうしたほうがいいと思ってるなら反対しないよ、と。



反対はしないけど嫌味は言うんですよね、わかります。

つーかそんなに夜泣きの世話すんのイヤか。



まあそんなこんなで紹介状を書いてもらいましたが、妻が心配性なもんだからしなくてもいい手術をすることになった、なんて思われるのも気分が悪いので、今日からしばらく、夫に息子の添い寝をしてもらうことにしました。

それで夜泣きしなくなったら、妻のベッドが寝心地悪いとか何とかそういう他の要因だろうってなわけで。

手術しないで済むならそれにこしたことはないと思いますしね。







……と、ここまで書いてから、ネットで調べてしまいました、子どものヘルニア。



うーっ

心配ごとがあるときはネットに頼るもんじゃないな!

なんかもう、一刻も早く救急病院に連れてって手術させたい気分になるじゃないか!



二、三日前に激しく夜泣きしたとき、吐いたんですよ。

そのときは、咳のしすぎで吐くあれと同じかな?と思い、明け方にはなんとか寝付いたのでホッとしてたんですが。

吐いた場合は間違いなく嵌頓ヘルニアだそうなので救急車呼んだほうがいい、というのを読んで、うわあうわあですよもう。



ともかくも紹介状書いてもらった病院に連れていく日をきめることとします。



« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »