フォト

他のアカウント

Twitter

にほんブログ村

  • にほんブログ村

楽天

  • 楽天
無料ブログはココログ

« 顎関節症 | トップページ | 噛み癖 »

2011年3月 6日 (日)

そけいヘルニア手術

毎度横着な話ですが、「手術をひかえて(1)」としたものの、(2)を書くことなく手術日をむかえ、手術もとっくに終わってもう3月です。
手術したのは1月。

詳しく書こうとすると、病院への文句ばっかりになりそうなのでそこは省きまして、手術に関することだけ書きますと、

事前に説明を受けていたとおり、簡単な手術で、1歳8カ月だった本人もケロリとしたものでした。

日程は二泊三日、一日目は検査と夜から食事、水分制限。
病室は8人部屋だったので、のどが渇いてぐずられてはたまらんと、9時以降指定された水の量をなるべく全部のませようとしたんですが、子どもには「今飲んでおかないとあとできついぞ」なんてわかるわけもないので、3分の2くらい飲んであとはプイッ。
心配したものの、その夜も翌日の手術の時間までも、空腹やのどの渇きでぐずるような気配もなくすごしました。

検査でいろいろと、出生時の体重やら予防接種のことやら聞かれたので、母子手帳を持って行って正解。

手術当日、麻酔などについても改めて説明あり。
手術そのものは30分程度だけど、準備などもあわせると小一時間くらいはかかるとのこと。

手術室に運ばれていく子どもを見送った時は、さすがにちょっと、なんともいえない気分になりましたが。
予定どおり小一時間後に戻ってきた子は、全身麻酔のせいでぐっすり。
その後わりと早く麻酔から覚めたものの、すぐうつらうつらして、爆睡。
38度まで熱があがったけど、麻酔の影響だろうということで、すぐに平熱に。
ほとんど寝ていたせいか、手術のために丸一日ご飯が食べられなかったわりに、ぐずることもなかったです。

手術跡には肌色のガムテープみたいなものが貼られていて、一週間後にはがしにまた病院へ。
傷跡は、足のつけねというより下腹のあたりに、すっと薄く線がひかれたような感じで、そんなに目立ちはしないけど、大きくなったらちゃんと説明しないとな、とは思いました。
なにかわかりやすく面白いお話にできないかと模索中。


« 顎関節症 | トップページ | 噛み癖 »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183489/39590830

この記事へのトラックバック一覧です: そけいヘルニア手術:

« 顎関節症 | トップページ | 噛み癖 »