フォト

他のアカウント

Twitter

にほんブログ村

  • にほんブログ村

楽天

  • 楽天
無料ブログはココログ

« レギンス | トップページ | つわり対策 »

2011年6月 5日 (日)

プリンセストヨトミ

どこかのレビューで「トンデモ映画」とあったので、そりゃ面白そうだと観てきましたよ。

ネタバレあるかもです。↓

 

 

 

 

 

しかしまあ、それほどトンデモではないと思ったわたしは中二病かなんかでしょうか。
よーく考えると「アホな」話だってのはわかるんだけども、前半はまったく面白く観ておりました。
トンデモどころか、これはまあ私が子どもがいる身だからか、うるっときてしまうところもあったし。

いやそれってどうなの、とか思うところはぽろぽろあれど、原作にはも少しちゃんと書きこんであるんだろうか。
ダイスケくんがセーラー服を着ていることについて、本人の葛藤が見えなかったのは脚本のせいか演技力のせいか。
いや犯人さがせよとか。

ちなみに、トヨトミのプリンセスちゃんは戦いません。

あとまあラスト近くで松平さんのベッドでのしゃべりは、そうなるしかないのはわかるけどもそっと説得力がほしかったとか、だから犯人はいいのかとか、お父さんとのことを語るのはハッキリ無駄だったと思うんだがなあ。
回想シーンですでにそのへんの心情は見せられているので、旭くんに解説するにしても、もう少し見せようがあったんじゃないかとか。

それと大輔くんはもっと可愛いパンツをはいてもいいと思う。
セーラー服を着ようという男の子が、あんなデカパンはいてるもんかい。
オチは好きだけど。

ツッコミどころが沢山あって楽しいので、レビューで「二人で観に行く」ことを勧めていたわけがわかりました。
なんにせよ面白かったです。

« レギンス | トップページ | つわり対策 »

映画・テレビ」カテゴリの記事