フォト

他のアカウント

Twitter

にほんブログ村

  • にほんブログ村

楽天

  • 楽天
無料ブログはココログ

« 妊娠中の便秘 | トップページ | 「ここがロドスだ、ここで跳べ」 »

2011年8月 5日 (金)

体重。

前ので「便通がたいへんよろしい」と、うっきゃうきゃ小鼻ふくらませて語っておったところですが。

妊婦健診でお医者に、顔を見るなり、というか二度見したうえで、
「太ったなあ!」
……言われてしまいますた。
そりゃもう、つくづくと、
「太ったなあ……」
言われてしまいましたとさ。


ええと、体重増加の目安が○週間に1キロ(聞き取りそこねた)のところ、わたしは0.9キロ増えてるそうで。
ギリギリだ、と看護士さんはおっさるのですけども。

まあ、そうだろうなとは思ってました。
薄々、感づいてはいましたとも。

食べづわりで、しょっちゅう何か食べてるし、この頃はむしょーに夜中に空腹を感じて、しかも夜中にかぎってバタートーストが食べたくて、噛むとじゅわっとしみでるくらいだっぷしバターをぬったくったトーストを夜毎に食べておったとです……。

それだけならいいんだけど(よくはないが)、もともとコーヒー好き。妊娠中はカフェインは、特にコーヒーのカフェインは避けたほうがいいなと思いつつ、麦茶や水じゃあ飽きるし、お店に入ったとき、あまりジュースは好きじゃないし……
と、まあ一日に1、2杯なら、と飲み続けてたらば、

なんか、コーヒー飲むと、うっすらだけど、お腹がきゅーっとなる。

コーヒーとかカフェインものを飲んだあとに胎児を観察すると、そわそわ落ちつきなくなっている、なんて話を聞いたことがありますが。
なんにせよ、この、なんとなくお腹がきゅーっは、ちょっと怖かった。
ここで、「お腹の赤ちゃんが、ママやめてって言ってるんだわっ」とうるうるするようなキャラではないですが、どっちみち、こりゃいかんと。
なにしろ高齢出産ですし、つい忘れがちだけど、一人目、二人目のときは平気だった、というのが三人目でも通用するとは限らない。
や、通用しないと思ってもいいんじゃないか。

だって、一人目、二人目の妊娠の時より、確実に、年、とってんですもんなー。

……まあそういうわけで、コーヒーはやめて。
あと麦茶、水以外となると、原材料名の一番目か二番目には「砂糖」がくる清涼飲料水だのジュースだのしか、選択肢がなくね?
ハーブティーという手もあったけど、妊娠前は好きだったのに、すっかり好みが反転して、うえっとなってしまう。

でー、
つわりの食べ過ぎと、甘い飲み物。
こいつらをどうにかしようというわけで。
一回に食べる量を減らしたり、甘い飲み物を飲まないようにしたり。

もともと甘い飲み物を飲む習慣がなかったんで、我慢てことはないんだけども、どーしても水や麦茶以外が飲みたくなったら、コーヒーや紅茶を薄くしてちびちび飲んだりしてます。

一回に食べる量は、家での食事は子どもが食べ残すことを想定にいれて、自分のは極力少なく。
というか、つい作り過ぎるのをなんとかしたほうがいいかも。

結局のところ、今日は何を食べたっけ、野菜は足りてるかな、とか。
この料理、子どもは好きだったな、じゃああまり残らないな、とか。
当たり前のことをちゃんといろいろ考えつつ生活するようになったというか。心がけているというか。

忙しさにかまけてたつもりはなかったけど、「忙しさにかまけてるなあ」という意識すら持たないほど、忙殺されてた、ということなんでしょうか。
毎日、帰宅は9時頃。
一日を振り返る時間を確保することも忘れて、毎日往復3時間以上ある通勤電車での時間、なにをしてたんだろうなあ、と反省したり。

と、いうわけで。
とりあえず反省文代わりに、通勤電車でこれを書いてみるのでした。

« 妊娠中の便秘 | トップページ | 「ここがロドスだ、ここで跳べ」 »

育児」カテゴリの記事