フォト

他のアカウント

Twitter

にほんブログ村

  • にほんブログ村

楽天

  • 楽天
無料ブログはココログ

« ぬいぐるみの収納。 | トップページ | 主婦の手帳術with新生児 »

2012年1月 2日 (月)

あけましておめでとうございます。

今年は出来合いのおせちを先に買ってあって、大晦日に煮しめとなますくらいは作ろうと思ってたらば、材料、なにもかも売り切れでした。

で、やさぐれて、なにもかも出来合いで間に合わせたおせち。
あけましておめでとうございます。
あけましておめでとうございます。

そして、初詣にいったさきのコンビニで発見したポスター。
ベルセルク映画化に衝撃を受け、人目もはばからず写メ撮った。
実写じゃなくてよかったような、いっそ実写で見てみたかったような。
つーか、いま富樫状態だったと思いますが。いやいいんだけど。

思い返すにベルセルクとの出会いは、出張先の有料放送で見たアニメ版でした。
途中から見たし途中で寝てしまったのでタイトルもわからなかったのだけれど、銀髪の美青年が素っ裸で夢を語り、いかつい兄ちゃんと水をかけあうシーンがやけに忘れられず、あとでオタク友達に話したところ、

「あ、それ多分ベルセルクです」

あっさりタイトル判明し、全巻持ってるというので、借りて読んだのです。
それから新巻が出るたび、妊娠中などは「胎教に悪いですけど」と言われつつ楽しく読ませていただきました。

いや胎教に悪いというけども、あのキャスカの、この世のものならざる異形の赤ん坊の話など、子どもを産んでからはむしろ可愛くて可愛くて、また涙なしには読めなかったもんですが。
独身の友達には理解できなかったようですけども。
しかしまあ一般的にはグロいですから、免疫のない方は読まないほうがいいです。
いやいや正直言って、オタク属性あっても免疫がある方であっても、あの赤ん坊がいじらしくて可愛いというのに同意してもらえるかどうか確信はない。全然ない。

まとまりのないまま、皆さま今年もどうぞよろしくお願いします。

« ぬいぐるみの収納。 | トップページ | 主婦の手帳術with新生児 »

映画・テレビ」カテゴリの記事