フォト

他のアカウント

Twitter

にほんブログ村

  • にほんブログ村

楽天

  • 楽天
無料ブログはココログ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月の4件の投稿

2012年4月20日 (金)

ダンディー

ダンディー
おはようございます。
通勤電車で軽く噴いた広告をひとつ。

チョコモナカアイス、ダンディーて。ダンディーて。
各市町村に絶対一店舗は生き残っているであろう昔ながらの床屋かと。

ブラックサンダーというお菓子もありますね、あのネーミングも好きですが。

見かけたら買おうと思います、チョコモナカアイス、ダンディー。

2012年4月14日 (土)

主婦の手帳術withうつうつ。

主婦のための手帳術というのは結局は需要がないんじゃなかろうか、ワーキングマザーなら女性向けビジネス用ので事足りちゃうんじゃなかろうか、とうだうだ悩んだ夜もありましたコンバンハ。
つか、そこ別に悩まなくてもよかった。

主婦に適した手帳術がないもんか、と検索すると、さほどカラフルな結果にならないので、まあぼちぼち自分なりにやり続けております。
ベースは、さとうめぐみさんの二度書き手帳術。

五色ボールペンで色分けとか、予定をマンスリーからウイークリーに転記とか、手帳タイムをもうけるとか、時々ごりごり、わりとだらっと、やっておるんですがー、

夫の単身赴任2週間経過。

くたびれますた。

娘5歳が歯ブラシをなくした、というだけで、今朝は血圧上がって死ぬんじゃなかろうかという勢いで叱ってしまったし。
や、歯ブラシなくしたことそのものより、返事をしないことや、探してと言ってもただ突っ立って動かないことが頭にきたんだけど、それでもやっぱり、あんなねっちり叱らなくてもよかった。

ので、あとで娘に謝りました。
謝ったらば、ふふん、としかめっ面で笑ってましたけど。

とにかくまあ、なんつーかこう、これもうヤバい。
叱ってる最中も、わたしが泣きそうで泣きそうで、ああこれウツ症状だぜおい、と子どもたちを保育園に送って一人になってから気付きました。

だから、ちょっとこれ、幽体離脱視線でものを見ないとなあ、と。

さとうめぐみさんの手帳術では、誰かにしてもらって嬉しかったことや自分が誰かにして喜ばれたこと、を書きとめておくんですけども。

それとは別に、今日、自分はなにをしたのか、なにを頑張ったのか、とかとか。
書きとめて、
「おいら頑張ってる!」
と確認するというか。
行動を書き出して、頭の中からずるっと抜き取って、ふーんと眺める時間が、必要な気がしてきました。

まあそういや岡田斗司夫氏のスマートノートに、行動を書き出して五段階評価をつけるっていうのがあった。
それがウツに効果があったようなことも、氏の本に書いてあったはず。

ここ2週間、夜は寝かしつけで頭がいっぱいで、テーブルに開きっぱなしにしてある手帳、最低限今夜中に済ませなければいけないことを確認するのがせいいっぱい。
それすら忘れて、翌朝慌てたりしてますが。

あえて、もっと時間を作った方が、結果的には良さそうな。
子どもたちを早く早くと急かしても、急かした分だけ早く動いてくれるわけではなく、かえって逆効果だったり、むしろ違うアプローチをした方が早かったりなんかするように。
早く早くじゃなく、
効率ばっかりじゃなく、
しゅーっと力抜いて、魂抜けるくらい抜いて、
天井でお茶会でもする気分で、自分を眺める時間を、

うん、あの、なんかこのまま続けると、ポエムになりそうなんで強制終了。

最近なんかしんどいから、手帳に行動を書きとめて客観的に眺めてみようっと、という、まとめるとそんだけの話でした。

ではごきげんようごきげんよう。

2012年4月13日 (金)

産後の体重。1 絶え間なく

久々に池袋。

パスタを食べるつもりで入った店が、まだモーニングの時間帯で、パスタメニューが出ておらず。

かっとなって、目玉焼きがのっかったチーズトーストにメープルシュガーぺっとりのフランスパン、レアチーズケーキまでプラスして食ってしまいました。
パスタ食うつもりだった腹にちっこいパンで満足できるかあああ、とな。

ああ、思い出すのは岡田斗司夫氏の本、『いつまでもデブと思うなよ』。
いやまてよ、別の本だったかもしらんですが。

来週には仕事に復帰するというのに産後ダイエットが停滞していると嘆くわたしは、このようにして、

太るための努力を、絶え間なく続けているのですね。飽きもせず。


食べた物を記録しはじめたら、そのことに気付いたというくだりが突然我が身に迫って感じられた、朝10時のこと。

育休は、本日が最後。
どうしたもんでしょう。

この、絶え間ない太る努力に加えてわたしは、成人女性の標準的なカロリーがなんちゃら、というのも勘違いしておったとです。

スマホにかえてから、アプリでレコーディングダイエットとか死なないぞダイエット(計るだけダイエット、ですね。でもなんか本のタイトルであるこっちのほうが好きだ)をやってるんですけども。

前者の、レコーディングダイエットは、カロリーが表示される。

まず最初は、反省とかせずに淡々と記録する、とやったところ、毎日だいたい3000キロカロリーを超える。

…………あの、カロリーとか詳しい方、ちょっと黙っててください。

早とちり、思い込み癖のあるわたしは、

ああ、じゃあ毎日3000を切るのが当面の目標だな、と。
成人女性の目標カロリーって、じゃあ2700くらいだったかな、と。
思い込んで、1ヶ月ほどやってきました。

え、そりゃもう、ね。
ぜーんぜん痩せない。
さっき書いたような、不断の太る努力もありますし。

しかし先日のことですよ。
保育所に向かう車内のラジオで、聞こえてきたダイエット用のサプリメントか置き換え食事かなんかのCM。

〜成人女性で約1800キロカロリーですから、これを毎日続けていただければ……〜


……

………………


………………………………………………


毎日、2800キロカロリーを続けてましたが?


それでも「うーん、3000キロカロリーをだいぶ切ってるのに痩せないなあ」なんて思ってましたが?


やあ、怖いですねえ思い込みって。
つか産後なかなか体重が戻らない自分の食事内容を標準にひきつけて信じ込んでたむってあたりどうなのってもんで。

ぎゃーってなってからも、なかなかカロリーはおさえられず、2500あたりをうろうろしてます。
ちなみに今朝はもう1000超えてます。ふふ。

うふふふふふふふふふふ。
そういや無意識に腹を押さえるもんだから、あやうくまだ妊婦の気分になります。
妊娠中についたエスカレーター探す癖、妊娠前の階段使う派に戻るべく視線をむきっと固定したり、はじめました。
以前は、6階までなら階段派だったので、幸い駅の階段ごときで息が切れたりはしなかったことを希望に、頑張る。

えーと、産前体重まで、あと8キロ。
おいおい報告など。

2012年4月 1日 (日)

酒量の件

2ヶ月ほど前に書きました酒量の件ですが。
あれ以来すっかり酒は飲まなくなって、
や、正確に言うと、アルコールを飲まなくなったというのか、いや、うーんとあの、
ノンアルコールビールばかり飲むようになりました。

ばかり、つったって、週に3、4缶あけるペースで、毎日でもなくなったし、まあそのなんだ、アル中かもって相談には、結局行っておりません。
病院を調べるにも至らなかった。

これは以前に書いたかな、あまり好きでもない缶チューハイ500缶を飲んだら吐いた、あれからでしょうか。
思い返すに、昔から酒好きでしたけど、甘いお酒はそんな好きじゃあなかったし。ビールか日本酒、焼酎ならお湯割り。

話それるけど、酒飲めないときに、そう言ってお断りすると、重ねて無理矢理ビールとか勧めてきて、さらに固辞すると「じゃあチューハイにしなよ! ね、チューハイなら飲めるでしょ!」という寝言をおっさる方がいますけど、あれって何なんでしょうね。
「甘い酒飲むくらいならビールか日本酒よこせ!」とぶちきれて、かえって喜ばれてしまった苦い思い出を、寝言いったオッサンごと消し去りたい。

ええと、だからその。
チューハイは別に悪くない。

自分は、甘くない炭酸の飲み物が好きなんだな、ということで落ち着いております。
昔は炭酸水にレモン絞ったのが大好きで、そればっか飲んでた時もありましたねえ。
いまも、炭酸水を箱買いしようか悩んだりなんかしてたり。

ああ、あとその酒好き全盛期。
ひたすら飲み歩いてた頃、
「酔わなければ、もっとたくさん飲めるのに」
なんて思って、けっこう早く酔っ払ってしまうことを口惜しく感じてたりもしました。

だからまあ、酔いたいんじゃなくて、酒が好きなんだと。
アル中ではないぞと。
そういう結論にもっていきたいわけですが。

……しかし、そういや、前に読んだアル中患者の話で、
「ジンライムの味がすごく気に入っちゃったんだ。
 それで、気がつくと一日中ジンライムを飲むようになっちゃったのさ」
てのがあったな。
てことは、
酔うのが好きなんじゃない、酒の味が好きなんだ、
なんてえのは、つまりあのう、


「ノンアルコールビールの味がすごく気に入っちゃったんだ。
 それで、気がつくと一日中ノンアルコールビールを飲むようになっちゃったのさ」


うん、なんかこれ、かなりダメダメっぽい。

だから一日中でも毎日でも飲んじゃあいませんが。
言えば言うほど酔っ払いの戯言じみてくるので本日はこのへんで。


そういや今日は四月一日でしたね。
特段、上記のことについて「うそぴょ~ん」はありまへんですはい。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »