フォト

他のアカウント

Twitter

にほんブログ村

  • にほんブログ村

楽天

  • 楽天
無料ブログはココログ

« 産後の体重。1 絶え間なく | トップページ | ダンディー »

2012年4月14日 (土)

主婦の手帳術withうつうつ。

主婦のための手帳術というのは結局は需要がないんじゃなかろうか、ワーキングマザーなら女性向けビジネス用ので事足りちゃうんじゃなかろうか、とうだうだ悩んだ夜もありましたコンバンハ。
つか、そこ別に悩まなくてもよかった。

主婦に適した手帳術がないもんか、と検索すると、さほどカラフルな結果にならないので、まあぼちぼち自分なりにやり続けております。
ベースは、さとうめぐみさんの二度書き手帳術。

五色ボールペンで色分けとか、予定をマンスリーからウイークリーに転記とか、手帳タイムをもうけるとか、時々ごりごり、わりとだらっと、やっておるんですがー、

夫の単身赴任2週間経過。

くたびれますた。

娘5歳が歯ブラシをなくした、というだけで、今朝は血圧上がって死ぬんじゃなかろうかという勢いで叱ってしまったし。
や、歯ブラシなくしたことそのものより、返事をしないことや、探してと言ってもただ突っ立って動かないことが頭にきたんだけど、それでもやっぱり、あんなねっちり叱らなくてもよかった。

ので、あとで娘に謝りました。
謝ったらば、ふふん、としかめっ面で笑ってましたけど。

とにかくまあ、なんつーかこう、これもうヤバい。
叱ってる最中も、わたしが泣きそうで泣きそうで、ああこれウツ症状だぜおい、と子どもたちを保育園に送って一人になってから気付きました。

だから、ちょっとこれ、幽体離脱視線でものを見ないとなあ、と。

さとうめぐみさんの手帳術では、誰かにしてもらって嬉しかったことや自分が誰かにして喜ばれたこと、を書きとめておくんですけども。

それとは別に、今日、自分はなにをしたのか、なにを頑張ったのか、とかとか。
書きとめて、
「おいら頑張ってる!」
と確認するというか。
行動を書き出して、頭の中からずるっと抜き取って、ふーんと眺める時間が、必要な気がしてきました。

まあそういや岡田斗司夫氏のスマートノートに、行動を書き出して五段階評価をつけるっていうのがあった。
それがウツに効果があったようなことも、氏の本に書いてあったはず。

ここ2週間、夜は寝かしつけで頭がいっぱいで、テーブルに開きっぱなしにしてある手帳、最低限今夜中に済ませなければいけないことを確認するのがせいいっぱい。
それすら忘れて、翌朝慌てたりしてますが。

あえて、もっと時間を作った方が、結果的には良さそうな。
子どもたちを早く早くと急かしても、急かした分だけ早く動いてくれるわけではなく、かえって逆効果だったり、むしろ違うアプローチをした方が早かったりなんかするように。
早く早くじゃなく、
効率ばっかりじゃなく、
しゅーっと力抜いて、魂抜けるくらい抜いて、
天井でお茶会でもする気分で、自分を眺める時間を、

うん、あの、なんかこのまま続けると、ポエムになりそうなんで強制終了。

最近なんかしんどいから、手帳に行動を書きとめて客観的に眺めてみようっと、という、まとめるとそんだけの話でした。

ではごきげんようごきげんよう。

« 産後の体重。1 絶え間なく | トップページ | ダンディー »

手帳術」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事