フォト

他のアカウント

Twitter

にほんブログ村

  • にほんブログ村

楽天

  • 楽天
無料ブログはココログ

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月の5件の投稿

2012年6月27日 (水)

営業電話になんと応えていますか?

たまにですが、職場に営業電話がかかってきます。

営業電話、であってるかな? あの、
「マンション経営してみませんかー」
「資産の有効活用についてお話ししたいことがありましてー」
というやつ。
仕事復帰して早々に、私ご指名で電話がかかってきやがりました。

これ、なにしろ先方も仕事ですから、こちらが丁重にお断りしようとしても食らいついてきます。
「察してくれよ」は通じません。
「いま仕事中ですから…」と控えめな言葉では、
「ええはい、それでですね、」とあっさりスルー。

「いま仕事中ですから、私個人のお話はお受けしかねます」とハッキリ言っても、
「ではお仕事が終わったあとに伺います。5時過ぎでよろしいですか?」
(5時過ぎはまだ勤務時間だボケ、と言いたかった)

ちなみに育休中に自宅で健康食品セールスの訪問を受けたときは、
「あの、赤ちゃんが泣いてるんで…」
「赤ちゃんがいらっしゃるんですか! 大変ですねえ。するとやはり健康にも特に関心がおありなんじゃありませんか?この商品は特に優れた…」

そゆこと言ってんじゃねえんだよ!
泣いてる赤ちゃんの世話に集中してえからインターホン切らせろ帰れって言ってんだよ!

……なんて先方が「察して」、ああじゃあ失礼します、なんて言うわけがない。お仕事なんだから。
私が先方の上司だったら、少なくともそんなんで切り上げる奴は叱りとばしたくなるだろし。

だもんで基本的には、仕事中ですからお受けできません、だけでなく、電話切りますからねー、ということもちゃんと言って、さっさと切ることにしてるんですが、
まあ、後味よくはない。

だって、切る直前まで受話器から、まだなにか言ってる声が聞こえてきますから。
せめて静かに切るようにはしてますけど。

先方から引き下がってくれたら一番いいんだけど、そうもいかないよなあ、と思っていたところ、いくつか思い出しました。

ひとつはすいません、著者名を忘れてしまいましたが。
家で原稿を書いていると電話が鳴る。出てみると営業電話。うちに運用するような資産はありませんよ、と言い、
「こんな昼日中に、大の男が家にいるんですよ…察してください」
先方は、きっと職が見つかりますよとか励ましの言葉をかけて電話を切った、とか、なんかそういう話。

うん、だがこれ女性の私は使えない。

もうひとつ、これもうろ覚えだけど、内田樹氏の著書かブログ。
非常にシンプル。

「いま、お風呂に入ってたんです」
こう言うと、たいがい先方は電話を切ってくれるそう。

おう、これはいい。
一瞬、あだち充の漫画にそんなシーンなかったっけと思ったけどオジサマのそんなシーンは当然ない。多分。

しかしこれはいい。
「いま揚げ物してるんです」でも「赤ちゃんが泣いてるんで」でも全然退く気配のないあのひとたちが、自ら「あ、じゃあしょうがないですね…」と引き下がってくれるなんて、ぜひ体験してみたい!

問題はひとつ。

仕事復帰した現在、私あての営業電話って、職場にしかかかってこないんですよねえ。

勤務時間中に、
「あ、いまお風呂に入ってたんで」


 
 
うわあ、言ってみたい。
どんなリアクションするのか聞いてみたい。
  
 
リアクションを聞いてから、やっぱり電話は切るけどな。


本日はこのへんで。
ごきげんようごきげんよう。

2012年6月20日 (水)

グリーンスムージー、ゆるっと継続中。

毎度やくたいもない話ですが。
妊娠中、便秘対策になればと始めたグリーンスムージー、ゆるーく続けています。

あまり堂々と「続けてます」と言えないのは、まあ、ちゃんとしてないからですね。
常温で飲む、とか。
噛み締めて飲む、とか。
前後40分でしたっけ、ほかのものは胃にいれない、とか。
守ってません。

いやあ、だって常温だとさすがにマズいから、やっぱり氷いれちゃうんだもん。
噛み締めて飲む、とか、朝はそんなにしみじみしてられないんだもん。
前後40分て、グリーンスムージーだけじゃお腹がすくから、とあと貧血対策のプルーンを入れたヨーグルトを、やっぱり食べちゃうんだもん。

さらに、たまにむしょーに朝から納豆ご飯が食べたくなるので、グリーンスムージーは毎日じゃなくていいや、納豆ご飯の日はパス、ということにしました。

まあ振り返って考えるに、グリーンスムージー始めてから、快調とまでいかなくとも毎日お通じがあるので、効果はあると思うんです。
しかし野菜不足対策としては、ヴァイタミックスに放り込むたび、
この程度の野菜、おひたしにすりゃあぺろりじゃね?
と思っちゃうので、野菜ではなく、生野菜不足解消、と考えることに。

そうそう、グリーンスムージーのあとヨーグルトを食べちゃう、に関しては、ここ数日は解消。
1リットル作って朝晩飲んでたのを、全部朝飲むことにして、したらばさすがに腹がきっつくて他になにも入らないし昼までもつ。
ヨーグルトは、夜帰宅してから食べることにしました。

ヨーグルトは朝食べたほうがいい、となんとなく思い込んでたんですが、どうも夜食べたほうが、わたしには合っているようで、朝からお通じ快調になります。

がしかし。
妊娠中に悩まされたおならの大量発生。
症状いくらか緩和するも解消されたとはちっとも言えない産後半年経過。
こいつについても、なにかうまいことできたらお知らせします。

本日はこのへんで。
ごきげんようごきげんよう。


にほんブログ村

2012年6月13日 (水)

主婦の手帳術with付箋紙、失敗。

ええと、不完全ながらもやってみた、付箋紙で主婦のtodo管理(あまりに不完全なので「あな吉さんの」というのは控える)ですけども。

続きませんでした。

敗因は、2つ。
1.そもそもわたし、付箋紙はひらひらぽろぽろして苦手。
2.やり終えたら付箋紙はがすって、記録が残らないとそもそもやったかどうかを忘れてしまうので困る。

もちろん、あな吉さんの主婦のための手帳術には、それぞれの解決策が紹介されています。
マスキングテープで作ったフラップで、はがれないようカバーするとか、記録を残したいなら付箋紙はどこかに貼って残しておいてもとか。

ええ、強烈に不器用なのか、扱い方が雑すぎるのか。
いくつか前の日記、主婦の手帳術@悩みちう、で書いたかもですが、付箋紙の糊の側だけじゃなくひらひらしたほうもフラップで押さえるようにしてみましたが、それでも反り返る付箋紙。折れ曲がる付箋紙。
それにイラッとしたり悲しくなったりする。

やり終えた分の付箋紙を残しておくにも、やはりマスキングテープで押さえないとはがれる…、いちいちマステ貼るのは面倒で、結局手帳に書き写したり。

そんなこんなしてるうちに、付箋紙にtodo書き込むのがしんどくなってしまい、これまでどおり、手帳に書いとく、に戻ったのでした。
ゲンミツには、前に戻ったというか、ちょっと変化はありましたがそれはまた後日。

もちろん、ちゃんとバインダー用意したり、ちゃんちゃんとやっていれば、多くの主婦にとってはすごく便利な手帳になると思うんです。
が。
私の場合、付箋紙アレルギーだった。
過去の「todoボード作って付箋紙で管理♪」の失敗に加えて学んだことは、

○やっぱり貼ってはがして移動とか細々した作業苦手。
○付箋紙の限られたスペースに書き込むの苦手。
○記録が残ってないと忘れてしまうので、はがれるものに書くと結局手帳に書き込みたくなる二度手間だあ感。
○あとまあやっぱり手帳に書いて読み返すのが大好きなんです。

ノートや手帳にガッガッガッと書いてくの、好きなんですよねえ…。
例えば、あな吉さんの本では「おばけフセン」と表現されてたかと思いますが、
「アルバム整理する」
なんてのを、「デジカメのメモリーカードからPCにデータ移動」「プリントする写真を選ぶ」「プリント注文する」「それぞれの子ども用、親用に写真を分ける」「アルバムに貼る」
とチャンクダウンして、
手帳にチェックボックス付きで書くのは好き。
これをひとつひとつ付箋紙に書くのは苦手。

この手帳術はすごく良さげだ、と思ったけれど、自分の苦手なことを克服しないと実践できそうにない。
ということは、諦めたほうがよいんだろうなあ、と肩を落としたのでした。

苦手を克服するより強みを生かせというのはドラッカーのお言葉だったと思いますが。
でもなんかほら、苦手って、克服した先に新しい良いことがありそうで、逃げちゃだめだ逃げちゃだめだ逃げちゃだめだ! とか思っちゃうんですよねえ。
そして挫折する、とな。いいかげん把握しよう。

しかしこの失敗のうち、ちょーっと前進したのはルーチンのtodoリスト。
付箋紙に書くのは苦手、でもあな吉さんがおっさるように、todoリストをすぐ見られるところに、というのは重要。

というわけで、毎朝と帰宅してからのルーチンをリストにしてA4クリアフォルダにはさんでテーブルに置いとくことにしました。
ホントは冷蔵庫やら身支度スペースやらに貼りたいんですが、やってるうちに「あ、これも加えとこう」とか「ここはこの順番のほうがいいかも」とかごりごり書き込んで更新したいので、当分はテーブルに。

これはかなり良かった。
イライラが格段に減りました。
慌ただしいときって、
あと何をしなくちゃなんだっけ?あ!向こうの部屋に行ったときあれもついでに持ってくればよかったのに!あああ何しなきゃいけないのか思い出せない!
と、家中を右往左往したあげく頭がフリーズして泣きたくなるパターンが私の場合あまりに多いので。

リストには朝起きて体重計ってメモから朝食の支度、保育園の連絡帳記入や子どもたちの歯磨きまで、とにかく些細なことも全部書いてます。
しばらく使ってるうちに、流れが身についてあまり見なくなったりもしましたが、それでも突然頭が真っ白になったときは、とにかくこれを見て行動すれば何とかなる、というのがありがたい。
まあ手帳術じゃあ全然ないんですけども。


くり返しますが、あな吉さんの手帳術をちゃんと実践したうえでの感想ではありません。
付箋紙アレルギーで最初っから腰がひけた状態からの、うーやっぱツラい、ぷはっげほげほ、という話です。て何だかわかりませんが。


さて同時期にはじめたアクションプランナー、自分を予約する手帳術。
こちらも、もう最初っから「自分には向かんなあ」と思っており。
でもとりあえず1ヶ月使いました。意外と毎日みっちり書き込んでおります。
と言っても、やはりこちらもちゃんと実践してるというものではなく。
やっぱ乳幼児かかえた主婦には向かない、とは相変わらず思ってる。

そのことはまた後日。

2012年6月 8日 (金)

一番よく知ってるのは誰でしょう。

毎度、うろ覚えの記憶から思ったしょーもない話ですが。

昔好きだった、海外ドラマの「アリー my Love」
ずっと忘れられないシーンがあります。
あまりに忘れられないので、前にもブログに書いたことがあると思う、こんなシーン。

またもぐじゃぐじゃと恋愛(か何か。ここうろ覚え)で悩んでいるアリーに、親友でルームメイトのレネがこんなことを言って背中を押すんです。

「自分のことを一番よく知ってるのは誰だか、わかってるでしょう?

 ……そう、カウンセラーだよ!」

うん、正直、放映当時は、これ笑うとこなのかただのリアルなのか分からず、けつまずくような気分になったものですが。

アメリカでは自己管理のためにカウンセリングを利用する。日本とはカウンセリングに対する意識が全然違う。
なんてな話を最近読みもしましたんで、もしかして別に笑うとこではなかったのかなあ、とも思うんですが。

さて。
先日読んだ育児書に、こんな問いが書いてありました。

「あなたの子どものことを、一番よく知っているのは誰ですか?」

まあそこは、「もちろんあなたですよ!(ニコ)」的な流れになってるんですけどもね。

「あなたの子どものことを、一番よく知ってるのは誰だか、わかってるでしょう?

……そう、カウンセラーだよ!」

なんかこう、10年以内には、こんな冗談が苦笑とともにかわされるようになり、やがてただの現実として語られるようになるんじゃないか。

なんて黒ーい苦ーいことを思ってしまった、育児疲れの金曜日。

読んだ本は、
『子どもの話にどんな返事をしてますか? ―親がこう答えれば、子どもは自分で考えはじめる』 (ハイム・G・ギノット)
なるほど子どもの心を理解し共感を示すにはスキルが必要だよねえ。

ではこのへんでごきげんようごきげんよう。


にほんブログ村

2012年6月 5日 (火)

授乳中のバリウム。

人間ドック、受けてきました。
お目当ては、オプションの腫瘍マーカー。
甲状腺に腫瘍ができて、MRIで良性とは言われたものの、不安なら大学病院で細胞とって検査して、とも言われており、かといって大学病院に行くのも気が進まず……
次善の策、になればと思って。

しかし届いた説明書には「良性でも反応が出る」とか書いてあって、あれーです。
さておき。

その人間ドックで、バリウムも飲んできました。
以下は、シモの話になりますのでご注意。


だいぶ前、やはり人間ドックでバリウムを飲んだあとに、
「いまの子たちは辛い思いをしたことがないから他人の痛みがわからずイジメなんてするんだ」というなら手っ取り早く全員にバリウム飲ませりゃいいんだちくしょうめ、
なんて日記を書いたように記憶しておるんですけど。

慣れでしょうか。
今回、そう辛くはなかったです。
が、しかし。

授乳中なんです。

と言ったところ、

バリウムは吸収されないから関係ないらしいんですが、

「授乳中ということでしたから、穏やかなものにしてあります」

と言って検査後に渡された下剤。



や、待って。ちょっと待って。
待合室のポスターに、

バリウムってちゃんと排出しないと体内で固まって消化管に穴をあけることもあるからね☆

とかいって脅しかけてるだろがコラ。


穏やかて……穏やかてそんな…………。




……結局、うんともすんとも言わなかったので、市販の便秘薬でおおむね排出しましたとさ。


ちなみに市販の便秘薬では母乳に影響があるので、しぼり捨てました。
最初っからどかんと効くやつ処方してくれて「今日は授乳を控えてください」のほうがよかったんじゃね?なあ?

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »