フォト

他のアカウント

Twitter

にほんブログ村

  • にほんブログ村

楽天

  • 楽天
無料ブログはココログ

« 一番よく知ってるのは誰でしょう。 | トップページ | グリーンスムージー、ゆるっと継続中。 »

2012年6月13日 (水)

主婦の手帳術with付箋紙、失敗。

ええと、不完全ながらもやってみた、付箋紙で主婦のtodo管理(あまりに不完全なので「あな吉さんの」というのは控える)ですけども。

続きませんでした。

敗因は、2つ。
1.そもそもわたし、付箋紙はひらひらぽろぽろして苦手。
2.やり終えたら付箋紙はがすって、記録が残らないとそもそもやったかどうかを忘れてしまうので困る。

もちろん、あな吉さんの主婦のための手帳術には、それぞれの解決策が紹介されています。
マスキングテープで作ったフラップで、はがれないようカバーするとか、記録を残したいなら付箋紙はどこかに貼って残しておいてもとか。

ええ、強烈に不器用なのか、扱い方が雑すぎるのか。
いくつか前の日記、主婦の手帳術@悩みちう、で書いたかもですが、付箋紙の糊の側だけじゃなくひらひらしたほうもフラップで押さえるようにしてみましたが、それでも反り返る付箋紙。折れ曲がる付箋紙。
それにイラッとしたり悲しくなったりする。

やり終えた分の付箋紙を残しておくにも、やはりマスキングテープで押さえないとはがれる…、いちいちマステ貼るのは面倒で、結局手帳に書き写したり。

そんなこんなしてるうちに、付箋紙にtodo書き込むのがしんどくなってしまい、これまでどおり、手帳に書いとく、に戻ったのでした。
ゲンミツには、前に戻ったというか、ちょっと変化はありましたがそれはまた後日。

もちろん、ちゃんとバインダー用意したり、ちゃんちゃんとやっていれば、多くの主婦にとってはすごく便利な手帳になると思うんです。
が。
私の場合、付箋紙アレルギーだった。
過去の「todoボード作って付箋紙で管理♪」の失敗に加えて学んだことは、

○やっぱり貼ってはがして移動とか細々した作業苦手。
○付箋紙の限られたスペースに書き込むの苦手。
○記録が残ってないと忘れてしまうので、はがれるものに書くと結局手帳に書き込みたくなる二度手間だあ感。
○あとまあやっぱり手帳に書いて読み返すのが大好きなんです。

ノートや手帳にガッガッガッと書いてくの、好きなんですよねえ…。
例えば、あな吉さんの本では「おばけフセン」と表現されてたかと思いますが、
「アルバム整理する」
なんてのを、「デジカメのメモリーカードからPCにデータ移動」「プリントする写真を選ぶ」「プリント注文する」「それぞれの子ども用、親用に写真を分ける」「アルバムに貼る」
とチャンクダウンして、
手帳にチェックボックス付きで書くのは好き。
これをひとつひとつ付箋紙に書くのは苦手。

この手帳術はすごく良さげだ、と思ったけれど、自分の苦手なことを克服しないと実践できそうにない。
ということは、諦めたほうがよいんだろうなあ、と肩を落としたのでした。

苦手を克服するより強みを生かせというのはドラッカーのお言葉だったと思いますが。
でもなんかほら、苦手って、克服した先に新しい良いことがありそうで、逃げちゃだめだ逃げちゃだめだ逃げちゃだめだ! とか思っちゃうんですよねえ。
そして挫折する、とな。いいかげん把握しよう。

しかしこの失敗のうち、ちょーっと前進したのはルーチンのtodoリスト。
付箋紙に書くのは苦手、でもあな吉さんがおっさるように、todoリストをすぐ見られるところに、というのは重要。

というわけで、毎朝と帰宅してからのルーチンをリストにしてA4クリアフォルダにはさんでテーブルに置いとくことにしました。
ホントは冷蔵庫やら身支度スペースやらに貼りたいんですが、やってるうちに「あ、これも加えとこう」とか「ここはこの順番のほうがいいかも」とかごりごり書き込んで更新したいので、当分はテーブルに。

これはかなり良かった。
イライラが格段に減りました。
慌ただしいときって、
あと何をしなくちゃなんだっけ?あ!向こうの部屋に行ったときあれもついでに持ってくればよかったのに!あああ何しなきゃいけないのか思い出せない!
と、家中を右往左往したあげく頭がフリーズして泣きたくなるパターンが私の場合あまりに多いので。

リストには朝起きて体重計ってメモから朝食の支度、保育園の連絡帳記入や子どもたちの歯磨きまで、とにかく些細なことも全部書いてます。
しばらく使ってるうちに、流れが身についてあまり見なくなったりもしましたが、それでも突然頭が真っ白になったときは、とにかくこれを見て行動すれば何とかなる、というのがありがたい。
まあ手帳術じゃあ全然ないんですけども。


くり返しますが、あな吉さんの手帳術をちゃんと実践したうえでの感想ではありません。
付箋紙アレルギーで最初っから腰がひけた状態からの、うーやっぱツラい、ぷはっげほげほ、という話です。て何だかわかりませんが。


さて同時期にはじめたアクションプランナー、自分を予約する手帳術。
こちらも、もう最初っから「自分には向かんなあ」と思っており。
でもとりあえず1ヶ月使いました。意外と毎日みっちり書き込んでおります。
と言っても、やはりこちらもちゃんと実践してるというものではなく。
やっぱ乳幼児かかえた主婦には向かない、とは相変わらず思ってる。

そのことはまた後日。

« 一番よく知ってるのは誰でしょう。 | トップページ | グリーンスムージー、ゆるっと継続中。 »

手帳術」カテゴリの記事