フォト

他のアカウント

Twitter

にほんブログ村

  • にほんブログ村

楽天

  • 楽天
無料ブログはココログ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月の4件の投稿

2012年7月25日 (水)

グリーンスムージーまとめの器具編。

前回、ぼちぼち続けてきたグリーンスムージーのことをざっくりまとめましたが、器具のことをすっぽり忘れてたなあというわけで。

グリーンスムージーの本を読みますと、なにやら業務用かなんかの、すげえパワーのミキサー(ではないのかもしれない)を使用することが書いてあったりします。
それじゃなくちゃいけないってことはないんだけど、できたらそういう強力なのがいいよね、みたいな。

けどまあ最初から7万円くらいする強力ミキサー(最早ミキサーではないのかもしれない、しつこいけど。だってアボカドの種まで粉砕しちゃうていうんだぜ)、ヴァイタミックスを購入するのは、グリーンスムージーが習慣になるかどうかもわからないし、初期投資としては高すぎる。
んで、元々家にあった普通のミキサーでしばらくやってました。

前にも書きましたが、ホールフードとかいう、キウイ皮ごと、リンゴは種取らずとかは、家庭用のごく普通のミキサーでやるには腰がひける。口当たり悪そうだし。
だからキウイは皮をむきリンゴは種をとり……ヴァイタミックスにしたら、この手間がなくなるのかなあ、なんてことも思いつつ、普通のミキサーでゴギュンゴギュンと毎朝グリーンスムージー作り。

美味しく飲めるからか、案外手間だとか時間がかかるとかいう感じはありませんでした。
朝の忙しい時間にミキサー回すなんてうえーっと思わないでもなかったんですが、いざ始めてみたらばそうでもない。
朝食がわりにするから、ご飯かきこむ時間と相殺されるんでしょうね、多分。
子ども達も飲みたがるのがちょっと嬉しいし。

がしかしですね。
家庭用のだとすぐにモーターがいかれるとかなんとか本にあったとおり、ミキサー壊れました。
いや結構もったほうだと思うけど。

これを機会にヴァイタミックス購入。
届いたら、さすが海外もの。なんかいろいろ大雑把で少々不安になった。
アースのコード?がついてて怯んだが、これはやらなくてよいらしい。

……それでもキウイ皮ごとは、やってない。
イエローのほうはまだいいが、グリーンのは、あのけもけもした皮をなんぼ粉砕したって口にする気になれない。
食わず嫌いってことで片付けさせてください……。

ヴァイタミックスにしてから、多少の時間短縮はあったと思います。
さすが強力なんで、家庭用ミキサーのときの、入れすぎたかなあ回らないよう、てなこともなく。
前は飲みやすそうな状態になるまで、様子を見ながら付きっきりで3分くらい回してましたが、ヴァイタミックスにしてからは、徐々に速度を上げてフル回転にしてからタイマーで1分。
1分だけとはいえ手を離せるから、その間にまな板とかを洗っちゃったりできる。
一度、どれだけ時間をかけてるのか、果物、野菜を切るとこから計ってみましたが、洗い物も含めて7分ちょい。10分かかってないのには驚いた。

そんなわけで、ヴァイタミックス、

こういうの。

グリーンスムージーが習慣になってて、置きっぱにできる場所を確保できたら、買って損はないと存じます。
やっぱ家庭用ミキサーで作ったのより、飲みやすさが違うし。

あとこれ、氷沢山と砂糖にジュースや果物で、簡単にシャーベットが作れる。
これは感動した。
ほかにもいろいろ料理に使えるんでしょうが、活用はしてない。
バーミックスあるんで、たぶん機能被ってる。

ん?
もしかして、バーミックスでシャーベットとか、作れちゃったりする?
知らなかっただけ?

……取り説を見てきますんで、本日はこのへんで。
ごきげんようごきげんよう。


にほんブログ村

2012年7月18日 (水)

今までんとこのグリーンスムージーまとめ。

流行ってんでしょうか、グリーンスムージー。
先日本屋に行ったら、新しくグリーンスムージー関係の本が出ていたので、つい買ってしまいました。

持ってたのはこちら、

今回買ったのは、こちら。

最初の本ではわからなかったこと、葉野菜ローテーションの間隔とか、あ、こういうの入れてもいいんだーとか、常温じゃなくても続けるのが大事とか、これから始めようという方なら、こちらを選んでいいんじゃないかと思います。

で、さて。
以下は、グリーンスムージーをゆるっと続けてきて個人的な感想。

・劇的な変化は感じられないけど、まあお通じは良くなったかな。
・色々な葉野菜を、というけれど、やっぱ美味しいのは限られるような。
・問題なく美味しいな、と思えるのはホウレン草、水菜、パセリ。
・小松菜も美味しいけど、時々とんでもなく辛くなる。
・セロリ、大葉も悪くないけど、好みによる。
・モロヘイヤは微妙だった。
・おかひじき、なんか抵抗があって試してない。
・いれないほうがいい、と書かれてるけど、にんじんとサプリメントは入れちゃってる。問題は感じない。

そうそう、毎朝続けてたプルーンとカスピ海ヨーグルト。
ヨーグルトを腐らせちゃってからやめてたんですが、グリーンスムージーにドライフルーツのプルーンをいれてもいいと書いてあったんで、プルーンだけ継続。

これが、ですね。
断乳後、まだ献血してないんで、貧血がどうなってるかは不明ですが、いやプルーンの効果は置いといて、

だいぶ悩まされていた、おなら。
改善されました。

どうも、ヨーグルトのせいだったんじゃないかと。
乳製品でも発酵してたら問題ない、と思ってたんですが、やっぱ乳脂肪は乳脂肪ってことなんでしょうか。

まずはそんなところです。
参考になれば幸い。


にほんブログ村

2012年7月11日 (水)

いちご状血管腫

娘0歳の頭にいちご状血管腫があります。

あまり目立たない場所だけど、最初見つけたときはかなり焦った。
一週間健診のときはなにも言われなかったというか、わたしも気づいてなかったくらい、目立たないんだけども、ネットで調べるとまあ怖い、悪性腫瘍の場合もあるとか書いてある。

ひとまず皮膚科。
触りもせずに、
「あ、問題ありません」
まあ言ってから一応触ったりはしましたけども。

「すぐに自然になくなりますよ」

一目でそう言える程度のものなんだろうとやや安心したものの、ちょっとひっかかり、

「えーと、すぐに、というと何ヶ月くらいでしょう?」

皮膚科の先生、ちょっと弱った顔をしましたね。

「……就学前には、なくなりますよ」

……………。

おいそれ、あと6年あるから。

6年て、子育ての時期を振り返ればあっという間かもしらんがリアルタイムじゃ「すぐ」て言わないから。

気を取り直して小児科にも行き、やはり同じ話。
小学校に上がる前にはなくなってる。
目の上にあって見えにくいなどは別として、通常はなにもしないで消えるのを待つ。

二カ所で「特になにもすべきことはない」と聞いてひとまず安心。

さらに3ヵ月健診の際には、ここをぶつけて出血とかしたらどうすればいいか、なんてことまで聞いてきました。

いやあ、だって本当にいちごみたくぷっくりぷくぷくしかも柔らかいんだもん。
その血管腫のところで深く七三分けにすると、なんかいちご飾り付きのヘアピンさしてるみたいなんだわ。
固いものがぶつかったりしたら、ぶちゅっとはじけそうなんだわ。

健診の先生いわく、いちご状血管腫がやぶれて出血という話は聞いたことがない。

そこをなんとか万が一ですよ、と食い下がったところ、

「場所が場所なんで、出血したら圧迫止血して、すぐかかりつけの小児科に行ってください」

冷静になってみると、これ多分、頭から出血した場合と差のない処置なんでしょうね。

以上のことを保育園に伝えたら、ちょっとおおごとみたくなってしまい、慌てて、
「万が一、と私が食らいついて聞き出した話なんで。お医者さんから注意しなさいよと言い渡されたわけじゃないんで」
とニュアンスを伝えるのに苦労しましたが。
親が「でももし万が一!」と食い下がって聞き出したのと、お医者さんから注意事項みたいに言われるのとでは、随分感じが違いますからねえ。

そんな感じでうちのいちごは、こんな柔らかくて何かにぶつけたらきっとやぶれちゃうよ~と正直思うのですが、それもお風呂で髪を洗うときだけで、日中は忘れています。
いずれ消えるというし、手術で取りたいほど目立つわけでもないし、心配している「破裂とか…」は、お医者さんが、滅多にないし聞いたことがないと言うのを信じることにしました。
ネットあされば怖い話も出てくるんだろうけど。

まあひとつの、怖くない話として、書いておくのでした。

本日はこのへんで。
ごきげんようごきげんよう。


関連記事:

2014年11月15日 (土)その後の、いちご状血管腫、もうすぐ3歳

 


にほんブログ村

2012年7月 4日 (水)

子どもの仮病。

仮病、と言い切ってはやはり気の毒なんだけんどもまあ便宜上。
本人としてはホントに痛い気分なんだろうよな。

娘5歳がときどき仮病を使います。
ニコニコしながら、お腹が痛いのおでこが熱いのと言う。

前日のことなどを考えるに、だいたい甘えたくて言ってるのがわかるし、平熱だしちっとも具合悪そうじゃない。
だから保育園に連れて行こうとするんだけど、ものすごくぐずる。

甘えたい、構ってもらいたいから仮病を使うんだ、そして本人はウソなんかついてなくて、本当に具合が悪い気分になっているんだろうな、というのはわかるんです。

わたし自身、仮病を使う子でした。
当時はやはりそんな、仮病のつもりはまったくなかったけど。

小学校一年のときのこと。
仲の良い友達、という記憶がないので、学校になじめず寂しかったのかと今なら思うんですが。
なにかといっちゃあ熱が出たお腹が痛い喉が痛いと早退していたもんです。

その日も、先生お腹が痛いよう、と担任の先生にうったえたところ、
もういいかげん、目に余ったんでしょうね、先生、笑顔のまま、

「学校やめる?」

大丈夫?と優しくされることを期待して、きっとニコニコして先生に駆け寄ったんだろうわたしは、その顔のまま固まって、そこで記憶は途切れています。

娘の気持ちはわかるつもりだけど、親の立場になってみるとどうにもできない。
できるなら休ませて一緒にいたいと思っても、毎度そうするわけにもいかない。
それに、やっぱり思ってしまう。これで味をしめて何度も仮病を繰り返すようになったら困る、なんて。
まあ一度思い切り付き合ったらいいか、と考えて休んだこともあるけど、そしたら次の日も休みたいと言い出したし。

保育園でいやな思いをしているのか、それとなくたずねても、そういうわけではないらしく。
そうかお腹痛いのか休みたいのかー、でもね今日はママお仕事休めないから一緒にいられないんだよ保育園行こうねーて感じで、当然簡単に納得はしてくれないんで、大ぐずりするのを結局は叱るようにして保育園に連れて行って。

保育士さんにはこれこれこう、と今朝のやりとりを伝え、やっぱり様子がおかしいようなら連絡ください迎えにきます、ということにして出勤。

仕事中、何度も「もっとほかに、娘の気持ちをくみとってやれる言い方があったんじゃないか」と思い出す。
昼休みにスマホで「子ども 仮病 どうしたら」でググッてみたり。

気持ちはわかるつもり。でもうまくできない。
こんなとき思い出すのは、たしか『子どもの話にどんな返事をしてますか?』とかいうタイトルの本にあった、たとえ話。

手術台に横たわるあなたのところへ、手術を担当する外科医がやってきて言う。
「実は手術の経験があまりないんです。でも患者さんへの愛情はありますし、そんな非常識なことはしません」
あなたは手術台から逃げ出すだろう。
でも、愛情はあるが経験のない未熟な親から、子どもは逃げ出すことはできない。
だいたいそんな話。
スキルが必要なのだと。

そのスキルをどうやって身につけたらいいのか、と頭抱えるわたしはGoogleさんでアイデアを探す。
「うちではこんなふうにしてみたよ」
もちろん、どの子にも、いつでも通用するオールマイティーなやり方があるとは思わない。
ただ、目の前の子どもしか見えなくなって、八方塞がりな気分でイライラしたり虚無感で立ち尽くしたりするよりか、
あ、そういう言い方もありかー、とか。
あ、よそも苦労してんのは一緒だねー、とか。
ちょーっと遠くを見たりしたほうが、もっと子どもの心に寄り添えるのじゃないかと、思うのです。

このブログも、誰かの「よそも苦労してるなーw」とか「なんだうちなんてマシなほうじゃないw」になって、ちょっと笑ってくれたらいいな、なんて願っております。

とりあえずうちは、なだめすかして保育園連れて行き、「お仕事行くけどどうしてもお腹痛かったら先生に言ってね、ママがちゃんと迎えにくるから」と言うことにしてます。
これで実際に呼び戻されたことはないけど、朝別れるときの娘の顔は、やっぱり納得してはいないので、なんかもっとこう、なんか、ねえ?
ないかなあって、思うのでした。

本日はこのへんで。
ごきげんようごきげんよう。


にほんブログ村

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »