フォト

他のアカウント

Twitter

にほんブログ村

  • にほんブログ村

楽天

  • 楽天
無料ブログはココログ

« 子どもの仮病。 | トップページ | 今までんとこのグリーンスムージーまとめ。 »

2012年7月11日 (水)

いちご状血管腫

娘0歳の頭にいちご状血管腫があります。

あまり目立たない場所だけど、最初見つけたときはかなり焦った。
一週間健診のときはなにも言われなかったというか、わたしも気づいてなかったくらい、目立たないんだけども、ネットで調べるとまあ怖い、悪性腫瘍の場合もあるとか書いてある。

ひとまず皮膚科。
触りもせずに、
「あ、問題ありません」
まあ言ってから一応触ったりはしましたけども。

「すぐに自然になくなりますよ」

一目でそう言える程度のものなんだろうとやや安心したものの、ちょっとひっかかり、

「えーと、すぐに、というと何ヶ月くらいでしょう?」

皮膚科の先生、ちょっと弱った顔をしましたね。

「……就学前には、なくなりますよ」

……………。

おいそれ、あと6年あるから。

6年て、子育ての時期を振り返ればあっという間かもしらんがリアルタイムじゃ「すぐ」て言わないから。

気を取り直して小児科にも行き、やはり同じ話。
小学校に上がる前にはなくなってる。
目の上にあって見えにくいなどは別として、通常はなにもしないで消えるのを待つ。

二カ所で「特になにもすべきことはない」と聞いてひとまず安心。

さらに3ヵ月健診の際には、ここをぶつけて出血とかしたらどうすればいいか、なんてことまで聞いてきました。

いやあ、だって本当にいちごみたくぷっくりぷくぷくしかも柔らかいんだもん。
その血管腫のところで深く七三分けにすると、なんかいちご飾り付きのヘアピンさしてるみたいなんだわ。
固いものがぶつかったりしたら、ぶちゅっとはじけそうなんだわ。

健診の先生いわく、いちご状血管腫がやぶれて出血という話は聞いたことがない。

そこをなんとか万が一ですよ、と食い下がったところ、

「場所が場所なんで、出血したら圧迫止血して、すぐかかりつけの小児科に行ってください」

冷静になってみると、これ多分、頭から出血した場合と差のない処置なんでしょうね。

以上のことを保育園に伝えたら、ちょっとおおごとみたくなってしまい、慌てて、
「万が一、と私が食らいついて聞き出した話なんで。お医者さんから注意しなさいよと言い渡されたわけじゃないんで」
とニュアンスを伝えるのに苦労しましたが。
親が「でももし万が一!」と食い下がって聞き出したのと、お医者さんから注意事項みたいに言われるのとでは、随分感じが違いますからねえ。

そんな感じでうちのいちごは、こんな柔らかくて何かにぶつけたらきっとやぶれちゃうよ~と正直思うのですが、それもお風呂で髪を洗うときだけで、日中は忘れています。
いずれ消えるというし、手術で取りたいほど目立つわけでもないし、心配している「破裂とか…」は、お医者さんが、滅多にないし聞いたことがないと言うのを信じることにしました。
ネットあされば怖い話も出てくるんだろうけど。

まあひとつの、怖くない話として、書いておくのでした。

本日はこのへんで。
ごきげんようごきげんよう。


関連記事:

2014年11月15日 (土)その後の、いちご状血管腫、もうすぐ3歳

 


にほんブログ村

« 子どもの仮病。 | トップページ | 今までんとこのグリーンスムージーまとめ。 »

育児」カテゴリの記事