フォト

他のアカウント

Twitter

にほんブログ村

  • にほんブログ村

楽天

  • 楽天
無料ブログはココログ

« 営業電話になんと応えていますか? | トップページ | いちご状血管腫 »

2012年7月 4日 (水)

子どもの仮病。

仮病、と言い切ってはやはり気の毒なんだけんどもまあ便宜上。
本人としてはホントに痛い気分なんだろうよな。

娘5歳がときどき仮病を使います。
ニコニコしながら、お腹が痛いのおでこが熱いのと言う。

前日のことなどを考えるに、だいたい甘えたくて言ってるのがわかるし、平熱だしちっとも具合悪そうじゃない。
だから保育園に連れて行こうとするんだけど、ものすごくぐずる。

甘えたい、構ってもらいたいから仮病を使うんだ、そして本人はウソなんかついてなくて、本当に具合が悪い気分になっているんだろうな、というのはわかるんです。

わたし自身、仮病を使う子でした。
当時はやはりそんな、仮病のつもりはまったくなかったけど。

小学校一年のときのこと。
仲の良い友達、という記憶がないので、学校になじめず寂しかったのかと今なら思うんですが。
なにかといっちゃあ熱が出たお腹が痛い喉が痛いと早退していたもんです。

その日も、先生お腹が痛いよう、と担任の先生にうったえたところ、
もういいかげん、目に余ったんでしょうね、先生、笑顔のまま、

「学校やめる?」

大丈夫?と優しくされることを期待して、きっとニコニコして先生に駆け寄ったんだろうわたしは、その顔のまま固まって、そこで記憶は途切れています。

娘の気持ちはわかるつもりだけど、親の立場になってみるとどうにもできない。
できるなら休ませて一緒にいたいと思っても、毎度そうするわけにもいかない。
それに、やっぱり思ってしまう。これで味をしめて何度も仮病を繰り返すようになったら困る、なんて。
まあ一度思い切り付き合ったらいいか、と考えて休んだこともあるけど、そしたら次の日も休みたいと言い出したし。

保育園でいやな思いをしているのか、それとなくたずねても、そういうわけではないらしく。
そうかお腹痛いのか休みたいのかー、でもね今日はママお仕事休めないから一緒にいられないんだよ保育園行こうねーて感じで、当然簡単に納得はしてくれないんで、大ぐずりするのを結局は叱るようにして保育園に連れて行って。

保育士さんにはこれこれこう、と今朝のやりとりを伝え、やっぱり様子がおかしいようなら連絡ください迎えにきます、ということにして出勤。

仕事中、何度も「もっとほかに、娘の気持ちをくみとってやれる言い方があったんじゃないか」と思い出す。
昼休みにスマホで「子ども 仮病 どうしたら」でググッてみたり。

気持ちはわかるつもり。でもうまくできない。
こんなとき思い出すのは、たしか『子どもの話にどんな返事をしてますか?』とかいうタイトルの本にあった、たとえ話。

手術台に横たわるあなたのところへ、手術を担当する外科医がやってきて言う。
「実は手術の経験があまりないんです。でも患者さんへの愛情はありますし、そんな非常識なことはしません」
あなたは手術台から逃げ出すだろう。
でも、愛情はあるが経験のない未熟な親から、子どもは逃げ出すことはできない。
だいたいそんな話。
スキルが必要なのだと。

そのスキルをどうやって身につけたらいいのか、と頭抱えるわたしはGoogleさんでアイデアを探す。
「うちではこんなふうにしてみたよ」
もちろん、どの子にも、いつでも通用するオールマイティーなやり方があるとは思わない。
ただ、目の前の子どもしか見えなくなって、八方塞がりな気分でイライラしたり虚無感で立ち尽くしたりするよりか、
あ、そういう言い方もありかー、とか。
あ、よそも苦労してんのは一緒だねー、とか。
ちょーっと遠くを見たりしたほうが、もっと子どもの心に寄り添えるのじゃないかと、思うのです。

このブログも、誰かの「よそも苦労してるなーw」とか「なんだうちなんてマシなほうじゃないw」になって、ちょっと笑ってくれたらいいな、なんて願っております。

とりあえずうちは、なだめすかして保育園連れて行き、「お仕事行くけどどうしてもお腹痛かったら先生に言ってね、ママがちゃんと迎えにくるから」と言うことにしてます。
これで実際に呼び戻されたことはないけど、朝別れるときの娘の顔は、やっぱり納得してはいないので、なんかもっとこう、なんか、ねえ?
ないかなあって、思うのでした。

本日はこのへんで。
ごきげんようごきげんよう。


にほんブログ村

« 営業電話になんと応えていますか? | トップページ | いちご状血管腫 »

育児」カテゴリの記事