フォト

他のアカウント

Twitter

にほんブログ村

  • にほんブログ村

楽天

  • 楽天
無料ブログはココログ

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月の5件の投稿

2012年9月26日 (水)

主婦の手帳術的な何かのまとめ的な何かだ。

なんとなく手帳を見返していたら、幸田露判が娘へ、として、こんな言葉をメモしてありました。

「家事というものは、追われてはいけない。
 こちらから追って、追って、追いまくるのだ」

うおおお。

ガツン。

と来ました。

どこで読んだのかを書き漏らしているんですが、書いたときもガツンと来たんだとわかる、デカデカとした文字のメモ。

思えばこの言葉をきっかけに、わたしは主婦のための手帳術を探す旅へとさまよいだしたのでした……かどうかは覚えてないけど。

追っかけるどー!

と数ヶ月前のわたしが鼻息荒くしたであろうことは間違いありません。

さて、考えてみるとこれまでずっと、家事を追いまくるためのツールとしての手帳術、を探し求めていたのだと言えなくもない。
なんかこう、ね、効率的に家事をこなすためのタイムマネジメントとか、自分時間のためのセルフプロデュースとか、デキる主婦とか、バタバタにさようなら! とか、言い方はいろいろありますが、

「追って、追って、追いまくるのだ」

この言い方ほどトキメクものはない。わたしには。テンション上がる。

なんだか最近ダレはじめていた手帳術実践も引き締まろうというものです。
そりゃ基本わたし、ノリやすいし。

そういうわけで、これまで主婦業に向いた手帳術を探してあれこれつまみ食いしてきた経緯は書き散らしてきましたが、現在はこんな風にしてますよ、というまとめなんかしてみたり。

使っているもの:ほぼ日オリジナル、アクションプランナー、B5ノート(岡田斗司夫氏のスマートノートとして)
筆記具:スタイルフィット(5色)、ジェットストリーム(4色+シャープペン)

スタイルフィットはほぼ日手帳、ジェットストリームはB5ノートに。
スタイルフィットだと、B5ノートにざかざか書けない、ちょっと引っかかる感じがあって、あとシャープペンもほしいのでジェットストリームも持ち歩いてるんですが。
ただでさえ悪筆なのに、なめらかな書き味ジェットストリームのおかげで、ものすんごい走り書き、解読不能。ちょっとこれ、書き味を犠牲にしても、スタイルフィットで少し丁寧に書いたほうがいいのかな、なんて思いはじめてはいます。

5色は、さとうめぐみさんの手帳セラピーにならって書き分け。
黒(ブラウン使ってますが)は日常的なこと、青は仕事や仕事だなあと思うこと、赤は健康に関することと重要なこと。
緑は楽しいこと。オレンジは、こうなりたいこうありたいという夢に向けての行動。
ダイエットのためジムに通うとして(通わないけど)、ダイエットが健康のためなら赤で、ジム通いが楽しければ緑で、痩せて○○のコスプレがしたい!とかいう夢のためならオレンジで書く、という案配。もし仕事やママ友との付き合いで仕方なく行くのなら青で、という具合ですね。
コスプレに関するツッコミは、こちらはオタ話のためのブログではないので受付致しておりません残念ご容赦。

で、
予定が入るとまずほぼ日手帳のマンスリーに記入。
書ききれない情報(持っていくものとか電話番号とか)は、アクションプランナーに。
思いついたことはB5ノートに走り書きして、時間があればマインドマップもどきな具合に考えを展開したり。
日記として残しておきたいことは、ほぼ日手帳のデイリーに。

主婦らしいところでは、こまごまとした家事、やっとかなきゃいけないこと、保育園へ持って行くものなんかは、シャープペンでアクションプランナーに。
できなかったときは、消しゴムで消さず二線で見え消しにしてます。

ところでこのとき、ToDoリスト的な感じでいいやと、当初はアクションプランナーの下、やれそうかなという日の夜11時のとこから積み上げるように書いてました。
本来アクションプランナーは、その用事をやれそうな「時間帯」に書き込むんですがね。

その頃はだいたい10時までには子どもたちを寝かしつけて、わたしもそのまま寝ちゃうという生活で、睡眠時間充分、たいへん調子が良かったんですけども。

11時のとこに用事を書き始めてから、10時に寝られなくなった。

11時のとこに書いた用事はだいたい寝かしつけ前に片付けることができず、子どもたちが寝てから起き出し何とかこなしたり、それならまだいいんだけど、用事はどうにか終わらせてあるのにまだ何かある気がして寝付けなかったり。

手帳に書いたことが実現しちゃう、というのは、さとうめぐみさんの手帳セラピーですけども。
うわあ、と慌ててアクションプランナーの寝かしつけ開始時間9時に線を引き、そこより下には用事を書かないことに。

まあそうやったところで、こなせないもんはこなせないんですが、持ち時間が見えるので、平日の夜にあれこれやろうなんて思わなくなりました。
お風呂に入れる時間や寝かしつけのラインを手帳に引いたら、途端にうまいことできるようになったり……。

……え、なに、もしかして、さとうめぐみさんの手帳セラピー、最強なのか?

そういえば、さとうめぐみさんプロデュースの手帳も、ウィークリーはバーチカルタイプでしたね。たしか1時間刻みだから、アクションプランナー代わりに使うのは諦めたような、おぼろげな記憶。

主婦の手帳術、なんて言ってますけど、眼目は、家事を効率的にとかじゃなく、幸せな気分ですごすこと、なんですよね。
それはこれまで、主婦向け女性向けの手帳術としてわたしがつまみ食いしてきた、さとうめぐみさんのも、あな吉さんのも、アクションプランナーの自分を予約する手帳術でも同じこと、幸せに! を目指していました。

どうしたら幸せな気分になれるかって?

思いどおりに毎日を過ごせたら幸せじゃあないですか奥さぁぁぁん!

そのための手帳術。

家事を、追って、追って、追いまくりたい、それは、追われるよりか追いまくったほうがずっと思いどおりにできて楽しいから。
うっかり忘れかけてました。

そんなわけで現状、
さとうめぐみさんの手帳セラピー + 自分を予約する手帳術(アクションプランナー)
(オプション:岡田斗司夫氏のスマートノート)
という具合です。
比重は右が重かったんですが、これから左へもう少し寄せていこうかと。

実は手帳セラピーもアクションプランナーも、ちょーっと主婦向きではないかなーなんて思ってたはずなんですが。
結構いい感じで続けている。

手帳術、あれこれ試して、自分にとっての良いとこ取りしていけばいいんですねえ。
だからまあ、こんなツギハギ雑食テキトーなやり方でも、気分良く続けていけりゃいいのだと。
特に、小さい子どもがいると、生活パターンは成長に合わせて変化していく。
その時々に合わせて、手帳術だって変化させていけばいいんだなあ  つきなみ

月並みな結論に落ち着いたところで、本日はこのへんで。
ごきげんようごきげんよう。


にほんブログ村

2012年9月19日 (水)

十年日記に憧れて。

一人目を出産したときでしたか、十年日記を鼻息荒く購入しました。

わたし、丸谷才一が好きでしてね。
短編の中で、青年が十年日記をつけてて、それで今日はお祭りだと気付いて前から気になってる娘さんを誘う、という話がありまして。多分、樹影譚という話と一緒に文庫にはいってるはず。

なんとなし、それを読んで以来、憧れておるのです、十年日記。

初めての育児、十年日記でその日々を記録していったら、娘が十歳になっても、赤ちゃんだった頃、ただただ元気に産まれてきてくれたことを感謝していた日々のことを思い出すよすがになるだろうなーとか。

うっとりしてたんですねえ。

そういうのってだいたいうまくいかないんだけど、うっとりしちゃってるから気付かないんです。

その十年日記、まっさらなまま、今も本棚に。

産後なんて家で日記つける余裕などなかった。
想定した以上に、無かった。
子どもを寝かしつけたら美味しいコーヒーをお気に入りのカップにいれて私だけの時間、なんてこれまたうっとりしちゃうけど、そんな時間が稀にあっても日記帳ひらくのに使う気にならんかった。
だいたいご無沙汰してるお友達のブログ見に行ったりメールしたり。

仕事に復帰したらコーヒー飲みながらほぼ日手帳にごにょごにょ書き込む時間はできたけど、それはそれでいいんだけど、やっぱり「去年の今日」何してた?何を思ってた?が無いので、十年日記のかわりにはならない。
いや、手帳ひっぱりだせば分かるけど、そういうこっちゃないわけで。

そんなとき、習慣化するためのコツってな本を読みました。
すでにある習慣に関連づけると良いとか書いてあった。
例えば歯磨きしながらスクワット、みたいな。

すでにほぼ日手帳を持ち歩くことは習慣化していました。
忘れるとソワソワするくらい。

そこで、ほぼ日手帳とだいたい同じサイズ、A6ノートを十年日記にして持ち歩くことに。

や、十年分は書けないんで、四年日記なんですけどね。
ページの上の欄外に月日を書き、そのあと西暦と曜日、3~4行で日記。
1日1ページで書いていって、結果一年間は3冊におさまりました。

正直続くかどうか、半々だなあと思ってましたが、今、ともかくも二年目。
去年の今日はつわりに苦しんでたのかあ、なんて、つかまり立ちするようになった娘0歳を思い、すげえなって驚いたり。
去年悩んでたことがいつの間にか解決してたり、まだ同じことでぐるぐるしてたり。
思った通り、発見があって楽しい。

それに、こう、積み重ねてきてるんだーって気分になれるんですね。
過ごしてきた時間は見えないけれど、こうして書き留めておいた出来事や思いは見える。

楽しいことは、続くっていいますから、うまいこと四年間、ノートのページを埋められるんじゃないかなあと期待しています。

続けるにあたって気にしたことがいくつか。

○ノートには透明カバーをかけた。
 汚れるとテンション下がるから。だいたい扱いが雑なんで、そのまんまだとすぐボロボロになることは目に見えてた。

○表紙にはステッカーをいろいろ貼った。
 いろいろ買いこみすぎて、ステッカーだけで3千円になったとか忘れたい。
 そんなに買いこんでも貼りきれないし、そのとき気に入って買ったやつとか、じゃあ次のノートに貼るかっていっても、その頃にはもう飽きてたりとか……。
 あ、いや、でも持ち歩いてて楽しいノートに、ということでして、ええ、その、良かったです。

○毎日じゃなく、一週間分まとめて書くことにした。
 最初は毎日持ち歩き毎日書いてたけど、そういう余裕もなくなり、週イチで、手帳に書いてることを頼りに思いだしながら書くことに。
 こないだ書いたお弁当と同じで、ハードル下げて、続けることを優先したというわけで。

「楽しく気分良く」だと本当に続くんだなと、つくづく思ったのでした。

これといってオチは無し。
ではごきげんようごきげんよう。

追記:9月23日
丸谷才一の短編に出てくる…というのは、確認しましたが『樹影譚』の中の『鈍感な青年』、十年日記ではなくて、三年日記でした。
おお、じゃあ今書いてるのって四年日記だから、なんか目標達成した気分だ。

……四年、書いたらだけんども。

2012年9月17日 (月)

ビールとポーションと私。

子どもって、夜中に喉が渇いたつって親をおこすじゃないスか。
マイタンブラーたくさん持ってるんで、ビール柄のとポーション柄のを子ども用にして、毎晩水いれて、子どもたちの枕元にセットしとくんですけどね。
たまに忘れて、夜中に起こされる。

「ママ、ビールちょうだい……」

「ママ、ポーションどこ……?」


面白いんだけど、まずかったかなあって、たまに思う。

2012年9月12日 (水)

ジャンプとお弁当と私。

【前回までのあらすじ】
毎週月曜日のお昼時、ジャンプを貸してくれてた子が異動してしまった!
ジャンプは銀魂と黒子のバスケしか読んでいない。そのためだけに毎週買うのはなんだかイヤだ。
ほかに貸してくれる子を見つけたが、貸してくれるのは昼休み終了後。しかも、
「まだ全部読んでないんで、帰りに読みたいからすぐ返してくださいね。え、仕事中に読めるはずない?トイレで読んできたらいいじゃないですか」
なんたる屈辱!
もういい!買う!
しかし銀魂と黒子のバスケしか読まないという「もったいない」感をどうするのか?
待て!次週!
 
 

おつかれさまです、毎度しょうもない話です。
ええと、前回までのあらすじは、わりとウソ。
なにがウソって、前回までにこの件をこちらに書いた記憶がない。

さておきそういうわけで、毎週何百円かの出費とかさばる週刊マンガの資源ゴミ出し労力に対し2作品しか読んでないという不釣り合い感、どうバランスをとったかといいますと。

お昼ごはん、お弁当を作っていくことにしました。

ええ、だってほら、毎回コンビニとか弁当屋のお弁当とかで、絶対毎日五百円以上は出費になってるわけで、これをそりゃあ材料費もありますけどもお弁当に変えたら、ジャンプ代やゴミ出し苦労分くらい簡単に浮くんじゃね?ね?

なんて考えたのが二、三ヶ月前のこと。

実はキッチンの本棚にはお弁当本がいっぱい。
それはもう「お弁当作るぞー」と決心しては挫折を繰り返してきた歴史の地層のごとく、いっぱい。

それが今回は、続いてます。
二、三ヶ月とはいえ、自分史上最長記録更新中。

思うに、「お弁当作り」が目的じゃないのが良かったんでしょう。
今回目的は「毎週のジャンプ代」。
それでなにがどう良いって、簡単にハードルを下げられた。

「お弁当作り」そのものが目的だったときは、
やっぱり彩りとか大事だよね☆
なんて、色彩感覚ないので大の苦手なことを必死に追い求めてました。
けどね。
誰に見せるもんじゃなし。
(職場の、自分の机で食べてます)
茶色いおかずばっかでもいいべし。

と開き直って続けていると、やはり見た目がいいほうがいいには決まっているので、自然に、今度はおひたしとか作っておくかなあ、赤いおかずもほしいよね、と思うようになる。
するとムリしない範囲で、彩りを考えたおかずを作り出してはいます。

とにかく続けるのが先、とでもいいますか。
まあね、黄色や茶色にインゲンの緑やサツマイモの赤が混じるようになっても、キレイにつめるのもまた苦手なんで、お見せしたいお弁当にはほど遠いんですけども。
でも続いてるべし。

あと続いてる理由の大事なポイントもうひとつ、朝つめるだけ弁当。

作り置きしたおかずを朝つめるだけ、というお弁当本。
これは前から持ってたけど、お弁当作りが目的で彩りに神経ざりざりすり減らしてたときは一週間も続かなかった。
いまですと、出がけに「あ、お弁当つめるの忘れた!」て思い出しても冷蔵庫から作り置きのおかずを取り出しガッガッガッとお弁当箱につめこんで、5分以内に用意できるんです。
しかし以前は、やはり「美味しそうなお弁当を持参するわたし☆」が目的でしたから。
ガッガッガッ、で彩り良くつめられるスキルは持ち合わせていないのだす。

ああ、ただこの本のレシピ、保存性を高めるためなのか何なのか、レシピどおりに作ると塩辛く感じました。
もともと薄味好きではあるんですが。
塩小さじ1/2、なんてのは小さじ1/4ちょい多め、くらいにしてわたしはちょうどいいのでした。

さて続けられてるポイントはまだあったりして、
お弁当箱、きっちり洗って持ち帰ればいいんだ、ということにようやく気付きました。
いえいえ以前に挫折したときだって、洗ってはいたんです。
でも、何故か、給湯室できっちり洗っちゃいけない…給湯室ではあくまで下洗い程度におさめとくものなのだ、と強烈に思い込んでおりまして。
なんでだろ。

さておき今は、しっかり洗って、あとはフェリシモのガーゼティッシュでふきあげて、そのまま翌朝またつめるだけ。
余談になりますがガーゼティッシュ便利。
子どもたちとの外出には必須。

で、さてあともうひとつ。
ただこれは続いている理由にカウントしていいのか…
ご飯を入れるの、やめました。

わけは後日改めて書きたいんですけど、とりあえず糖質制限とでも思っておいてくださいませ。

これ、結果としてお弁当がラクになった。
ご飯が冷めるのを待つとかね、時間ないからぶっちゃけ無視してましたけど、やっぱりちょっと気になる。
ご飯つめるのやめたら、そのもぞもぞから解放されて、気持ちラクになった。

で、いろいろ言いましたけど、
「ジャンプ買うのがホントはちょっともったいないから、相殺するためにお弁当作りはじめたら案外続けられちゃって私はなんだか気分がいいんだ」
という話なのでした。

節約効果としては、実際気分の問題なのでゲンミツに計算したりはしてませんです。

ではごきげんようごきげんよう。

2012年9月 5日 (水)

グリーンスムージーと便秘。

【これまでのあらすじ】
三人目を妊娠中に、便秘対策としてはじめたグリーンスムージー。
以来、朝ご飯はグリーンスムージーと、ドライフルーツのプルーンをいれたカスピ海ヨーグルト。便秘は解消、貧血も治った。
しかしそこへ立ちはだかるガスの応酬。早い話がおならがひどい。
妊娠のせいかと思ったが、産後もガスがとまらない。
そんなある日、カスピ海ヨーグルトを腐らせてしまったことに加え、新しいグリーンスムージーの本で、ドライプルーンも入れていいということが判明。
朝食を、ヨーグルトなし、ドライプルーン入りグリーンスムージーにしたところ、なんと、ガスが沈静化したのである。←いまここ。

そんなわけで。
どうやらガスの元凶はヨーグルトだったっぽい。

いや、確信はもてないんですよ。
たしかに牛乳でも豆乳でもひどくガス発生させちゃう体質だけど、発酵してたら大丈夫だと信じてたもん。

なんて言いつつ、妊娠中も大好きスタバ通いを続け、いつもキャラメルスチーマーを飲んでた。
……妊娠中のガスバスバクハクはこれのせいもあったかなあなんて今更思いはします。

けども牛乳を飲まなくてもガスがひどいよ……だったのが、ヨーグルトやめたとたんです。
お腹が張らなくなったんですよ。

プルーンはグリーンスムージーにいれることで続けているからか、先日献血したとき、ヘモグロビン13。
ふつーに、400献血をすすめられて、抜いてきました。

まあそんなわけで、ガスがおさまったら便秘のほうもだいたい快調だったんですが、ジャマな体積がなくなったからなのか、より快調に。

というか、
うーん、

あの、健全なお通じって、日に何回なんでしょうね?

いま、日に3〜4回なんですよ。

下してるわけでもなしに。

わあい快調!
て、喜べなくってですね。

だって、一分一秒さえ惜しいワーキングマザーですよ。
そう何回もトイレって。
できれば一日一回で、おまとめしてもらえないもんなのかという願い虚しく食後は必ずもよおす。

なにこのキャッチ&リリース。

まあ相変わらず体調は、良いというか、悪くない。
思えば子どものときからずっと、お腹が痛い頭が痛い、なんとなく疲れてる、という奴でした。仮病は抜きにしてもね。
だからそのう、体調が良いって、本当にはよくわからない。

ただ、日々当たり前のようにあった何らかの不調が、ない。

健康って、こういう状態なのかしらん。

こんな感じなので、基本的には月経前症候群とか暑くて眠れない夜が続いたとかで不調を感じたときにようやく、
あ、最近調子良かったんだ〜、
と気づくのでした。

そんなこんなでグリーンスムージーすげえ、みたいな話っぽいですが、実際のところ、これだけでどうってわけではなく、早寝早起きのおかげって部分が大きいな、とは思います。
しかし夜眠れるのも朝起きられるのも、グリーンスムージーで体調が改善されたせいかもしらず。

だからまあ、これひとつで劇的に!て話ではないです、と及び腰になりつつ付け加えておくのでした。

本日はこのへんで。
ごきげんようごきげんよう。


にほんブログ村

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »