フォト

他のアカウント

Twitter

にほんブログ村

  • にほんブログ村

楽天

  • 楽天
無料ブログはココログ

« 十年日記に憧れて。 | トップページ | 乳脂肪分の誘惑。 »

2012年9月26日 (水)

主婦の手帳術的な何かのまとめ的な何かだ。

なんとなく手帳を見返していたら、幸田露判が娘へ、として、こんな言葉をメモしてありました。

「家事というものは、追われてはいけない。
 こちらから追って、追って、追いまくるのだ」

うおおお。

ガツン。

と来ました。

どこで読んだのかを書き漏らしているんですが、書いたときもガツンと来たんだとわかる、デカデカとした文字のメモ。

思えばこの言葉をきっかけに、わたしは主婦のための手帳術を探す旅へとさまよいだしたのでした……かどうかは覚えてないけど。

追っかけるどー!

と数ヶ月前のわたしが鼻息荒くしたであろうことは間違いありません。

さて、考えてみるとこれまでずっと、家事を追いまくるためのツールとしての手帳術、を探し求めていたのだと言えなくもない。
なんかこう、ね、効率的に家事をこなすためのタイムマネジメントとか、自分時間のためのセルフプロデュースとか、デキる主婦とか、バタバタにさようなら! とか、言い方はいろいろありますが、

「追って、追って、追いまくるのだ」

この言い方ほどトキメクものはない。わたしには。テンション上がる。

なんだか最近ダレはじめていた手帳術実践も引き締まろうというものです。
そりゃ基本わたし、ノリやすいし。

そういうわけで、これまで主婦業に向いた手帳術を探してあれこれつまみ食いしてきた経緯は書き散らしてきましたが、現在はこんな風にしてますよ、というまとめなんかしてみたり。

使っているもの:ほぼ日オリジナル、アクションプランナー、B5ノート(岡田斗司夫氏のスマートノートとして)
筆記具:スタイルフィット(5色)、ジェットストリーム(4色+シャープペン)

スタイルフィットはほぼ日手帳、ジェットストリームはB5ノートに。
スタイルフィットだと、B5ノートにざかざか書けない、ちょっと引っかかる感じがあって、あとシャープペンもほしいのでジェットストリームも持ち歩いてるんですが。
ただでさえ悪筆なのに、なめらかな書き味ジェットストリームのおかげで、ものすんごい走り書き、解読不能。ちょっとこれ、書き味を犠牲にしても、スタイルフィットで少し丁寧に書いたほうがいいのかな、なんて思いはじめてはいます。

5色は、さとうめぐみさんの手帳セラピーにならって書き分け。
黒(ブラウン使ってますが)は日常的なこと、青は仕事や仕事だなあと思うこと、赤は健康に関することと重要なこと。
緑は楽しいこと。オレンジは、こうなりたいこうありたいという夢に向けての行動。
ダイエットのためジムに通うとして(通わないけど)、ダイエットが健康のためなら赤で、ジム通いが楽しければ緑で、痩せて○○のコスプレがしたい!とかいう夢のためならオレンジで書く、という案配。もし仕事やママ友との付き合いで仕方なく行くのなら青で、という具合ですね。
コスプレに関するツッコミは、こちらはオタ話のためのブログではないので受付致しておりません残念ご容赦。

で、
予定が入るとまずほぼ日手帳のマンスリーに記入。
書ききれない情報(持っていくものとか電話番号とか)は、アクションプランナーに。
思いついたことはB5ノートに走り書きして、時間があればマインドマップもどきな具合に考えを展開したり。
日記として残しておきたいことは、ほぼ日手帳のデイリーに。

主婦らしいところでは、こまごまとした家事、やっとかなきゃいけないこと、保育園へ持って行くものなんかは、シャープペンでアクションプランナーに。
できなかったときは、消しゴムで消さず二線で見え消しにしてます。

ところでこのとき、ToDoリスト的な感じでいいやと、当初はアクションプランナーの下、やれそうかなという日の夜11時のとこから積み上げるように書いてました。
本来アクションプランナーは、その用事をやれそうな「時間帯」に書き込むんですがね。

その頃はだいたい10時までには子どもたちを寝かしつけて、わたしもそのまま寝ちゃうという生活で、睡眠時間充分、たいへん調子が良かったんですけども。

11時のとこに用事を書き始めてから、10時に寝られなくなった。

11時のとこに書いた用事はだいたい寝かしつけ前に片付けることができず、子どもたちが寝てから起き出し何とかこなしたり、それならまだいいんだけど、用事はどうにか終わらせてあるのにまだ何かある気がして寝付けなかったり。

手帳に書いたことが実現しちゃう、というのは、さとうめぐみさんの手帳セラピーですけども。
うわあ、と慌ててアクションプランナーの寝かしつけ開始時間9時に線を引き、そこより下には用事を書かないことに。

まあそうやったところで、こなせないもんはこなせないんですが、持ち時間が見えるので、平日の夜にあれこれやろうなんて思わなくなりました。
お風呂に入れる時間や寝かしつけのラインを手帳に引いたら、途端にうまいことできるようになったり……。

……え、なに、もしかして、さとうめぐみさんの手帳セラピー、最強なのか?

そういえば、さとうめぐみさんプロデュースの手帳も、ウィークリーはバーチカルタイプでしたね。たしか1時間刻みだから、アクションプランナー代わりに使うのは諦めたような、おぼろげな記憶。

主婦の手帳術、なんて言ってますけど、眼目は、家事を効率的にとかじゃなく、幸せな気分ですごすこと、なんですよね。
それはこれまで、主婦向け女性向けの手帳術としてわたしがつまみ食いしてきた、さとうめぐみさんのも、あな吉さんのも、アクションプランナーの自分を予約する手帳術でも同じこと、幸せに! を目指していました。

どうしたら幸せな気分になれるかって?

思いどおりに毎日を過ごせたら幸せじゃあないですか奥さぁぁぁん!

そのための手帳術。

家事を、追って、追って、追いまくりたい、それは、追われるよりか追いまくったほうがずっと思いどおりにできて楽しいから。
うっかり忘れかけてました。

そんなわけで現状、
さとうめぐみさんの手帳セラピー + 自分を予約する手帳術(アクションプランナー)
(オプション:岡田斗司夫氏のスマートノート)
という具合です。
比重は右が重かったんですが、これから左へもう少し寄せていこうかと。

実は手帳セラピーもアクションプランナーも、ちょーっと主婦向きではないかなーなんて思ってたはずなんですが。
結構いい感じで続けている。

手帳術、あれこれ試して、自分にとっての良いとこ取りしていけばいいんですねえ。
だからまあ、こんなツギハギ雑食テキトーなやり方でも、気分良く続けていけりゃいいのだと。
特に、小さい子どもがいると、生活パターンは成長に合わせて変化していく。
その時々に合わせて、手帳術だって変化させていけばいいんだなあ  つきなみ

月並みな結論に落ち着いたところで、本日はこのへんで。
ごきげんようごきげんよう。


にほんブログ村

« 十年日記に憧れて。 | トップページ | 乳脂肪分の誘惑。 »

手帳術」カテゴリの記事