フォト

他のアカウント

Twitter

にほんブログ村

  • にほんブログ村

楽天

  • 楽天
無料ブログはココログ

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月の4件の投稿

2012年12月28日 (金)

白抜き文字で脳もみもみ。

糸井重里氏の話で、多分ほぼ日で読んだんだと思います。ただ何となく書いちゃうんだよねー、という程度の話だったはず。
「白抜き文字」だったか「縁取り文字」だったかの記憶もあやふやなんで、とりあえず白抜き文字と呼びます。
 
 
気落ちすることが多い最近、いつもと違うことをやってみようと思いました。
頭のなかのことを書き出しているスマートノートに、いま書いた文字を今度は白抜き文字で書いてみる。
 
子どもの頃から図形の把握が苦手で、この図形を矢印の方から見るとどういう形か、なんて問題はもう、
 
 
 
 
ごめんなさいごめんなさい許してください…………そうだよオレが犯人だよ!
 
 
 
と、身に覚えのない供述をしそうなくらい、苦手でした。
 
……白抜き文字って、書いてみるとよく分かりますが、文字を図形として捉え直さないと、書けないんですよね。
 
なんの気なしにやってみたらば、「い」なんかは楽勝なんですけども、
「ま」なんて、気付くと公文のCMの子どもみたいな顔して取り組んでおりました。
 
そのとき書いたのは、
「つまんない」。
 
なにかの会合に出席したらば、非常につまらない思いをしたので、憤っていたんだと思われます。
それで、つまんない、と書き出して、何故? どうすればよかった? を分析しようとしたものの、
気分が乗らない。
 
それで、白抜き文字。
 
これ、書いてみたらば妙にスッキリしました。
「つまんない」を白抜き文字にしたら、やたら滑稽でおかしかったのもあるけれど。
リフレッシュできちゃったような。
脳内に少し風がとおったような。
 
 
おそらくは、ただ文字を書くときよりも、白抜き文字は右脳を使うんじゃないかな、と思います。
だから右脳を使うといい、というのじゃあなくて、
普段使ってないとこでも、たまにはストレッチでもしてやったら気分いいぞ、
てことなんじゃないかと。
 
なにしろ雑誌で「これで完璧! 1ヶ月着回しコーディネート!」なんてのを読むと、
 
「今日は大事なプレゼン。デキる女に見せるジャケットに抜け感のあるスカートを合わせて」
とか、
「会社帰りに同僚の松下くんが女性と一緒に歩いているのを発見! え~、カノジョがいたなんてショック!」
「松下くんにランチに誘われた。この間の女性はお姉さんなんだって。クリスマスの予定、聞いてみようかな」
とか。
 
そういうの「だけ」、読んでいるし覚えてる。
どんなお洋服だったかは覚えていない。
基本的に、文字情報ばかり追ってしまうんです。
そういう自分に気付いてからは、めったにその手の雑誌を買いませんが。
通勤電車の吊り広告なんて、色合いすら覚えてないけど書いてあることはいつまでも覚えていたり。
 
そんなわたしに白抜き文字は、文字でありながら図形という、絶妙な負荷を与えてくれるようです。
絶対ムリ! と投げ出すレベルでもなく、お手軽に気分転換できる。
 
 
これから先も、気分が落ち込んだり、先が見えない思いになることもあるでしょう。
苦手なことが無くなることもないでしょう。
 
行き詰まったら、ほんの少し、達成できる程度に苦手なことに、手をつけてみる。
 
そういう、頭の中に風を入れる方法は、いくつ持っていてもいいんだと思います。
 
四六時中、上機嫌でいることなんて不可能だけど、ああこりゃいかんな、と気付いたら、ささっとテンション持ち上げられる。
 
そんなふうでありたいものです。
 
画像は、たしか甲状腺、半分摘出だったのが突然、全摘出を告げられたあとにスタバで書いたもの。
なんでこんなこと書いたのかは、覚えてない。
Dsc_0217_2
 
 
オッス! おいでくださりありがとう!
 
本日はこのへんで。
ごきげんようごきげんよう。
 

2012年12月22日 (土)

この世で一番怖いもの。

詳細はもう少し落ち着いてから書くつもりなんですが。

ざっくり申し上げますと、甲状腺、当初は半分摘出の予定が、入院3週間前に突然、全摘出、と相成りました。
 
とにかくもう一人、赤ちゃんを授かりたい。
妊娠できることが最優先。
お医者さんにはそう伝えていました。
数値悪化で新たな病名が付いたため、妊娠希望なら全摘出のほうがよい状態だと判断されたようです。
 
まあ、そういうことなら、望むところです。
 
 
ところで。
 
全摘出、と決まってから、買い物が増えたことに気付きました。
 
買い替えたいなと思いつつ1年以上たってたティファール、amazonで購入。
そろえなくっちゃと思いつつ、先延ばしにしていた非常時持ち出しセット、楽天で購入。
ほしいほしいと思いつつ、ためらっていた写真集、本型の収納ボックス、なんか汚れが良く落ちそうなスポンジ、料理本、子どもたちに買ってあげたいけどタイミングがつかめなくて迷っていたオモチャやリカちゃん人形のお洋服。
 
あれこれ買っているうち、ふと、
 
これ、手術で死んじゃったり、半身麻痺とかで動けなくなったり、悪性だと判明したりしたら、使うことのない、買っても意味ないものかも、
 
なんて思って、
もう、買い物はよそう、
とパソコンを閉じたり、ロフトや本屋へ行こうとして回れ右したこともありました。
 
けど、気がつくと、買い物をしている。
 
なにか意味があるんだろう、と客観的に眺めてみようとして、思い出しました。
 
 
朝日新聞で連載のお悩み相談を担当していた著者が、どうやってその回答にたどりついたかを書いているものなんですけども。
 
この中に、70代の母が物を買いまくってて困る、という相談がありまして、これを思い出したのでした。
 
その年齢ではもう使いこなせるはずもない健康器具をカタログ通販でせっせと買う母。
利用できないものは処分してほしい、と嫌悪感をにじませる相談者に、岡田氏は答えます。
本を読んでいただきたいからネタバレしたくないんですがね、でも抜粋。
 
 
  お母さんがカタログ通販で物を買う理由は簡単です。
 「もっと生きたいから」。
  それ以外にありません。        (p111-112)
 
  通販で商品を買うのは、「そうなる可能性を買う」ということです。
  78歳の母親は、未来や夢を買ってるのです。  (p112)
 
 
わたしは、新しいティファールを買うことで、またキッチンに立ってお料理する自分に、賭け金を積んでいたのだと思います。
 
写真集を買ったのは、同じ趣味のお友達とお茶をするときに持っていって、一緒にキャッキャ言いたいと、その機会がまたあるということに、賭け金を積んでいるんです。
 
楽しく遊ぶ子どもたちを眺めながら料理を作る自分がいる未来に、賭け金を。
 
そういえば、最近またGTDを勉強しなおしたり、EVERNOTEを使いこなそうと工夫を始めたり。
仕事と家事育児、自分の趣味も、バランス良くこなしていく未来に、賭け金を、せっせと積んでいたんですね、どうやら。
 
 
1ヶ月後には、読み返したとき、大げさだなあって、笑っちゃう話ではあるかもしれません。
同じ病気で手術をされた方には、それこそ大笑いされるかもしれません。
 
もったいつけてるつもりはないんで言っちゃいますが、悪性だか良性だか判別のつかない腫瘤に、バセドウ病が加わりまして、甲状腺、全部取ります、と突然言われたのでした。
 
 
 
正直、怖いんです。
 
全部、取っちゃうって。
 
悪性だったらどうしようって。
 
良性だったとしても、一生、お薬飲まなくちゃいけないって。
 
何.何パーセントとか何パーセントとかで起こりうる、機能障害とか。
 
 
帝王切開、3回やりましたけど、やっぱり3回とも怖かった。
入院前夜はひとり外食して、「最後の晩餐」と名付けてました。
 
 
手術のことは本当は全て終わった後に書くつもりだったのに、いま書いちゃっている、この日記そのものもまた、あとで笑い話になることに賭け金を積んでいるのでしょう。
 
 
けどね、そろそろ、賭け金を積むのは、おしまいにします。
 
 
こんなことが手術の結果に影響するはずない、なんて悟りかえったわけじゃありません。
 
 
ましてや健康な未来を諦めたわけでもありません。
 
 
もう、おわかりかと思いますが、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
うーん、今度はカードの請求額を見るのが怖い。
 
 
おなじみ、まんじゅう怖いのお話でした。
 
 
あ、石を投げるなら十万石饅頭でお願いします。
 
 

2012年12月17日 (月)

年明け早々、手術します。

今年の3月頃でしたか、首のところにふくらみができているのを見つけました。
 
痛みはなく、仕事に復帰する直前のことで忙しさにまぎれ、つい先送りしていました。
多分、甲状腺が腫れてるんだろうなーと思ったので、5月頃にようやく耳鼻咽喉科へ。
 
甲状腺に「しゅりゅう」ができてますね、とのこと。
自然になくなることは、ありません、だそうな。
 
しゅりゅう?
と帰宅してから調べてみたところ、かたまりのことはとりあえず「しゅりゅう」、腫瘍というのはその子カテゴリーというか、「しゅりゅうを検査したら腫瘍だった」みたいな。
その後、悪性か良性か調べるため、MRIに入りました。
これがねえ……
 
こ わ か っ っ た っ !!
 
閉所恐怖症のひとはそりゃあ無理だわ無理!
写真などで見たとおり、せまーいカプセルのようなものに仰向けに寝て入り、耳にはヘッドフォン。
ガンガンうるさいから、と言われましたがこれ、エンヤが流れてました。
で、ガンガンの間は聞こえないんだけど、合間にシーンとなったとき、聞こえる。これは、なるほど助かりました。
 
目を開けるとクリーム色のカプセルの内側が焦点を合わせられないほど近い。目がしんどくなるので閉じていると、静かになったとき、たまらなく不安になる。
いま地震や火事が起きたらどうなるんだろう?
うっかり最悪の事態をシミュレーションしてしまって、心臓バクバクしそうなときに、
 
エンヤの透きとおった歌声。
 
ナイスセレクトではある。
 
しかし。
 
20~30分は入ってたと思うんだけど、だったら自分の好きなCD持ち込みとかダメ? お気に入りの曲のほうがきっと怖さも薄れると思うんだよなあ。
(むろん落語とかは持っていきませんよ大半は聞き取れないんだもん)
 
検査が終了してから、
「中からマイクで担当者と会話できます」
という貼り紙を見つけました。
 
なんだよ!しゃべれるんなら随分怖さも薄らいだろうに!言ってくれよ!
(おそらく、これ読んどいてくださいね、て受付から渡されたパンフレットに書かれてた。が、渡されてすぐMRIにぶち込まれたよ? ねえどうなのそれ?)
せめてあと何分ですかーとか聞けたら良かったのに……。
 
MRI後は大学病院を紹介され、検査もいくつか受けたんですが、どうも不安で、セカンドオピニオンとして定期的に通ってる病院に行きました。
そこで甲状腺の専門病院を紹介してもらい、また検査。

が、悪性だか良性だかわからない。
ほっといて、どんどん大きくなるようなら悪性だから、それまで待っても問題ないけど、どうします?
と、医者に聞かれて、
 
手術で、取ってもらうことにしました。
ネットで調べたところでは、甲状腺の腫瘍はおとなしいもんだそうで、だから経過観察という選択肢があったんでしょうけど、
なんかねえ、首んとこに圧迫感があるんですよ。
異物を抱えてるようで、どうもこうもスッキリしない。
良性だとしても、無くなることはないそうで、つまり放っておくならずーっとこいつとお付き合い、もしくは悪性だと判明して結局手術、ということで。
じゃ、取り出して、ご対面させてもらおう。
いつか手術するにしても、今日か半年先かだったら、絶対半年先のわたしより、今日のわたしが若いわけで、若いほうが快復とか早いんじゃないのー?
 
よし、取っちゃえ取っちゃえ、すぐ取っちゃえ。
 
手術します、日にちも予約していきます!
 
 
 
 
 
手術、半年待ちでしたorz



続く。 

2012年12月 7日 (金)

うつとたんぱく質。

最近、プロテインをキッチンに常備しています。
今日の食事はたんぱく質が足りなかったな、なんて時に飲む。
という話をすると、
ああ、プロテインダイエットですね、と言われます。
そんなにダイエットが必要に見えるのかどちくしょう。
という被害妄想は置いときまして。

いや、確かに元はといえばダイエットでした。
なかなか戻らない産後の体重、食えば増えるのは分かるけど、食わなくても高値安定なのは何でだと。
いろいろ調べるうちに、カロリーではなく栄養を考えないといけない、と分かったのでした。
ステーキランチをやめて、同じカロリー分だけドーナツ食べたとして、結果は変わらないかっていうとそうじゃねんだよ分かるかおじょうちゃーん、という。
肉をちゃんと食べないと痩せないよ、と。

ダイエット云々は、今回はしょります。

おかげさまで、たんぱく質はいろんなものの材料になってるんだから、ちゃんと食べなあかんよ軽んじちゃいかんよ、と理解したわけですが、
その流れで、
食事とうつの関係についての本に出会ったのでした。

必ずしも、うつが~と書かれてるわけじゃあないし、どちらかというと、糖はとりすぎ注意だよ、の本、というべきかもしれませんが。
原因不明のダルさや無気力感、わたし自身が何度かうつっぽくなったことや、夫が何かというとうつを訴えるもんですから、そりゃもう飛びついて読みましたとも。

セロトニンが不足するとうつ症状が出る、ということですが、このセロトニンの材料が、たんぱく質だとか。

うつに処方される薬って、セロトニンを補給してくれるわけじゃなく、減らないようにするんだと聞いたことがあります。
抗生物質などは原因である細菌を殺すのでしょうけど、うつの薬はそういうもんじゃないんだな、という程度の理解ですが。
でも実はわたし以前は、セロトニンが不足しているんだからセロトニン飲ませてるんだって思ってましたよ。

それはさておき、
そう、不足しているのはセロトニン。
その材料であるたんぱく質がなければ、どうもこうもならんのじゃないかと。
なるほどごもっとも。

寝不足だけど仕事を頑張らなきゃいけないときなんかを考えますと、カフェインてのは一時しのぎ、カフェインが不足しているから眠いんじゃないですもん。不足しているのは睡眠なんだよねっていうのを思い出しました。

細かいこと言うならおそらく、たんぱく質をたくさん食事に取り入れたからって、ソッコーでセロトニンが作られるってわけじゃあないんでしょう。
それでもまずは、材料補給をはじめてみるにやぶさかではない。

そこでたんぱく質豊富な食事のレシピ~なんて検索しておりましたら、今度は「たんぱく質のとりすぎに注意」という気になる記事を見つけました。

いわく、たんぱく質なんぞは普通に食事していれば充分な量がとれる、意識してとろうなんてしたら過剰摂取になって危険だぜおじょうちゃーん、というもの。いやもちろん、おじょうちゃーんとは書いてない。

うーん。
普通の食事って、どんなんでしょう。
たんぱく質たんぱく質とぶつぶつ言いながら食事を考えている今日この頃はまだマシですが、ダイエットをカロリーのみで考えていた頃のわたしの「普通の」食事といいますと、

朝 グリーンスムージー(だいたい大葉やほうれん草、あとプルーンにリンゴ、キウイ)だけ。
昼 おにぎりとサラダ。
夜 基本的に、なし。


……たんぱく質?
あ、おにぎりの具かな。

えい、もう、あのですね。

普通の食事で充分な云々とおっさる際に想定しているのって、おそらくは、

朝はご飯に納豆とお味噌汁、玉子焼き、焼き魚、小松菜のおひたしに漬け物。

とかいう旅館朝食ですよきっと。
そんでお昼は肉料理だったから夜は魚にしようかなとかそういう感じなんだぜきっと。

ひがみ以外の何物でもないですが、あ、そういえば、こんな本もありました。



これは、スゴいです。ちゃあんと家族にご飯を作っている方なら、かなり不快に思われるかもしれません。

白状します。

わたしは、ホッとしました。
あ、うちって、まだマシかも……て。

そして、でも、ゾッとしました。

うちの場合。
栄養栄養と頑張っても、子どもが食べない。
まるまる残して「お腹いっぱい」と言ったあと、ふと見るとおばあちゃんからもらったお菓子をむさぼっている。
「ちゃんとご飯を食べなさい!」
と怒鳴りつけ、ムリヤリ口に押し込んだこともありました。
なんなんだよ一生懸命作ったのに味付けも見た目も頑張ったのになにが気に入らないんだよ。それで疲れたのなんだのってだからちゃんと食えつってんだろうが。だいたいこないだは美味しいって食べたろこれ、だのになんだその今日のイヤそうな顔、同じ料理は二度食卓に乗せるなってか? 貴様どこの王侯貴族だコノヤロウ。


とは口に出して言いはしませんが。
そりゃもう、口に食べ物を押し込むなんて、そんなことをしてしまった自分を嫌悪して、今度は極端に走り、
「子どもが食事をキライになったら元も子もないしね!
 喜んで楽しく食べるのが一番だよね!」
と、どっかの育児雑誌の受け売りをキャッチフレーズに、子どもが好むようにと朝はホイップクリームとバナナのサンドイッチとか、ご飯にスープをかけたおじやっぽくて食べやすいものとかにしちゃった今日この頃。
それさえ週に2回出そうもんなら「これキライ!」と言い出すんですがね。
ちなみにスープはコーンクリームじゃなきゃダメなんだとさ。いろいろ野菜を煮込んでバーミックスでガーッとやったポタージュは不平たらたらでした。

振り返ってみるに、わたしの子ども時代の食卓は、たいそう貧弱なものでした。
食事の内容を書けば「本当の親じゃないからと言ってそんなもの出すはずない、きっと何か深い事情があったんだ」とか否定されかねないので省略。
飲み物は、記憶にある限りの幼い頃から、インスタントコーヒーに砂糖をたっぷりいれたものを「ジュースだ」といって出されていました。お歳暮で毎年たくさんもらってたようです。

で、しょっちゅう頭痛腹痛目眩貧血耳鳴りをおぼえる小学生でした。


生まれつき体が弱いんだと思ってたんですけどね。

30代、3度の妊娠出産(まだ産みたい)で、少しずつですが食べ物や生活に気を配るようになったら、ふと気がつくと、子どもの頃からずっとまとわりついていた体調不良が、

消えてたんですよねえ。

野菜をちゃんと食べる。
肉魚卵もちゃんと食べる。
睡眠時間を充分にとる。

当たり前に言われていることを頑張っていたら、
もしかしてこれが当たり前の健康!?
なんてドキドキしちゃう体調になった。

だけど、栄養バランスのとれた食事に、ちょうどよい睡眠時間、を毎日当たり前にやれているひとって、

多数派だろうか、少数派だろうか。
そもそも存在するんだろうかなんて思ってしまう。

いるよここに、ていう人は、誰にも言わないから目をつぶって挙手してください。
うわあ、いいなあ。


忙しくて時間がないとか、子どもがイヤがるからとか、
手抜きしてラクに流れちゃう理由は、あげようと思えばいろいろあります。いくらでもあります。
けども、どこも痛くないしダルくもなくて健康、なんて日々がこの世に存在するなんて、ちっとも知らずに生きてきた40年間(四捨五入)を思うと、

子どもにイヤがられ、心をへし折られても、ちゃんと栄養を考えた食事を出したい、
なあって、思うんです。

あ、まあその、もちろん、口に押し込むのはやりすぎでした。娘にはあとで平謝りでした。

後日、娘がポイントカードを作ってくれました。
ママが怒らなかった日にはシールを貼っていいそうです。

「いっぱいになったら、ママの好きなチョコ買っていいよ」だそうです。

でも、ポイントがたまったら、わたしも娘も大好きな、水族館へ行くつもりです。

大水槽の前で、魚もちゃんと食べようねって話して、イヤがられてやるんだ。



本日はお越しくださりありがとうございます。
お聞き苦しい話もありましたが、なにとぞご容赦。

ではごきげんようごきげんよう。




にほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »