フォト

他のアカウント

Twitter

にほんブログ村

  • にほんブログ村

楽天

  • 楽天
無料ブログはココログ

« うつとたんぱく質。 | トップページ | この世で一番怖いもの。 »

2012年12月17日 (月)

年明け早々、手術します。

今年の3月頃でしたか、首のところにふくらみができているのを見つけました。
 
痛みはなく、仕事に復帰する直前のことで忙しさにまぎれ、つい先送りしていました。
多分、甲状腺が腫れてるんだろうなーと思ったので、5月頃にようやく耳鼻咽喉科へ。
 
甲状腺に「しゅりゅう」ができてますね、とのこと。
自然になくなることは、ありません、だそうな。
 
しゅりゅう?
と帰宅してから調べてみたところ、かたまりのことはとりあえず「しゅりゅう」、腫瘍というのはその子カテゴリーというか、「しゅりゅうを検査したら腫瘍だった」みたいな。
その後、悪性か良性か調べるため、MRIに入りました。
これがねえ……
 
こ わ か っ っ た っ !!
 
閉所恐怖症のひとはそりゃあ無理だわ無理!
写真などで見たとおり、せまーいカプセルのようなものに仰向けに寝て入り、耳にはヘッドフォン。
ガンガンうるさいから、と言われましたがこれ、エンヤが流れてました。
で、ガンガンの間は聞こえないんだけど、合間にシーンとなったとき、聞こえる。これは、なるほど助かりました。
 
目を開けるとクリーム色のカプセルの内側が焦点を合わせられないほど近い。目がしんどくなるので閉じていると、静かになったとき、たまらなく不安になる。
いま地震や火事が起きたらどうなるんだろう?
うっかり最悪の事態をシミュレーションしてしまって、心臓バクバクしそうなときに、
 
エンヤの透きとおった歌声。
 
ナイスセレクトではある。
 
しかし。
 
20~30分は入ってたと思うんだけど、だったら自分の好きなCD持ち込みとかダメ? お気に入りの曲のほうがきっと怖さも薄れると思うんだよなあ。
(むろん落語とかは持っていきませんよ大半は聞き取れないんだもん)
 
検査が終了してから、
「中からマイクで担当者と会話できます」
という貼り紙を見つけました。
 
なんだよ!しゃべれるんなら随分怖さも薄らいだろうに!言ってくれよ!
(おそらく、これ読んどいてくださいね、て受付から渡されたパンフレットに書かれてた。が、渡されてすぐMRIにぶち込まれたよ? ねえどうなのそれ?)
せめてあと何分ですかーとか聞けたら良かったのに……。
 
MRI後は大学病院を紹介され、検査もいくつか受けたんですが、どうも不安で、セカンドオピニオンとして定期的に通ってる病院に行きました。
そこで甲状腺の専門病院を紹介してもらい、また検査。

が、悪性だか良性だかわからない。
ほっといて、どんどん大きくなるようなら悪性だから、それまで待っても問題ないけど、どうします?
と、医者に聞かれて、
 
手術で、取ってもらうことにしました。
ネットで調べたところでは、甲状腺の腫瘍はおとなしいもんだそうで、だから経過観察という選択肢があったんでしょうけど、
なんかねえ、首んとこに圧迫感があるんですよ。
異物を抱えてるようで、どうもこうもスッキリしない。
良性だとしても、無くなることはないそうで、つまり放っておくならずーっとこいつとお付き合い、もしくは悪性だと判明して結局手術、ということで。
じゃ、取り出して、ご対面させてもらおう。
いつか手術するにしても、今日か半年先かだったら、絶対半年先のわたしより、今日のわたしが若いわけで、若いほうが快復とか早いんじゃないのー?
 
よし、取っちゃえ取っちゃえ、すぐ取っちゃえ。
 
手術します、日にちも予約していきます!
 
 
 
 
 
手術、半年待ちでしたorz



続く。 

« うつとたんぱく質。 | トップページ | この世で一番怖いもの。 »

甲状腺」カテゴリの記事