フォト

他のアカウント

Twitter

にほんブログ村

  • にほんブログ村

楽天

  • 楽天
無料ブログはココログ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月の4件の投稿

2013年2月23日 (土)

禁酒セラピーを読んでみた(1)

甲状腺の全摘手術をきっかけに、お酒をやめようと考えました。
 
それまでの私は、子どもたちを寝かしつけたあとのビールが習慣になっておりまして。
これが、寝かしつけ、なんて言いましたけど、
 
「ママは仕事があるから!」
 
と絵本も読まずに子どもたちだけで寝かせ、自分はビール片手に洗濯物を畳んだり家計簿を付けたり、というのが実状でした。
 
もともと風呂上りのビールを楽しんだりはしていたものの、夫が単身赴任になってからは、忙しさからくるストレスでしょう、毎日飲むようになっていました。
子どもたちとゆっくりと一緒に絵本を読みたいと思う自分と、やってられっか酒だ酒! と肩をゆらし凄んでみせる自分がせめぎあい、毎晩後者の圧勝。
だけど、罪悪感というか、
 
なにやってんだろう、自分。
 
という思いで気持ちが暗くなる。
 
酒量は350ml缶を1缶。年のせいか何なのか、3人目出産以降はめっきり酒に弱くなり、500mlでは吐いちゃいます。350mlでも体調によっては飲みきれない。
そんならもう、最初から飲まなきゃいいのに、飲まずにいられない。
 
手術の案内を読んだら、術後1年間はアルコールは控えるように書かれていました。
こりゃ潮時だ、良い機会だと、amazonで『禁酒セラピー』を購入したわけです。
 
結論から言うと、私は、この本によっては禁酒することはできません。
 
ただ、著者が後半で、
「私が本書を記した目的はただ一つ。あなたに正しい考え方を知ってもらうことです。」
と書いているのですけども、それなら達成されたよな、と思うのです。
 
酒に関しては、著者の言うことに承服しかねる。
が、何かに依存してしまう、中毒してしまうということについて、正しい考え方を知ることができたと思うから。
そのおかげで、術後から1ヶ月以上、アルコールは口にしていません。
 
お酒をやめたいのにやめられない、という人には、読む価値は間違いなくあると思います。
 
にもかかわらず、私はこれで禁酒はできない、というのはですね、最後の章を読んで禁酒に至るためには、
「お酒に関する疑問がすべて解けた人は、最後の章に進んでください。」
とありまして。
 
疑問が、解けないんですよ。
 
私だけじゃなく、大方の日本人なら「んん?」と引っかかるんじゃないか、と思う箇所が一部あるんです。
こういう石ころが落ちててつまずくけど、そこ以外は良いところですよ~、というガイドにでもなればというわけで、以下に抜粋。著者は、お酒をやめられないのは精神力の問題ではなくて、お酒に騙されているのだといいます。お酒について間違った思い込みをしているのだと。
 
p88~89
お酒とは、果物などの自然の食物が腐敗の段階を越えて発酵したものです。つまり、
お酒は体にとっては毒で、味もひどいものなのです!
 
ここ、ご丁寧に太字になってます。
けどもですよ。味噌や醤油、納豆、鰹節など発酵食品を日常的に食べている私が、ここで「なるほど!」と膝を打つかつったら、打つわきゃない。打つわきゃないんスよ奥さん。
 
 
こういう本では、正直言って、科学的に正しいかどうかはどうでもいいと思っています。
要は「その気」になれりゃいいんだと。
だから、発酵が腐敗の段階を越えたもの、というのが科学的にどうかとか、そういうことを問題にしたいんじゃなく。
 
発酵したものだから、体に毒で味もひどい。
というご意見に、私は承服しかねる。
味がひどい、に関してはまた後で書きますが、毒かどうかは、そりゃあそうかもしれません。
けども、発酵したもの「だから」、という点で。
 
一か所こういう「んんん?」というのがあったせいで、その後もちょっと、素直に読めなくなっていったんですけど、著者は最初に、この本の内容も疑いながら読んでとおっさっているので、まあいいんでしょう。
引っかかりながらも、とりあえず先を読みます。
 
著者はこのほか、お酒そのものが楽しいというのは間違った思い込みである、と言います。
試しに、なるべく気分が普通な時に、ひとり静かな部屋にこもり、お酒を飲んでみましょう、と提案します。純粋にお酒のみを、美味しいと感じ、楽しい気分になれますか? と問いかけます。
読んでいたのは入院中だったので実行はできませんが、イメトレはしてみました。
 
 
………………。
 
音楽もなく、薄暗い部屋に、純米大吟醸……山廃仕込み……一升瓶を抱えて、いや、五合瓶でも構いません、それとお気に入りのグラスを使っては「お酒そのものを楽しんでいるわけではない」ということになりそうなので、ここはファミレスのクーポンでもらったマグカップにしましょう、ああこんな良いお酒にもったいないけどさて置いて、そいつを片手に、部屋に一人、こもります。
 
真ん中に座り込み、日本酒の瓶を傾ける。 

……と、と、と、という音と一緒に広がる、バナナかパイナップルかメロンか、というフルーティーな吟醸香。
 
深々と吸い込んでから、そーっと口をつけ、一口、すすりこむ。
 
………………。
 
く~~~~~~~~~~~~~~~~!!!
そうだ、退院したら、純米大吟醸買おうっと。
 
 
あ、うん。
じゃなくて。
そうじゃなくて。
 
いや、でも、そうです。
お酒そのものを、美味しいと、楽しいと感じることは、弱ったことに、できちゃいます。
 
ただ、これは著者のおっさるとおり、長くは続かないでしょう。
純粋に楽しめるのは、私の場合では、おそらく最初の1~2口が限界、その後は酔っぱらってしまいます。
 
けど、やっぱり純米大吟醸、間違いなく、美味しい。
できることなら著者の胸倉つかんで、この美味しいお酒を口に流し込んでやりたい。いや、それも嘘です。そんなの、もったいないもん。
 
けども、いままで毎日のように飲んでいたお酒は、本当に美味しいと思っていたわけじゃないな、と気付かされました。
ビールって言いましたけど、それは便宜上で、本当はいわゆる第三のビールです。それだから不味いという話ではなく、私は、日本酒の味が大好きだったんだよなあって思いだしたんです。
でも、美味しく飲める量も時間も限られている。酔っ払っちゃって気持ち悪くなるから。それならと、アルコール度数の低いものに流れていって、お手軽なビールに落ち着いていたんですね。
 
そうじゃなく、本当に自分が美味しいと感じたものを飲もうよ!
もっと純米大吟醸を楽しもう!
 

 
うん、ええと、だから、そういう結論じゃあ、よろしくないんですよね。
続きはまた来週。
でも本当に、退院からここんとこ1ヶ月以上、お酒は飲んでないんですよー。
 
本日はおこしくださりありがとうございます。
 

なにごとのおはしますかはしらねども かたじけなさになみだこぼるる   西行
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
 
関連記事:

2013年2月15日 (金)

冷えとり体験というにはだいぶ足りないけれど。

半身浴が好きです。
水分と、本か雑誌か通販カタログか何かがあれば、何時間でも入っていられるんじゃないかってくらい。
お風呂のフタを半分開けて、タオルを敷いてペットボトルの水と何か読むものは必須。
実際、一人暮らしのときなら、半身浴していて気づくと2時間経っていた、なんていうことも珍しくなかったです。
 
が、子どもがいる生活では、そんなことはやってられない。
上の子ふたりが、浴室で体を拭いて送りだせば勝手に身支度してくれるようになったので、最後は下の子と少しだけのんびり湯船につかることもできるようになりましたが。のんびりといったって、10分が限界。
それでも単身赴任中の夫が帰る週末だけは、子どもたちのお風呂は任せて、いそいそと半身浴しています。
 
ところで、最近よく見かける冷えとりの、靴下4枚重ね履き。
始めてまだ1ヶ月、しかも進藤義晴氏の本をちゃんと読んだのはごく最近なので、以下は冷えとりの体験談としてはだいぶ足りない話ですご容赦。
 
はじめたきっかけは、手術後、本屋併設のカフェでパラ読みした本。


で、なんとなーく良さそう、と早速本屋で手に取った重ね履き靴下3枚セット。
これが暖かいし蒸れない。期待以上に良い。
洗い替えも欲しいなあ、とネットで検索するうち、冷えとりとは、靴下重ね履きのことだけではないらしいぞと知りました。
 
まずは半身浴。
靴下重ね履きは、常に半身浴状態を作り出すためのものだとおっさる。
 
そりゃあ、ズキュン、と来ましたとも。
 
半身浴!
半身浴!
なにその「常に半身浴状態」とか魅力的すぎる!
 
靴下だけじゃなく、夜寝るときには更に湯たんぽというので、早速ドラッグストアで買いましたとも。
これは足湯代わりに箱などに入れて、毛布をかけて足を突っ込んどくという使い方もあります。
ちょうど、半身浴ができないならせめて足湯ができないかと考えていたので、これまた鼻息が荒くなりました。
なにこれ何なのこのお誂え向き感。こんなのが欲しかったんでしょウッフン感。
 
すっかり鼻の下を伸ばした私は、更に洗い替えやら綿絹レギンスやらを買い込み、

……いま、手術前に引き続き、カードの請求額を見るのが怖いです。(こんなんばっかり)
 
 
いやあ、だってですよ。絹がこんなにすごいって、天然素材がこんなに良いもんだって、知らなかったんですよ。
 
最初に靴下重ね履きを知ったのは、だいぶ前、テレビで紹介されているのをチラ見しただけのものでした。
そのあと、足先が冷えるなあ、というときに思い出して、見よう見まねで、といいますか、
絹→綿→絹→綿
と交互に履くことや、最初の2枚は五本指靴下であるとかについてはすっかり忘れていたので、手持ちの靴下を2枚重ねただけでやってみたところ、蒸れちゃって汗かいて冷えて、やめたのでした。
 
これが、ちゃんと絹の五本指からはじめて綿かウール、次はまた絹、と重ねていくと、全然蒸れないし暖かいんですねえ。
しかも続けるうちに、なんだか足がさっぱりすべすべしてきた。
 
絹から履くことについては、足裏から毒がでるので、絹は特にその毒を吸い出す力があるから、ということらしいんですが。
 
ぶっちゃけ、マユツバでした。
いまも半分ツバしてる感じです。
ツバしてる、んですけども。
 
足裏から、なんか出ていくのは本当なんだろうなって感じることが、先日ありました。
 
いつもより多めに歩いたせいか、水分の取りすぎか甘いものの食べ過ぎのせいかなんかで、帰宅途中に、足がむくんだときのようなひどい痛み。
痛くて不快で、眉間にシワを寄せながら歩いてどうにか家についたところ、
洗い替えにと注文していた重ね履き靴下セットが、ちょうど届いていました。
 
実は、始めてから2週間ほどのあいだ、基本的に毎日取り替えて洗うのは、直接肌にふれる絹五本指と一番外側に履いたものだけにしてたんです。2枚目以降は、3日にいっぺん交換する程度。
だってちっとも臭わないし〜。汗かいた気配もないし〜。
 
けど、絹が吸い出した毒は綿が受け止める、なんてなことを、どこかで読んだような。
足が痛くなったとき、もしかして洗ってない綿が、もうこれ以上毒をためこんどけねえよ! 満タンだよ! なんてことになってんのかなあ、
と、足裏から毒出しを信じていたわけではないながらも、考えまして。
 
早速、届いたばかりのセットに履き替えてみたところ。

 
ふお〜ん
ずぉ〜ん
 
と、
なんか音でも立っちゃうくらいの勢いで、足裏から痛いのがどんどん抜けて、ラクになってくじゃあありませんか。
 
靴下かえただけで、笑っちゃうくらい痛みが抜けていく、それが体感としてわかるなんて、初体験でした。
 
でも、そういえば20年も前の話ですが、登山をはじめたばかりの知人が、途中でどうにも足が痛くてたまらなくなったとき、ベテランから「予備の靴と靴下に履き替えるといい」とアドバイスされ、その通りにしたら本当に足が軽くなって無事に登頂できた、なんて聞きました。
そのときは、汗かいて湿気吸って重くなった靴と靴下を交換したんだから軽くなって当然じゃね? と不思議にも思わなかったんですが。
むう、なんという傲慢。小賢しい小娘だった自分の胸ぐら掴んで、そういうこと言ってるんじゃねえんだよ! とがくがく揺さぶって説教したい。
まあ当時の私のことだから、聞く耳持たんのだろうけど。
 

 
何かが抜けていき、痛みが無くなっていくのをありありと感じた、あれが何なのかは、わかりません。
けども、確かに、足裏から何かが出ていって、軽くなる感じがして、痛くなくなっていった。ひとり、リビングで小躍りするくらい。靴下すげえや音頭。さあ皆さんご一緒に。
 
で、
それが毒なんだよ、と言われれば、
ははあ、なるほどと頷くし、
それは乳酸だよ、と言われても、
あ〜、筋肉疲労のときにたまるやつ? と頷くし、
浮腫んでいたところへ乾いた靴下を履いたから、余分な水分が抜けていったんだよ、
と言われてもやっぱり、おお、そういうことか〜、と納得しちゃうでしょう。私の場合は。
 
で、別段、何でもいいかなって、暫定的には、思うのです。
 
靴下重ね履きしたら、なんか調子が良い。
寝るときの湯たんぽも、やってみたらなんか寝付きが良くなった。
だったら、続けてみたらいいんじゃないかと。
イチロー語録で読んだのだったかと思いますが、それをやることで良い効果があるうちは、あえて変える必要はない、みたいな。
おなじみの、バットをくるりと回して構えて袖をチョイとやる、あれに言及されたときのコメントだったかな。
 
ぶっちゃけそりゃあ手持ちの靴下や靴を買い換えるわけだから、初期投資もかかるし面倒っちゃ面倒です。
けど、今はまだ、面倒より「お、いいじゃんこれ〜」が勝ってる。
冷えとりを完璧に実践しようとすれば、まだまだやることがあるんですけども、取っ掛かりとしての靴下重ね履きと寝るときの湯たんぽは、良い感じです。
 
なので、もうちょっと続けてみます。
ちなみに洗濯は、ネットには入れてるものの、絹だろうが綿だろうが普通にガコガコ洗ってます。
手洗いなんて面倒なこと、続かないし。
 
いわゆる冷えとりファッションについては、また後日。
多分、これを最初にクリアする本を手に取ったおかげで、まだ1ヶ月ですけども、続けていられるのだと思います。
 
本日はお越しくださりありがとうございます。
ではごきげんようごきげんよう。
 
 
あ、次回こそ禁酒の話をします。
 
 
 
ブログランキング・にほんブログ村へ

2013年2月 9日 (土)

入院のまとめ。費用のこと

甲状腺全摘出しました。
今回は生臭く、費用のこと。
 
わたしの場合、もともと腫瘤で半分摘出することになっていたところへ、バセドウ病を発症しました。
妊娠を強烈に希望してもいたので、それなら全摘出、となったんですが、バセドウ単発なら、必ずしも全摘手術ということではないらしいですね。 
薬で抑えて通常の生活も可能だそうで、だから全摘のほうが完治するとしても、費用の面やら何やらで、迷うこともあるらしい。
もちろん費用だけではないでしょう。わたしはどちらかというと、一生ホルモン剤を飲み続けなければならないことが、重たかった。
が、まあともかく本日は、費用の話。
 
今回の入院一週間でかかった費用なんですが、室料差額、診断書料などを引くと、窓口負担は9万円弱でした。
これは、あらかじめ「限度額適用認定証」の交付を受けてたから。
お給料が高いひと(所得の区分が上位)は、もう少しお高い金額になるはずです。月収が50万円越えてたら上位になってる可能性があるかと。
 
手術など、高額の医療費がかかることが想定されるときは、あらかじめ申請して「限度額適用認定証」の交付を受けると、一時的とはいえ大きな出費を避けられます。そうです、けんぽの回し者です。嘘ですが。
 
これを持ってなかったら、窓口負担は16万円弱といったところでしょうか。
もちろん後日、高額療養費を請求すればお金が戻ってきて、結果的に自己負担額は同じになるんですけどもね。
 
手術にかかる費用はそれくらいとして、甲状腺を全部摘出するわけですから、術後はもれなく甲状腺機能低下症になります。

一生、お薬で補っていかなくちゃいけない。

これはもう、本当に抵抗がありました。
なにぶん忘れっぽいので、飲み忘れたり、飲んだことを忘れることも多かろうと、怖かったし、飲み忘れちゃいけないというストレスを思うと、重かった。
けど、秤に掛けたら、そりゃあ全部摘出してスッキリしたかった。
 
現在、チラージンというお薬を毎朝2錠。
心配していた飲み忘れは、飲まなかったらからといって直ちにどうこうっていうものではないらしいです。
昨日飲み忘れたからといって今日2日分飲むのはダメ、とあるので、あれ今朝薬飲んだっけ? という日は、倍量飲んでしまうよりは、1日飲み忘れたほうがいいということでしょうし。
一週間くらいは平気だとか。
費用は、今回1ヶ月分もらって3900円かかりましたが、これには検査費なども含まれています。
明細を見ると、厳密に投薬のみだと自己負担額は500円ちょい。
いまはまだ摘出したばかりなので、薬の量を調整するために多分1ヶ月おきに通院するようです。落ち着いたら、6ヶ月分まとめて処方もしてもらえるらしい。

まあスタバでコーヒー1杯分、ミスドで飲茶セット食べるより安いくらい、て感じでしょうか。文庫本や漫画本1冊を我慢するくらい。

 
 
…………。
 
 
我慢しないがな。
 
や、だって退院してからお酒全然飲んでないんです。
毎日缶ビール飲んでた頃に比べたら、お薬代なんぞ軽く浮いているじゃありませんか。

というわけで、次回は『禁酒セラピー』を読んだよの巻。
 
でもホント言うと、靴下4枚重ね履きの話もしたくてうずうずしている。
 
本日はこのへんで。
おこしくださりありがとうございます。
ではごきげんようごきげんよう。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ

2013年2月 2日 (土)

入院のまとめ。自宅安静のこと

主婦にとって、自宅は職場です。
しかもかなり苛烈な職場。
たとえば「癌だと言わざるをえません」と病院で言われてきた当日なら、たいていの職場なら「今日はもう帰って休んでいいよ」と気遣われもするのでしょうけど、自宅という職場にそれはない。小さい子どもがいれば、そりゃもう確実に。
食事は作らなくちゃだし子どもたちを風呂にいれなくちゃだし、洗濯をして保育園の支度をして、寝かしつけようとすると娘6歳は何故か歯を磨きたくないと言いだし、息子3歳は突然お腹が痛いと言いだし布団のうえであおむけ噴射ゲロ、娘1歳がハイハイして寄って来たので、ゲロ海に障らせまいと慌てて怒鳴ったもんだから大泣き。

泣きません。ゲロの後始末がすべて終わるまでは。
ついでに言うと、以上のような話を聞いて、
「きっと子どもたちも、幼いながらに何かを感じ取ったんじゃないかな……」
と切なそうに頷いてみせる人はわたしのお友達じゃないと思います。
とりあえずゲロは違うだろうよと。

え、さておき。

入院前のことですが、休暇を申請する都合上、一週間の入院プラスその後の自宅安静期間はどれくらいなのか、あらかじめ担当医師に確認しました。
これが「術後4週間」。

えええそんなに長いんですか?
 
ひとによっては、事務仕事なら1~2週間で復帰する人もいるけど、それは快復状態を見てから、とのことなので、職場にはともかくおよそ1ヶ月の休暇申請をしたんです。
ただでさえ忙しい時期なのにご迷惑をかけます……と頭をかきながら。
 
入院してすぐ、休暇申請のための診断書の件で再確認する必要があり、たまたま担当医師以外の、回診でやってきた医師に話をしたところ、
 
「1ヶ月? この手術でそれは長すぎ休みすぎ(笑) 僕なら1週間で診断書出せますよ」
 
なんですと?
 
「なんなら診断書、書きましょうか」
 
と言われ、思わず乗りかけました。
 
なにしろまだ入院して荷ほどきを始めたくらいのタイミングだったので、自分の体の心配よりも、仕事で迷惑をかけることで気が重かった。退院後1週間なら入院の1週間と合わせても1ヶ月の半分で済む。こりゃありがたい、と思ったんですが。
 
いや待てよ、いま初めて顔を見る医師の言うことに乗っかっていいもんかと。担当医師は考えがあって術後4週間と言ったのじゃないかと。
で、担当医師に相談して必要になったらお願いします~、ということにその場はしておきました。
 
これは、あとあと身にしみましたが、正解でした。
 
退院後1週間で仕事に復帰?
はぁぁぁあ?
仕事じゃ1日ほぼ座りっぱなしだったアラフォーの体力過信すんなよ?
 
てなもんです。
 
体力、なかなか快復しない。すぐ過呼吸になる。
お散歩の必需品はスマホにイヤホン、小銭入れとほぼ日手帳にビニール袋(過呼吸になったら口にあてる用)ですよ。
 
つか、ねえ。
自宅で安静ってね。あの「長すぎ休みすぎ(笑)」と言った男性医師はご存知ないのかもしらんがですね。繰り返しになりますがね。
 
主婦は自宅が職場なんだす。
職場で安静て。あはは。や、すいません、ちょっと、おっさる意味がわからない。
 
退院後、すぐに家事育児の職場に舞い戻って働き、1週間でもうひとつお座敷増やすとか。出勤するとか。もちろん出勤したからといって自宅というお座敷の仕事がなくなるわけでもない。
いやあ。
ごめん、ムリでした。
診断書の療養期間をきっちり使ってから、お給料が出る方の職場には復帰します。
いま自分の体にムチうって無理して働いたところで、それでまた体壊したら何ぼ何でもアホらしいです。
 
まあその、今回も非常にやくたいのない話でしたが、腫瘍+バセドウ病で甲状腺全摘出の手術を受けたこと、どなた様かの、なにかの参考になることでもあればと、少しずつまとめてまいります。
 
次回は、入院費用のこと。
と予告しておきながら、冷えとり靴下4枚重ねばきの話をするかもしれまへんが。
 
本日はおこしくださりありがとうございます。
ではごきげんようごきげんよう。
ブログランキング・にほんブログ村へ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »