フォト

他のアカウント

Twitter

にほんブログ村

  • にほんブログ村

楽天

  • 楽天
無料ブログはココログ

« 禁酒、2ヶ月達成。次はスイーツ。 | トップページ | 術後、あいかわらず声が出にくい件。 »

2013年3月12日 (火)

はじめの一歩。

毎度、ぐだぐだ垂れ流し話ですけども。

物理的なことなら、はじめればいつかはちゃんと終わる、
というのは、確か『人生がときめく片づけの魔法』で読みました。

やりはじめないと、やる気はでません、
というのは、どの本かは覚えてないけど、『海馬-脳は疲れない』の池谷祐二氏の著書で。

最近とみに、そのことを実感します。

子ども3人保育園、あたたかくなってきて外遊びが増えたらしく、洗い物が倍増。
毎晩、洗濯物の山を前に、つぶやくのですよ。

「物理的なことは、やりはじめれば必ず終わる……」

と。

それから上の子が小学校入学なので、お名前付け地獄も。
鉛筆一本一本、算数に使う小さなおはじきみたいなやつにも全部、名前。
保育園に入るとき、名前のゴム印を購入してあるとはいえ、その量にしばし見ないふりをしていましたが、こいつも着手したらば数時間で終了。

あ、やりはじめれば終わるんだ、とつくづく思いました。

 

で、そっかー、というわけで、
結婚して十年、アスペ夫のモラルハラスメントに何度も「生きていたいのに死にたくなる」という恐怖を味わってきましたが、
ようやく、

『アスペ犬の取扱説明書』

の作成に着手しました。



『アスペルガーですが、ご理解とご協力をお願いいたします。』の後半で、アスペ当事者と一緒にトリセツを作ってみましょう、というのがありまして。
実際この本を読む前から、夫に関してはトリセツが必要だなと思いつつ、なかなか取りかかれずに数年。
まあその、書き出してみたらばちっとも建設的でない恨みつらみで埋め尽くされたので、やめてしまった、ということもありましたが。
 
当事者と作る気は全然ないので、最近読んで、思った以上に面白かった『夫は犬だと思えばいい。』にならい、『アスペ犬』としてみたところ、
 
かなり実感に近いタイトルだったようで、少しずつではありますが、我ながらたいへん建設的な取扱説明を書き出し始めています。
 
やはりねえ、生きてるの、好きなんで。
今後も生きていくためには、夫の攻略が第一だなあと。
 
攻略といっても、夫を変えようなんてことではありません。
常々、ひとを変えることはできない、私が変えることができるのは、私自身だけだ、と思っております。

が、がんをきっかけにこれまでの生活を見直そうとしたとき、この信条は、アスペ相手にはただただ虚しいだけなのではないかと、まあ絶望しかけたんですけども。
 
そこまで沈み込んでようやく、「私が変わることでアスペ夫が変わってくれるかもしれない」というほのかな期待を抱いていたことを、自分で認めることができました。
そこんとこ信条に反するから、目をそらしておったんですけんど。
つい、実は、期待してしまってた。
 
そりゃあ、そんな無謀な期待しちゃってたら、絶望したくもなるよなあ。
 
と、考えを改めて、トリセツ、書き出してみたところ。
まだまだ私自身をいくらでも変えられる、それももっと良い方向へ変えていける、その余地が、なんとも広々とあったことに気付けました。
相手が変わるかも、なんて期待する必要がないくらい、私自身が、もっと良い方向へ、まだ行ける。
これだから、生きてるのは楽しい。
 
トリセツそのものは、一年かけて完成させるくらいのつもりでいます。
正直、物理的なものとは言い難い気がするので、『暫定版』の完成、ということになるでしょうけんど。それでも、やりはじめたので、やる気が出てきました。
公開できそうな内容だったら、いずれこちらで公開したいものだなと思っております。
つか、アスペ夫とかいうカテゴリー作ったほうがいいのかもしらんですが。
 

 
 
本日はお越しくださり抽象的なぐだぐだ話にお付き合いくださりありがとうございます。
ぶっちゃけ夫バレが恐怖。
 
 
何事のおはしますかは しらねども かたじけなさに 涙こぼるる      西行
 
 
本日は、お天道様に合掌。







ブログランキング・にほんブログ村へ

« 禁酒、2ヶ月達成。次はスイーツ。 | トップページ | 術後、あいかわらず声が出にくい件。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事