フォト

他のアカウント

Twitter

にほんブログ村

  • にほんブログ村

楽天

  • 楽天
無料ブログはココログ

« そういや、知らないひとには何て呼びかけてるっけか。 | トップページ | トランザムシステム。 »

2013年4月 3日 (水)

読書中の覚え書き。今から30分間「幸せになりたい」とだけは絶対に考えるな、みたいな。

覚え書きだけど、そういうタイトルの本ではないし、本の感想でもないです。
まあ似た感じのタイトルですけんど。


手帳術も、健康法も、断捨離も、人生がときめく片付けも、GTDやらライフハックやらスマートノートやらも、
何のためにこんなことするの?
を突き詰めていくと、「幸せになりたいから」というのが見えてくる、
なんてなことが、だいたい書いてあります。
本家本元には明記されてない場合もありますが。

これ、
「そうか! 私は幸せになりたいんだ! 幸せになるために、GTDを(片付けを、手帳術を、などなど)頑張ってるんだ!
 よーし、幸せになるために頑張るぞ!」
て、やると、なんか、私の場合は、道を間違う気がする。
最初こそ、「そうか! 私、幸せになりたいんだな!」とテンション上がりましたが。

何となくだけど、
「そっかー」
と、その気付きに対してニコニコ微笑みかけてから、そっとフタをしてしまうのがちょうどいい。
いつかまた、くたびれて、何のためにこんなことしてるんだっけ? とか、飽きてしまったときなどに(こっちのほうが多い)、よっこいせ、と引っ張り出せればいいんだし。

そういや10代後半から20代前半にかけて座右の書だったある心理学の本には、
「幸せな気分のときに、さて今のビリーフは、などと分析しなくていい。心理学は、生きるのがツラいときにだけ使えばいい」
という意味のことが書いてありました。

手帳術、タイムマネジメント、面倒になってきたなあ……
というときにだけ、
「こうやって時間管理したほうが、やりたいことができる、ムーミンママに近づける、そのほうが私は幸せだ」
と思い出したら、
「そっかー」
と笑って、あとは忘れてしまったほうが、うまく言えないんですが、長く走っていられるというか。
次の息継ぎまで、ゆったりと抜き手を切って泳いでいけるというか、そんなイメージで。

道に迷ったときは、顔をあげて遠くの「幸せになりたい」を確かめるけど、日々を歩いていくときは、ちょっと先に見えている、日々のちょっとした達成感で味わうちょっとした幸せでニヤニヤしていれば、私の場合はやっていけるんだなー、という覚え書き。
読んでいて、そういえば最終的には「幸せ」が目標のはずなのに、「幸せになりたーい!」というふうに思ったことってないなあ、と気づいたので。
多分、遠くの目標を目指すのが苦手なんでしょうな。刻まないと進めないというか。
 
覚え書きでした。

« そういや、知らないひとには何て呼びかけてるっけか。 | トップページ | トランザムシステム。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事