フォト

他のアカウント

Twitter

にほんブログ村

  • にほんブログ村

楽天

  • 楽天
無料ブログはココログ

« ツレが、原因で、私が、うつになりまして。 | トップページ | 「どうしたの?」はリアル魔法の言葉。 »

2013年5月 6日 (月)

顔晴れない。

前回に引き続き、ぐちぐちした話です。
そのうえ言いがかり的な話です。
 
「顔晴る」
てのを、最近見かけるんです。
それであたし、なんだかイラッと、しちゃったんです。宇能鴻一郎先生風に。いや特に意味はないんですけど。
 
 
最初は誤字脱字のたぐいかなと思いました。
確か冒頭に書いてあったんです。
 
「みなさん顔晴ってますか?」
 
え?
「かお、はれってますか」?
 
文脈を追えば、どうやらこれは「がんばってますか?」と言いたいらしいというのは分かったんですけども。
変換ミスなどではなく、あえてやっている、と分かった途端、
 
 
 
 
……今日は会社の同僚にすすめられて、セミナーにやってきた。
悩み事を相談したら、良いところを紹介するよ、て。
自己啓発セミナーという名目だけど、資料を見るとなんだか宗教っぽい。苦手だなあと思ったけど、断りにくくて、仕方なく。
セミナー終了後に同僚が、
「どうだった!? すごくいいでしょ~? ね、来週もあるの、また一緒に来ようね!」
と詰め寄ってきた。
得るものもあるにはあったけど、そんなにピンときたわけじゃないし、断る口実を探していたら、後ろに座っていたスタッフらしき……スタッフにしては、余裕のある優しげな雰囲気で、今日の講師よりもずっと講師っぽい感じ……初老の男性がスッと近寄ってきて、
「あなた、いま、立ち向かっている壁があるでしょう?」
え? そりゃあ、だからこそ、こんなセミナーに来ているわけですけど。
「お守りに、これを差し上げましょう」
その人はそう言うと、おもむろに小さな短冊を取り出して、筆ペンでさらさらと……
 
【顔晴れる あなたはちゃんと 顔晴れるひと】
 
ぽかんとする私にそれを手渡して、にっこり微笑むと去って行った。
同僚が顔を上気させ、目を輝かせてそれを見送っている。
「すごい! 初めて来ていきなり○○様にお声をかけていただけるなんて! うらやましい! ○○様はね、今では滅多に初心者向けセミナーにはお姿をお見せにならないの! ラッキーだね! ああ~、【がんばれる】かあ~、いつ聞いても、良いお言葉……」
そうか……これって……「がんばれる」って書いてあるんだ……そう、そっか……私、まだ頑張れる……ううん、顔晴れるひとなんだ……!
「あ、それで来週のセミナーなんだけど、予約していかない? 今日予約すれば、3万円が2万8千円になるんだって!」
……うん! 予約する!
 
 
 
 
はい。
と、いうような寸劇が、脳内できゅるきゅると展開されたのでした。
なんというかその、ある団体内でしか通用しない言葉を、さもありがたそうに差し出して特別感を味わわせ、判断力を鈍らせる手口。
 
や、ごめんなさい待ってください石を投げないでください、「顔晴」がそうだと言ってるんじゃないんです。
ただ、意味不明な言葉をとても良い物のように笑顔で「あなたは当然この価値をご存じですよね?」と差し出されたような違和感と不快感が、それがなんだかこう、そういうアレを連想させたというわけでして。
 
まあ、ギロッポンでシースー的な何かというより、「するめ」じゃ縁起が悪ぃや「あたりめ」と呼ぼうじゃねぇかてやんでぃこちとら江戸っ子でぃ的な何かに近いと思うんで、上記の寸劇は言いがかりだなあと我ながら思います。
ああ、ギロッポンともするめとも、どっちにも近くありません! というお叱りの声が聞こえてくる気がします。
あたりめって言いだしたのは江戸っ子なの? という声も聞こえてくる気がします。
すいません、テキトーこきました。
 
大変良いお言葉なのは承知のうえで、
ですけんども、甲状腺からのホルモン切れをおこして疑似うつ状態の今は特に、
 
ぎゃーもう、なにこの当て字!
頑なに張るんじゃなくて顔が晴れやかになるようにとか、そういう気持ちはわかるけど、
「さあ、青空に向かって笑顔だ!」
みたいな感じでざわざわするんじゃ!
 
と身震いしてしまうのだす。
疑似うつ前でもすでに、表したいのであろう意味と字面がミスマッチな気がして、やっぱりざわざわしてたんですけども。
 
 
 
 
……。
 
 
……なんて言ってますけども、ねえ。
 
 
もしかしたら数ヵ月後には、このブログの冒頭で私自身が、
 
「今日も顔晴ってます! みなさん顔晴ってますか!?」
 
なんてやってるかもしれないですけどねw
 
 
……と、こんな風に何の気なしに使った語尾の「w」だって、誰かにとっては「w? なにかがダブルなの?」と意味不明で不快感の種になるかもしれず。
そういえば昨日のブログでは、下書きで「ディスる」と書いてた部分をまるっと書きなおしたりしました。ディスるって、まだそんな普及してないかもと。
 
こういう、自分にとっては未知の言葉を「当然ご存じでしょうが」と差し出される不快感てのは、どういう心理なのでしょう。
もう少し知的体力があったら、またはネットでごにょごにょ調べる余裕があったら、考えてみたいものです。
 
そういうの不快だな、と思っているので、一応、なるべくこのブログでは、せめてオタク用語は使わないように気をつけてはいます。いるんです、これでも。
が、それでもやっぱり「赤いと三倍速い」ことが当然のように口走ってしまいます。
ご不快にさせてしまっていたらお詫び申し上げます。
 
そういや昔の話ですが、就職したばかりの友人が、
 
「会社って専門用語ばかりで頭痛い!
『シンチョクジョウキョウを教えろ』なんて専門用語使っちゃって、その言葉の意味からまず教えろっての!」
 
私も若かったので、国語辞典にのってる、と教えてしまいました。
あと、ググレカスとは古代の賢人の名前です。
その名がまだ歴史の中に埋もれていた頃の話です。
 
 
本日は、
当初はイラッとしたけど慣れればふ~んかな、という程度のことでも、うつっぽいと蒸し返してねちねち絡みたくって困りますねえ、
と、
ググレカスは賢人の名前ではないですごめんなさい、
の二本立てでお送りしました。
あ、石を投げるなら十万石饅頭でお願いします。
 
 
 
本日はこんなところへお越しくださりありがとうございます。
こんなんだから、「あなたがうつ!?」と言われるんだべか。
 
 
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
 
 

« ツレが、原因で、私が、うつになりまして。 | トップページ | 「どうしたの?」はリアル魔法の言葉。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事