フォト

他のアカウント

Twitter

にほんブログ村

  • にほんブログ村

楽天

  • 楽天
無料ブログはココログ

« そんなんじゃないんですごめんなさい@冷えとり | トップページ | 傷だらけの@冷えとり »

2013年8月19日 (月)

座りだこ@冷えとり

9歳のときから座りだこがあります。

思春期の頃には美白クリームのたぐいを塗りたくったり絆創膏で隠したり、カッターナイフで皮膚をこそぎとったこともあります。
高校では、クラスの可愛い子が「体育座りより正座の方がラクで……」なんていうので、みんな正座しだして、おかげさまでちょっと開き直って過ごせたんですけどね。

そうでなくとも年齢を重ねるにつれ、座りだこのことは気にしなくはなっていました。
それでも、かかとがガサガサになってストッキングを伝線させる季節には、合わせて座りだこも目について、あんまり良い気分じゃあなかったのも事実。
 
冷えとりを始めてから最初の夏を迎えようという頃でした。
かかとの角質除去キャンペーンなんていうのを目にするようになり、
そういえば最近、かかとのガサガサ気にならないなあ、まあストッキングやめたから当然か、
と、お風呂上がりに見てみたら、
 
当然といえば当然。

美肌効果が云々といわれるシルクの靴下を、目的は美肌じゃなく冷えとりとはいえ、四六時中はいてるんです。
いつの間にやら、つるっとさらっとしたかかとに。
 
けど、ストッキングはもうやめたしなー。
(冠婚葬祭用にシルクの肌色と黒を1足ずつ買って、あと処分した)
そういえば、肌の感じも、色むらの無いキレイな足の甲になってきた。
冷えとりを長く続けてる人はきっと、こうしてキレイな素足になってるんだけどサンダル履けないから宝の持ち腐れちゃってるんだろうなー。
まあ私は座りだこがあるからサンダルはかないけど。
 
と、寝るとき用の靴下を重ねようとして、
あれ?
となりました。

その座りだこが、薄くなってる。
 
消えた、と言っていいのかわかりません。
なにしろ座りだこが無い状態の自分の足というのを見たことがない。
けども確かに、「たこ」と呼ぶほど硬化した角質も色素沈着も見当たらない。
いや、ここ、色が周りよりは何か濃いよな、という部分はあるんですけどね。
 
靴下をはく時間は、今では瞑想タイムのような、なんかこう黙々と、無心で靴下を重ねていましたが、
それ以来、ちょっと、ニヤニヤっと、

サンダルをはける足になったな〜、はかないけど。
 
と、座りだこの名残の箇所を眺めては楽しい気分になっております。
冷えとりではないけども、思いがけずこんな良いことがありました、という話。
座りだこで悩んでいる人には、たこが薄くなる頃にはサンダルなどはけない体になっているだろうから、オススメはしませんよ。
冷えとりは気分がいいけど。
とだけ言い添えてみる。
 
本日はご訪問ありがとうございます。
ではごきげんようごきげんよう。 
 

« そんなんじゃないんですごめんなさい@冷えとり | トップページ | 傷だらけの@冷えとり »

冷えとり」カテゴリの記事