フォト

他のアカウント

Twitter

にほんブログ村

  • にほんブログ村

楽天

  • 楽天
無料ブログはココログ

« 重たい話@ほぼ日手帳カズン | トップページ | ちょっと主張したかっただけ。 »

2013年10月23日 (水)

『内田樹による内田樹』読みかけ

テクストはそこから叡智を引き出すことを切望する個人の「懇請」によってはじめてその意味を開示する。(p150)

読みかけです。
内田樹氏はそういう意図で書かれたのではなかろうと思いつつ、連想したことをつらつらと。

 

本を開くと、そこにはユニコーンがおり、魔女が鍋をかきまわし、竜が空を駆け、巨人や小人が暮らしている。
……いったい、本を閉じている間、ユニコーンたちはどうしているのだろう?

 

エンデの『はてしない物語』がとても好きです。
映画と記憶がごっちゃになってますけど、たしか主人公のバスチアンが、本を前にそんなことを思う場面があったような気がします。もっと短い台詞だったけど。

はじめてこの箇所を読んだとき、本好きの私には、ものすごく、泣きそうなほど良くわかる感覚でした。
十代の小賢しい時代には、この疑問に科学的(と思われる)解を見つけようと躍起になったこともありましたけど、

もしも自分の子供が、いつかこの問いを、私に問うことがあったなら、ただ、

 

そうだねえ、どうしているんだろうねえ。

 

と、一緒に不思議がろうと思っています。
あのね、言葉での問いに、言葉で答えなくてもいいの、
なんてことを教えてくれたのは、たしか谷川俊太郎氏でありましたが、この問いは、答えを求めることではなくて、問いを抱き続けることにこそ解があるように思います。

人によっては、あまりにとんちきな問いでしょう。
本を開いても、そこにいるユニコーンは動かず、魔女の鍋は沸かず、空には身をくねらせる竜の姿はなく、巨人は人間を喰らわない。(違
同じ本を開いていても。
 
冒頭に引用した箇所で、『はてしない物語』を連想したのは、そんなわけであるようです。
 
 
 
ところで私には三十年来の友人がいましたが、結果的に悪性腫瘍だった手術の際に、彼女に投げかけられた言葉がきっかけで、ずっと距離を置いています。
 
  
物理的にも遠く離れ、子供をもたない主義の彼女とは、価値観のズレが趣味嗜好にまで現れ出し、数年ぶりに会えたときでさえ、過去の思い出のほかに話題が見つからない状態でもあったので、もうこのまま、離れていくのだろうなあと思っていたところでしたが、
 

十代の頃、この問いを、彼女と一緒にしみじみと不思議がったことを思い出しました。

 
ふいに転がり落ちた、ソウルジェムのようなその思い出を胸に、もう一度、彼女に連絡して見ようかと思っています。
 
 
 
 
あ、ところで「ソウルジェム」のことを、スピリチュアル系のなにか素敵な言葉だと思って検索されたら申し訳ありませんです。
あまりおおっぴらにしてませんが、この育児ブログ、オタク主婦のカテゴリーに参加してるんですよねえ。
さあ、
僕と契約して、オタク主婦になってよ!
(◕‿‿◕)
 
 
本日は、こんなところへご訪問ありがとうございます。

 
  何事のおはしますかは知らねども かたじけなさに涙こぼるる   西行

 
 
 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

« 重たい話@ほぼ日手帳カズン | トップページ | ちょっと主張したかっただけ。 »

」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事