フォト

他のアカウント

Twitter

にほんブログ村

  • にほんブログ村

楽天

  • 楽天
無料ブログはココログ

« こんなあんばいで使ってます@ほぼ日手帳カズン | トップページ | エアいいね!(仮称)の来た道。第1章 »

2014年1月25日 (土)

何だか何もかもがうまくいかない、と思ったときに試してみたこと…というタイトルでブログに書こうとしたら、本屋でほぼ一緒のタイトルを見つけてぎゃふん。

昨年末に、ちょっと「何だか何もかもがうまく回らない」と感じる期間がありまして。
そこから抜け出した方法を、書きたいなと思っているうちにめんげんで寝込み、忘れ、
先日書店で、あ、そうそう、こういうタイトルで書こうと思ってたのよーと……
 
そういう本が、すでにありました orz
ぎゃふん。
 
ええ、ぎゃふんはぎゃふんなのですけど、むしろ「何もかもうまくいかない」と感じる人は、相当数いるってことなんだなあということで、私はこんなことをしてみたんですよー、な話を、やっぱり書いておくのです。
以下の内容について、
「それって、その本に書いてあったのと同じですよ」
とご報告いただいたりなんかしたら、
「じゃあ効果があると裏づけされたようなものですね!」
わははわははと嬉しがるかと存じます。
 
 
【感謝はしていました、感謝は】

で、さて。
何度か書いていることですが、昨年摘出した甲状腺のしこり、悪性腫瘍でした。
 
詳細は、以前にも書いたかと存じますのではしょりますけども、要は、その「悪性だか良性だかなんだかわからない」しこりを、全摘出するに至ったいきさつが、たいへん幸運であったと私には感じられたのです。
 
何事かに生かされているのだなあ、ありがたいありがたい、と。
私は前世でよっぽどの功徳を積んだのではあるまいか、と。
呑気に、感謝しておりました。
 
うん、そう。
感謝は、してたんですよ、間違いなく。
 
それでも、
「前世で功徳を」
なんぞと呆けたことを言っていたように、私はそれを、「贈り物」としてはきちんと認識していなかったのだろうと思います。
 
 
【ソウルジェムからグリーフシードに】
読みやすいブログ記事を書くよう工夫してみよう、と【 】を使いだしたものの、数回目で遊びだしてしまって申し訳ありません。スル―をお勧めいたします。
 
【贈り物は、早く誰かにパスしないと呪いになる】
 
そんな具合に、「前世で功徳イェーイ」と人生の荒波にもボディボード持ち出しバチョバチョしておった日々、
あるとき気付くと、何だか……
 
あれ?
何だか、運が悪いなあ……
というか、
何だか、何をやっても、気持ちの良くない方向に向かってしまうなあ……
 
仕事でも、お友達関係も、家族のことも。
とても些細なことばかりなんですが、確実に、
「何をやっても」
うまくいかない。
 
子泣き爺のぬいぐるみでも背負ったような、気持ちの良くない日々に、ふと思い出したんです。
 
 
贈り物は、早く誰かにパスしないと、呪いになる
 
 
正確な引用ではないですが、内田樹氏の著書で読んだ言葉。贈与論、でしたか。
 
ぐは、と目が開いた、といいますか。
私が幸運だったのは、前世の功徳なんかじゃない、仮にそうであったとしても、受け取った幸運は贈り物であり、私はそれを、早く誰かに「パス」しなければいけなかった。忘れてた。
 
何事かにありがたいありがたいと感謝しているだけでは足りない。
幸運という贈り物を受けた私は、それを誰かにパスしなければいけない。
 
そうだ、これだったか、と思いました。
私が受け取った贈り物を、前世の功徳だえへへへへ、と抱え込んで誰にもパスしなかった。
そりゃあ、何をやっても何だか薄らうまくいかない日々が続くわけだよと。
 
 
ここらへんの理屈、なにを言ってんの??? とか、前にスピリチュアル苦手ーとか言ってなかったー? ……、とか思われかねないですが、私の拙い説明で誤解されるよりは、よろしかったら内田樹氏のブログで検索されるか著書にあたっていただけると嬉しいです。
ということにして、説明をはしょる。てへ。
 
  
 
【パスしなければ。でも誰に? 何を?】
 
受け取った幸運を、誰かにパスしなければ。
それは判った。
でも、誰に何を? どうやって?
 
私の受け取った幸運は、悪性腫瘍と診断がつかず半分だけ摘出するはずだった甲状腺を、諸々の事情が重なって全摘出することになった……そして摘出してみたら、摘出する予定ではなかった、つまり残す予定だった側の甲状腺も、悪性腫瘍であったという……
 
つまり、
 
ちょ、これって、幸運としては、でかくね!?
誰かにパスって、でかすぎてムリくね!?
 
改めて、おのれの幸運の大きさに、茫然として、途方に暮れてしまったのでした。
 
たとえていうなら、
あなたに突然、まったくの幸運から、一億円が贈られてきました。
ですが、それを速やかにほかの誰かに贈らないと、その一億円はあなたに呪いを運んできます。


ほーらー。
焦るでしょー。 
 
 
ま、とりあえずですね。
こんなときには「できることからコツコツと」。
まず、手元で明らかに淀んでいる「幸運」を返すことにしました。
 
簡単にいいますと、
 
返すのはいつでもいーよー、と言われて借りているものを、ちゃんと読んで、ちゃんと返した。
 
あ、待ってください。
その程度か、と石を投げないでください。
正直に言いますと、投げる石は十万石饅頭より秋田名物金萬の方が嬉しいんです。
ついでに言うなら、お返しするとき、ちょっとしたお菓子をつけてみたりもしました。
ちょっとした、というか、あの、その、柿の種の期間限定味とか、若い女性に大ヒット中!ブラックサンダーとか、ですけど。
だって好きなんだ。
 
 
え、それもさておき。
ほかには、
 
私が何か悪い事をしたような気がするんだけど、確信がもてないし相手も気付いてなかったようだし……と些細なことだけど気になっていた件について、謝った。
 
具体的には、コンタクトレンズの調子が悪い日が続いて、ちょうど目があった人を、睨むような目つきで見てしまった気がするんだけど……その後よそよそしくなった気もするし、そうでもない気もするし……
なんていうことを、
「そういえばこのあいだ私、コンタクトがずれて痛くて、たまたま通りかかったあなたをスゴイ目で見ちゃった気がするんだけど……いやー恥ずかしい、不愉快にさせてたらごめんなさい!」
という具合に。
えーそんなことないよー全然気付かなかったー、と言われ、ああ良かったシャンシャン、なのですが。
なんてな類似案件をほかにも。
 
 
それから、エア・いいね!を意識して積極的にするようにもなりました。
 
エア・いいね! とは?
ちょっと言葉が合ってないかなーと思いますが、暫定的に、そう呼んでおきます。
すれ違った人、電車の中の他人、とにかく視界に入った人で、
「あ、すてき」
と感じるところがあったら、心の中で、
「それ(バッグでも着こなしでも髪型でも仕草、ふるまい、なんでも)、すてきですね!」
と、念を送る……というと気味悪がられそうなので、その人にむかって「いいね!」をクリックするイメージを持っていただければ、近いかなと。 
 
これ、20年前からやっていることなんですが、当然その頃は「いいね!」なんてありませんので、エア・いいね!とは今名付けてみました。
なにか既存のものと被ってるようでしたらさっさと撤回しますです。
どうもこれはお布施にも繋がるらしいぞと最近気が付き、エア・いいね!に関しては、また改めて詳しく書くつもりです。
と、同じような事を言っておいて、ほぼ日手帳カズンのことを長らく書かなかったことは記憶に残っていますが、うん、次行きましょうか。次。
 
 
…………。
 
や、すいません。
次といっても、私が贈れたパスは、今のところ、以上、なんです。
せいぜい、エア・いいね!の発展版で、口に出して伝えられる相手なら口に出す、も意識している程度で。
そのネクタイいいね。わあ可愛いスカート。久しぶり~会えて嬉しいなあ!  とか。
20年もエア・いいね!をやってると、割とつるっとこういうことを素直に口に出せるようになるのですが、意識してないと、タイミングを失することの方が多いんですよね。
どかんと贈れる何かがまだ見つからず、少しずつだろうと、一生かかろうと、こんな些細なこつこつを続けることでしょう。
 
 
 
【気が付いたら、また受け取っていた】
 
そうして、ふと気付くと、
「何だか何もかもうまくいかない」は、どこかへ消え去っていました。
 
そして、弱ったことに、いや嬉しいんだけど、弱ったことに、
また、贈り物が。
 
一年ぶりくらいの人に偶然出会い、わあ嬉しいなあ、と立ち話して別れた数日後、その人がわざわざ訪ねてきてくれまして。
その人に貸したまま、もう諦めていた漫画本を、返しにきてくれたんです。
 
あ わ て ま し た よ ~ 。
 
や、嬉しいです。とても嬉しいんです。
が、ぎゃあ、悪性腫瘍の件だってまだパスできてなかろうに、まだ何事かは私に贈り物をくださるのかと。
 
幸いというか、その漫画本は買い直していたので、即、そちらを子どもの通う学童に進呈いたしました。
こ、これでこの件はパス完了のはず……。 
 

まあ、ご指摘を受けるまでもなく、こまかいことまで数えれば、誰もが日々、何かしらを受け取り、意識せぬまま、何かしらを誰かにパスしているのではと思います。
ですから、
「何だか何もかもうまくいかない」ときに私が試してみたこと、「誰かに何かを贈ること」、
というのは、本当にわざわざ「試してみた!」と書きあげるまでもない、些細なことです。
 
こうしてみると、この件について書くことを思い出させてくれたあの本と、
内容がかぶってたらどうしよう~、パクリとか言われたらどうしよう~、
とためらったのも、なんて私はおこがましいんだと恥じ入るばかりです。
このまま穴掘って入りたいくらいです。
 
 
 
 
…………だって、
 
 
 
 
オチが見つからないんだもん。
 
 
 
 
 
だってどうしようかこの空気!
なんかこう、ちょっと良い話をしちゃってませんか私!
やだ恥ずかしい!
 
え!?
別に良い話になんてなってませんか!?
ならいいんですけど!(ちょっとハンカチ噛みしめながら

 
 

やあ、なんかこう、良い人ぶったこと書いちゃったあとは、次に書く記事では生来の毒が出やすいのですよどうしましょう。
もちろん冷えとりとは関係ない毒ですけども。
 
あ、待って。
ハートウォーミーな話で心が暖められたおかげで、めんげんの毒が出てくれるのかな!?
あ、待って。
石を投げるなら秋田名物金萬でお願いしますってさっき書いたじゃないスか。金萬じゃあ石じゃないけど。


 
ともかくも、次は「エア・いいね!」の詳細か、この記事を書くきっかけをくれた本のレビューか、あるいは、
 
冷えとりに対する毒を吐くのではないかと思います。
ひーぶるぶる。
 
 
 
本日もオチのないこんなところへご訪問まことにありがとうございます。
不調法をいたしました。何とぞご勘弁を。
あ、この場合、「も」は「ご訪問」ではなくて「オチのない」にかけています。



    何事のおはしますかは知らねどもかたじけなさに涙こぼるる      西行






ブログランキング・にほんブログ村へ

« こんなあんばいで使ってます@ほぼ日手帳カズン | トップページ | エアいいね!(仮称)の来た道。第1章 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

甲状腺」カテゴリの記事