フォト

他のアカウント

Twitter

にほんブログ村

  • にほんブログ村

楽天

  • 楽天
無料ブログはココログ

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月の10件の投稿

2014年3月27日 (木)

ときめきの曲げわっぱ弁当箱。ウレタン塗装内側無塗装編

先日の記事で書きました内容の一部、曲げわっぱ弁当箱の話です。
あらかじめお断りしておきますと、

・黒ずみとか、気にしない性格です。
・元々お弁当は、おかず全乗っけ弁なので、汁漏れ対策話はなにもありません。
・出身が秋田なので、大館曲げわっぱにそれなりの思い入れがあります。
・個人の感想であり曲げわっぱの効能を保証するものではありません。(効能?)

え、さて。

大館曲げわっぱの弁当箱がほしい、と検索してみて、最初に「うほっ」となったのは、こちらでした。

柴田慶信商店

洗うときは、たわしでごしごし、とか、連続使用せずに2個用意して交互に使うと良い、なんていう情報はこちらから。

それと、たいがいの曲げわっぱ商品はウレタン塗装されているらしい、ということも。

無塗装……うっとり……というのも、こちらから。 

ここの曲げわっぱ弁当箱がほしい~

と、強烈に思ったのですが、この時はどうしてもネットで購入できるサイトが見つからず、
行けそうな取扱店舗に電話で問い合わせてみることも考えましたが、
この手の情報って古かったりして、電話してみたら、
「は?」
なんて、あり得るなあ、と思って二の足踏みました。
「曲げわっぱ? うちはシャレオツなお品しか扱ってませんけど~?」
とか言われたりしてな。な。(ネガティブ)

 

そこで、楽天で見つけたこちら。

曲げわっぱ 弁当箱 小判(小) 栗久

曲げわっぱ 弁当箱 小判(小) 栗久
価格:9,450円(税5%込、送料別)

これだと、外側はウレタン塗装ですけど、ご飯にふれる内側は無塗装。
別の型ので、塗料の匂いがちょっと気になる、というレビューもあったので、ちょっと迷いましたが、ポチッと。
 
届いて、手にして、まず思ったのは、
 
軽っ
ちょ、なにこれ軽っ!
 
そして杉の匂い。
うん、私は良い匂いだと思うけど、ひとによっては、あんまり好きではないかもですね。
塗装の匂いは、感じませんでしたが、もしかしてこの杉の匂いが苦手なひとなら、これを塗装の匂いと思うかも。
 
そして使ってみたらば、
 
なにこれいつもの茶色い弁当が美味しそうに見える!
 
そして、エコたわしで洗ってみたらば、
 
あれ?
わりと乾くの早いんじゃないの?
 
少なくとも、2個用意して交互に使わなくちゃいけない感はないです。
まあ最初から、昔からあるものならそんな大事大事~に使ってたはずがなかろうもん、と、もう1個買うつもりはなかったんですが。
 
あのう、
ウレタン塗装って、すごく……つるつるしてるんですね。
 
で、私、
 
ものすごく……てぼすけ、なんです。
語感で察してくださると嬉しい。
 
食べてるときも洗うときも、とにかく扱うたびに、
 
つるっと。
 
取り落としそうになるんですよねえ……。
 
軽くてつるつるしてるから、ものすごく滑る。
 
 
それで、
 
無塗装だったら……きっと、こんなことないんじゃないかなあ……。
 
なんていう思いが、浮かんできてしまいましてね。
 
 
で、当初の、柴田慶信商店の弁当箱を、
 
いまどきネットで買えないなんてこたねえべした!
なあ!?
 
と、鼻息荒くして、もう一度しつこく検索をし、ようやく見つけたんです。
 
こちらの話は、また次回。
 
 
 
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事:

2014年5月 7日 (水)びしょっとさせて、美味しい@曲げわっぱ弁当箱

2014年4月16日 (水)ときめきの曲げわっぱ弁当箱。ほんの少しその後編

2014年4月 9日 (水)ときめきの曲げわっぱ弁当箱。無塗装編

2014年3月22日 (土)断捨離から曲げわっぱに至りました。

2014年3月22日 (土)

断捨離から曲げわっぱに至りました。

せっかく三連休ですので、ちょっといつも以上にだらっと長文でいこうと思います。
何卒ご容赦。

断捨離に出会ってから、流れ流れて曲げわっぱの弁当箱を使うに至りました。

 
 

【断捨離からときめく片づけへ】

何年も前のことですが、『断捨離セラピー』をきっかけに、断捨離にはまりました。


……なにかこう、ラクになる方法を模索していた時期だったのだと思います。
まあ今でも everyday,aren't you MOSAKU? ではありますけんど。
 
なるほど! と膝を打ち、何度も読み返したものの、
具体的になにをどう実践したらよいのか、手を付けかねて、
さらに色々と関連本、と言いますか、を読みあさっていたらば、
 
ところどころにさしはさまれるポエムに、ついていけなくなりました。

ああ……
片付けたい。片付かない。

あのポエミーさになじめないだけで、断捨離の考え方そのものには何度も膝を打ったのに……

そう、出会うのがもう少し遅ければ、そのポエミーっぷりにだって、
む しろオギワラくんに 「キミが太陽、ボクが月」 とか言って、えへらえへらとお付き合いできたんじゃないかと今は思うんですがね。
わざわざ読み切り版の黒子を持ち出すあたり、以前に育児ブログなんだからオタ臭は封印しようと誓ったあの日がもう他人の思い出のようです。
あらいやですわ、こんな私にも「……ホクロのバスケ?」なんていう時期があったんですのよ奥様。

ええ、まあとにかく断捨離の考え方そのものには深く納得できたんです。

ですので、なんとかしたいなあという、もぞもぞした気分のところへ、『人生がときめく片づけの魔法』に出会いまし た。



やりましたよー。

実を言うと、まだ終わったとは言い難いのですが、やりましたよー。
服の山、本の山はそれぞれ1日ずつ休暇を取って、リビングに積み上げました。
どこにこんなに詰め込まれてたんだ、と笑ってしまうくらい、壮観でした。
あ、まあ本に関しては、想定範囲内ではありましたけど。
リビングに次々と積み上がっていくダークタワーに、一基、二基、三基……と、もはや冊数でカウントできる気がしなかったので、結局のところ蔵書は何冊だったのか、わかりません。


その主軸でありましょう「ときめきを基準に」には、ネットをうろうろしてると時々、
「ときめき? は? (笑)」的なコメントを見かけますが、私が結構すんなり受け入れられたのは、断捨離で、物と向き合う、という考え方に納得していたからでしょう。
ありがとう、と捨てる服をハグするのも、まったく違和感なくできた。

 
【ときめく片付けからかぎ針編みへ】

きっかけは多分、カタログを見ていて
「エコたわし? 洗剤がいらない? へえ~、 でも高いなあ」
であったと思います。
 
昔流行った、アクリル毛糸で編むやつでしょ?
まだこうして売ってるということは、それなりに使えるものだったということでしょ?
とネットで編み方を検索したらば、フレンチクルーラー型のエコたわしが。

 

これがね。

すったげ、


 
か   わ   え   え   。
 

もうぜひ「エコたわし フレンチクルーラー」で検索してみてください。
編み図も見つかります。

 

ミスドスキーですので、そりゃもう一瞬でつむじの真ん中までぽわーんとなり、編み図を検索して調べ、アクリル毛糸を買い、かぎ針を買い、せっせと編みました。

 

別の記事にしますが、編み物って育児の合間の趣味としては実に楽しい。
成果の見えない育児という仕事の息抜きに、やればやっただけ成果の見える編み物は、とても癒されました。

 

実際のところ、エコたわしとしては、フレンチクルーラー型は使いにくかったです。
けども子供のおままごと遊び用には良い感じ。
たくさん編んだので、子供が通う保育園で受け取ってもらえないかと考えているところです。

さておき。 もともと編み物は好きで、棒針をたくさん持っていました。
が、ときめく片付けで、全部処分していました。

棒針編みは、雑な性格の私には、通勤電車で編むのはもうしんどい。
バッグのなかで何かにひっかかって、編み針を力任せにひっぱって、抜けどめのゴムごとスポーンと編み地が抜けたことは数知れず。

けども、かぎ針編みは、どこに針をいれるのか全っ然わからない、
という理由で、棒針ひとすじだったんです。

それでも、もう何を編んだか思い出せない棒針たち、情けない思い出しか浮かばない、ときめかない棒針たちには、さよならしたのでした。
そう、パスタでいうと、2人前くらいあったと思います。
本数じゃないですよ、鍋にいれる前に握ったときの束感ですよ。

もしも、棒針にさよならしていなかったら、
フレンチクルーラー型のエコたわしを編もう、と思い立ったとき、かぎ針に手を出せなかったと思います。

だって棒針がパスタ2人前あるんですよ。
いや本数じゃないですってば。
とにかくこんなにあるんだし、苦手だったかぎ針をわざわざ買わなくたって、なんとか棒針で編めないかな?
……なんてやって、十中八九うまくいかずに、棒針に残念な思い出をさらに増やして、ため息ついて、また仕舞い込んだことでしょう。

しかし、棒針は、もうない。
そして今は、youtubeで編み方の動画が見られるんですね。
手編み本の図ではまったく理解できなかったかぎ針の編み方が、おかげでよくわかりまし た。

ほいほいと最寄りの手芸店でかぎ針とアクリル毛糸を購入、 フレンチクルーラー型のエコたわしを40個くらい、気が済むまで編んだあとは、
かぎ針編み、で検索するうち見つけた靴下の編み図で冷えとり用にウール100%を2足編み、さらに、
昔好きだったアラン模様がかぎ針でも編めるとな!?
と手を出したとこ ろで、通勤電車で編み物をするにはちょっとあたたかすぎる季節になりました。
 
 
【かぎ針編みから曲げわっぱ弁当箱へ】

ところでだいぶ前から、夕飯の残り物を翌日のお弁当にしています。
これが子供の食べムラに対するストレス軽減にとても良い。
というのはまた別の記事で書くことにしまして。

お弁当が当たり前になったので、今度はむらむらと、秋田名物大館曲げわっぱの弁当箱が、ほしくなったのです。
ええ、郷土愛が定期的に燃え上がるクセがあります。

これまでは、その「燃え上がれ郷土愛」月間でなまはげキーホルダー(リアルなやつ)をケータイにぶら下げてたり、角館の樺細工のお盆をそろえたり。

そして今度は大館曲げわっぱです。
秋田名物はづもりはだはだです。
男鹿でオガブリコです。
秋田音頭です。
コイ、キタカサッサ。
 
ああ、いえ、ほら、転勤で秋田を離れ、結婚で新しく家族なんてものを築くのに四苦八苦するう ち、
むしょーに、生まれ故郷の品物を、その生活の端々に配置しておきたいという欲求が、生まれたのだと思います。

 
けども、曲げわっぱは育った家でも使っていなかったし、やはりなんだか、
 
お手入れが大変そう……
ただでさえ育児で手が回らず悲しい思いをしているのに、このうえ手間がかかるものを買うだなんて……
子供たちに手がかからなくなったら買おうかなあ……

なんて思いながら、ネットで検索し、良さそうなお店のお手入れ方法ぺージなんかを読んでおりましたらば、
 
「洗剤を使わず、たわしでごしごし洗う」
と、ある。
 

む?
なんだか最近聞いたことがあるフレーズではありませんか、洗剤を使わず、たわ し、だなんて。
 
 
…………。
 
 
………………………。
 
 
………………………………………………………………。

 
 
 
Oh! ECO−TAWASHIがあるジャないカ!
 

 
うん、なんでかカタコトになるくらい、大興奮。
 

フレンチクルーラー型は、すみずみまで洗えず、食器洗いには向かないなあと、最初に手がゆるくてでかくなりすぎたやつをお風呂掃除用に使っているくらいでした。
それでもう、エコたわしを編もうという当初の目的はすっかり忘れてたんですけども。
 
そうか、このためだったのか!
と鼻息荒くなりました。
細かいところまで洗えそうな、葉っぱ型の編み図を探して、編みました。

そして、
曲げわっぱ弁当箱、ポチッとしました。

曲げわっぱ 弁当箱 小判(小) 栗久

曲げわっぱ 弁当箱 小判(小) 栗久
価格:9,450円(税5%込、送料別)

まだ使い始めて1ヶ月もたっていませんが、
残り物ばかりの茶色いお弁当、
思春期だったらフタ明け2秒で閉めて号泣するツラがまえのお弁当は、
今や何だか、ご自慢のお弁当ヅラして私の昼の30分でツヤテカしてます。

あんまり気分が良くて、無塗装のやつをも一個買いました。
そのあたりの話、曲げわっぱの使い心地やお手入れ方法などはまた別の記事で。

 

……ああ、 もしもあの日あの時あの場所で断捨離に出会わなかったら
(いつどこで出会ったか覚えて ないけど)、

ときめく片づけで「もう棒針にはときめかない」と手放すこともなく、

かぎ針編みにチャレンジすることもなく、

なあんだエコたわしでお手入れすればいいんじゃ~ん、

とお気楽気分で曲げわっぱ弁当箱をポチッと購入することもなく、

電子レンジ食洗機対応を理由に買ったんだけどパッキンの留め具にひび入って汁漏れ注意状態になっちゃった弁当箱を、
今も使っていたことでしょう。
 

出会ってきた皆様に感謝を。

出会わせてくれた何事かに感謝を。

記事の途中で「別の記事で書きますが~」とした件について、
ちゃんと近日中に記事にできますように、
何事かに、
祈願を。(神頼み)
 
 
本日はご訪問ありがとうございます。
曲げわっぱのことはですね、ホント早く書きたいんだ。
みんなもっと曲げわっぱをがんがん使うといいよ。
 

ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事:

2014年5月 7日 (水)びしょっとさせて、美味しい@曲げわっぱ弁当箱

2014年4月16日 (水)ときめきの曲げわっぱ弁当箱。ほんの少しその後編

2014年4月 9日 (水)ときめきの曲げわっぱ弁当箱。無塗装編

2014年3月27日 (木)ときめきの曲げわっぱ弁当箱。ウレタン塗装内側無塗装編

2014年3月17日 (月)

毎日がWJ発売日だったら……荷物が増える。

ここ最近の当ブログ記事を読み返して気付いたんですけども、
 
 
脂 っ こ い 記 事 で す ね ~~~~。
 
 
なんと言いますか、あの、読んでて胃もたれがしました。
すいません、せっかく訪問してくださった皆様に、こんな揚げ物ばかりお出しして……しかも生煮えな話ばかりだし。
 
 
こんな話ばかりじゃあれですから、ええと、軽く、どうでもいい話をいたします。
 
 
ほぼ日手帳カズン、4月から2年目になります。

重い重たいと文句たれながら、なんだかんだで来年度もカズンを買いました。

だってね、毎週月曜日は週刊少年ジャンプを小脇に抱えて出勤する私ですもの。
 
毎日がジャンプ発売日だと思えば、軽い軽い!
 
 
 
…………軽……い……
 
 
あの、言っといて何なんですけど、
 
それはねえな、

と思いました。

ところで今日は月曜日ですので、バッグにはカズンと週刊少年ジャンプが入ってます。
 
軽い軽い!(自己催眠)
 
 
本日はこんな箸休めにもならないところへご訪問ありがとうございます。
不調法をいたしました。 

ブログランキング・にほんブログ村へ

追記

どうも、その、週刊少年ジャンプの持ちごたえが、カズンよりだいぶ軽い気がしてですね。
念のため確認してみました。

週刊少年ジャンプ:おおむね700グラム

ほぼ日手帳カズン(カバーはジッパーズ。ノート、ペン、切手や付箋紙等を含む):
1000グラム以上なのは間違いない。


はい、ええ、つまりその……家にあるキッチンスケールで計ったら、1000グラムまでしか対応してなくてですね。

エラーになるんですわ。

「1005」までは見届けましたが、あとエラー表示に。

カズン本体のみなら、500グラムを切るはずなんだぜ……ふふ……。

2014年3月15日 (土)

「悩みのるつぼ」の回答編

前回の「考えてみた」から回答編まで一週間あけてしまいました。
岡田氏メルマガから回答部分の転載は下の方で。
 
さて。
 
ああ~~~、そうだった。
 
「気にするな、と言っちゃいけない」
 
そう、それは分かってたつもりなんです。
それまでの悩みを否定することになっちゃうから。
気にするな、て言われると、心がささくれ立ってるときは、
「は? 気にしてる私がバカだっていうんですか!?」
と思っちゃうんですよね。
 
んで、まあ私としては、これまで苦しんだことをせめて否定はしないまま、
こう考えてみたら、ちょっとは気が楽にならない?
という回答を考えたのでした。
 
そして岡田氏の回答、ものすっごい実践向け。
うわあ、私にゃその発想は出てこなかった~、という。
 
悪口を言う側の心理を明らかにしつつ、
楽しい高校生活のために、
その輪に入ってなおかつプライドを保持しつつうまくふるまう術を、
書かれています。
 
願わくば質問者の彼女に氏の言葉が届いて、楽しかったと思い出せる高校生活をおくれますように。
 
 
で、さて。
 
さてですね。
 
ここで終われば、
いや~、岡田氏って、やっぱり素晴らしいですね!
というファンレター記事で済むんですが、
 
以下は、自分語りな蛇足であります。
 
 
 
私自身は、回答を読んでいて、途中で「あへっ?」とコケました。
下の回答からちょっと引っ張ってきますが、
 
《 さて、もしあなたが今の生き方を貫き通したら、私と同じ未来が待ってますよ。》
  
私はここで、うわーいマジで? やったー!
と思ったんです。
 
ほら、質問者に共感してしまってたので、なんかこう、あのう、ほら、「先生~」と仰ぎ見ている方から、「私と同じ未来が待ってますよ」なんて言われたら、嬉しいじゃないすか。
 
ところがすぐ次の行で、
 
《それ、イヤでしょ?(笑) 》
 

ええええ?
という。
 
いや、よく読み返せば、同じ未来というのは、
岡田センセのようになれる、というのではなく、
誉められるの10倍、悪口を言われる未来、
ということを指してるんだなと分かるわけですが。
 
おそらく15歳の私は、岡田氏の回答を受け入れられないでしょう。
 
岡田氏は、
彼女は孤立したいんじゃなくて楽しく友達を作りたいんだ、
とメルマガに書いていますが、
私(15)の心の底では確かにそうであっても、
あんな連中の仲間になるくらいなら孤立して結構だ、
と居直るんじゃないかな。
 
このへんは、質問者が15歳の私であるかのような気分で書いてますよ念のため。
質問者の彼女がそうであろうという話ではありません。
あらいやだ現在の私が15歳だなんてことも言ってませんよ投げる石は秋田名物金萬にしてくださいって再三お願いしあqwせdrftgyふじこlp
 
 
 
……さ、一度やってみたかったことをやや違う箇所でやっちゃったところで仕切り直しましてですね、
 

 
もしも15歳の時に岡田氏のような方にうひょー先生! してたらば、あるいは「本心を見つけてくれた」と感じて、心の枷を外していけるだろうか。そう、
頼む……誰か僕らを見つけてくれ……
……というベルトルさんの台詞はさておき、若さって、自分自身をがんじがらめにする、て最近どこかで読んだなあ、と思い出しました。ほぼ日手帳かしら。
  
若さゆえではなくとも、ひとは時々、それが最善策ではなくても、周囲に愚かと言われても、
自分の思いに従って行動したい、
という時があるように感じます。
それが、ここで発動しちゃうんじゃないかなあ、15歳の私。
 
そうふるまえたらどんなにいいか、と部屋で泣きながら、
そんなら友達なんていなくていい、と学校では拳をかためるんだと思います。
重ねて申し上げますが、15歳の頃の私なら、ですよ。
  
 
できれば、質問者の彼女には、岡田氏の言葉がすとんと腑に落ちて、笑いあえる友達のいる高校生活になりますように。
 
 
 
そしてこれこそ蛇足でしょうが、
 
 
そんな15歳であった今40歳の私であっても、

幸せだなあと思うことが、年を重ねるごとに増えていってるよ。
 
 
なんてちょっと打ち明けておく。
 
 
無駄に悪ふざけをはさみすぎました。気恥かしかったんだ。
何卒ご容赦くださいませ。 

 
本日はご訪問ありがとうございます。
以下から、岡田氏のメルマガから回答編を転載です。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
メルマガ転載ここから
************************************
回答:岡田斗司夫
友達や仲間を作るには、
1.共通の目標を作る。
2.共通の敵を作る。
1.は簡単。試合や発表など共通の目標があると、すぐに仲良くなれますよね?
しかしメンバーに「共通の目標」を持ってくれない人がいると、周囲は不安になって引き込もうとします。独りだけ卒業式に出ないと言い出すだけで、友達は大慌てです。
「共通の目標」から外れてしまう仲間がいると、人は不安になるんですよ。
2.も同様。学生は先生の悪口で盛り上がって徐々に「仲間」を作ります。てっとりばやく仲良くなるための道具だから、結果的に大多数の人は悪口に参加します。
すると「共通の目標」と同じ現象が起きます。悪口という共通行為に仲間入りしないと、参加者たちは不安になるんです。
悪口は、それ自体は悪意のない場合が多い。
でも参加してくれない人がいたら、自分たちがやってることが急に薄汚く、みっともないことに思えます。無いはずの「悪意」まであるような気がする。
悪口に参加してくれないあなたが、彼らに罪悪感を与えてしまってるんです。
ためしに私の名前をネットで検索してみてください。
誉めてくれている件数の10倍、悪口があふれています(笑)
でも、そういう人たちは私やあなたの悪口を言うことで、周囲との関係を作ろうとしてるんです。個別に話してみると、別にイヤな人でもなんでもありません。単に「誰かと繋がろう」としている、普通の弱い人間です。
そう気付いてから、私は悪口を言われるのもOKになりました。
誰かの繋がりの役に立ってるなら、私がガマンすればいいじゃないか、と。
さて、もしあなたが今の生き方を貫き通したら、私と同じ未来が待ってますよ。
それ、イヤでしょ?(笑)
楽しい高校生活に参加するなら、彼らの仲間に入るべきです。
でも悪口の輪に参加したら、「自分の悪口」を言ってみましょう。これなら誰も傷つけません。
悪口を言われて傷ついてる人がいたら仲間に入れ、「自分の悪口」か「悪意のない悪口」で仲よくなりましょう。
「自分の悪口」や「悪意のない悪口」のことを冗談、と言います。
あなたが怖れている「悪口の世界」とは、逆方向から光を当てると「互いに冗談ばかり言ってる、笑いが絶えない世界」にもなります。
それはあなた次第。
楽しい高校生活、応援しています。
************************************
いかがでしたか?
僕が気をつけたのは、まず「彼女の気持ちを否定しない」です。
悪口を言われて腹が立った。傷ついた。
そんな人に「気にするな」と言っちゃダメです。
そんな解法は、もう何百回も彼女自身が考えているはず。
悪口を言う人を否定するのもダメ。
彼女は孤立したいんじゃない。
楽しく友達を作りたいんです。
そのためには、彼女の「居場所」を作る必要があります。
その居場所とは、「人の悪口を言うのが楽しい」という、弱くて平凡な、普通のヒトの中にあるはずです。
僕の考えた筋道は、以上のごとしです。
みなさんの考えた回答は、どんなのだったのかな?
じゃあ、また明日。バイバイ!
メルマガ転載ここまで
 
 

2014年3月 9日 (日)

「悩みのるつぼ」に、おいらも月並みに考えてみた。

岡田斗司夫氏にかぶれています。
毎度のことですがお肌の話ではありません。
や、冷えとり話じゃないからこの注釈はいらんですね。
 
ええと、そんなわけで岡田氏のメルマガを購読しておりまして、日付的にはもう昨日、
内容は、朝日新聞土曜版の人生コーナーでの相談でした。
メルマガ内容はURL明記で転載可とのことですので、後ろの方にコピペしておきます。
 
朝日新聞をとってる方には、もう岡田氏がどんな回答をされたのかご存知なのでしょうけんど、うちはとってないもんですから、回答編が送られてくる前に、ちょっと自分でも考えてみました。
 
や、考えてみましたなんて、うそですね。
自分も中学生の頃、いや、20代半ばまで苦しんでいた話だから、何か語りたくて仕方がなくなってしまっただけです。
相談内容は下記転載を見ていただくことにしまして。
できれば、岡田氏ならどう答えるかな~、も踏まえて、しかも新聞の回答欄におさまる字数で書けたらベストなんですけども、そこはもう、ブログなんでいいや、と言い訳しつつ、私の月並みな回答を。
あいもかわらず長文で。
 
 
【悪口を言われないためには→悪口を、言われなくなることは多分ないけど、聞こえてこなくなることは、ある】
 
これはもう、聞こえてこないので今現在言われてるかどうか知る由もないから、果たして悪口を言われなくなるなんて事態がありうるのかわからないんですけども。
 
結局「気にするな」という回答か、となってしまうんでしょうが、まあ待ってください。
気にするだけくたびれ損、と言われて、
そっか~、と納得できるはずもないのは、中学生だったことがあるから知ってます。
 
私がそういう考え方に納得できるようになったのは、まずは相談者の彼女のように、
「悪口を言われる筋合いはない」
と思い続けていたからです。
 
や、白状しますと、努力はしていたけれど、ひとから見れば、いくらでも悪口言われる「筋合い」なんてものは存在していたと思いますよ?
いわゆる「オタク」でイメージされるまんまの女子中学生であったと思うし、そうでなかったとしても、実の親に育てられていない、というだけで、悪口の対象にはなりえたと思います。
それでも、そんな筋合いはねえぞ、と思っていた。
 
社会人になってから、一番理不尽だと感じた悪口は、
夜間大学に通いやがって、
というものでした。
でもこの理不尽さが、むしろ「気にしてもしょうがないんだ」と確信するきっかけにはなった。
 
これはですね、社会人枠で入学したので、社会人枠制度そのものを勘違いした、
税金で授業料その他を免除してもらっているんだろう税金ドロボーめ、
という悪口に関しては、完全な誤解ですから、なに言ってやがるバーカバーカ、で済むんですけど。
そのために仕事がおろそかになっている云々という言いがかりでもなく、ただひたすら、
夜間大学に通っていることが気に食わない、
という人間が存在する、という理不尽。
 
その悪口を言っているひとが、高卒で、どうやら学歴コンプレックスをもっていると知ったとき、やや腑に落ちたのでした。
 
働きながら大学に通っている私の存在は、彼の、
「もう働いているから大学にはいけない」とか、「学費が払えなかったから」大学に行けない、
という言い訳を奪う。「学力」云々でさえ、社会人枠は面接のみだったので、言い訳にできなくなる。
私は存在するだけで、彼の、「俺も大学行きたかったけどさ~色々あってさ~」と酒でも飲みながら笑って話す機会を奪う。
私という存在そのものが、
「大学に行きたいなら行けばいいじゃん? ほら、行ってるやつ、いるじゃん?」
と彼を追いつめる。
私自身は、彼が高卒だなんて知りもしなかったのに。
 
ちなみに学費が払えないので進学を諦めたのは私の話ですけど。
就職したらば私名義で借金ができるので、それで入学金授業料その他をまかなったんですが、そのへんの話はまたいずれ。
 
まあそれで納得したわけではないんです。
ただ、私が悪いわけではなくても、そのひとにとって悪しき存在ってもんにはなるんだな、と理解しただけで。
 
それからしばらくして、ほぼ日の、「おとなの小論文教室。」で、確かこんな記事を読んだのでした。
 

頑張っている、というだけで、誰かにとっての攻撃になりうる。

 
正確な引用ではないですが、確かそういう内容。
努力している、というだけで、努力したいけど努力するスタミナが足りない人にとっては、憎しみの対象になりうる。
何故かって、
努力しているひとの姿は、ただそれだけで、努力したいけど努力していない自分を責めているように感じられるんですよね。
 
それはちょうど、中学の時のたいへん美しい同級生が、もっさりした私を嘲笑していると思っていたのに、
私はそう思い込んでいたのに、
なにかの拍子に、ちっともそうではなかったと知らされたときの、
私のことを、むしろ「容姿に関係なく接してくれる」数少ない存在だと思っていてくれたと知った時の、
あの時の驚きと裏返しのことでした。
 
頑張っている、それそのものが、誰かにとっては「自分を攻撃している」と感じられる姿になる。
輝いている、という姿そのものが、「私はダサい」とコンプレックスをもっていた私には、私を嘲笑っている姿に見えた。
 
攻撃されたから、嘲笑されたから、私は被害者だから、
攻撃しかえしたって、筋が通ってるでしょ?
 
……という、
悪口を言うひとがみな、そういう思考の筋道をとおって悪口を正当化している、
とは思いませんが、
おそらくは、悪口を言う資格が自分にはある、と信じて疑わないから言えるのじゃないかしらん。
そしてその資格とは、
だって向こうが先に攻撃してきたんだし、
というものではなかろうか、と思うのです。
 
毎度のことですが、話がとっちらかってきました。
仕切り直して、整理を試みますよ。
 
 
【きっとあなたは悪くない P】
 
や、「プロデューサー」のPじゃなく、オトナ語のPですよ。
ペンディング、保留マークをつけとこう、という意味でのP。

 
え、さて。
そういうわけで、悪口を言うのって、言う側がどう感じているか、が源なのだと思っています。
何故そう感じるか、には、
その人自身の生育歴、環境やら主義、趣味、学歴、恋愛経験、職業、
色んなファクターが関わっていて、本人にとっても、
何故そう感じるのか? なんて問われても、
深~く自己分析でもしない限り、さっくり返事ができるようなものではないんじゃないかって。
いや、さっくり返事ができる内容だったらそれは、
「だってあいつが悪いんだもん」
になっちゃうでしょう。
 
 
だからそのう……
 
 
どうしようも、なくね?
 
私自身に何らかの原因があるにしても、
それが相手の悪口ポイントにヒットするかどうかは、
やっぱり相手しだいなんだとしたら、
 
自分をかえりみて、
ああ、ここは自分でもどうにかしたいな、
という所なら、どうにかするよう頑張ってはみるけど、
 
中学の頃の私でいうなら、
キャプテン翼とデフ・レパードと西村寿行が好きで、カルロストシキ誰それ? 光GENJI? 興味ないなあ、
であることについては、
それについてとやかく言われても、
どうしようもないし、どうもしたくない。

ただ、「P」をつけたのは、
そういうことに関して、
「ヒカルゲンジ~? 若菜は面白いけど雨夜の品定めあたりはどうかと思うな~」
なんてこと言ってたら、
そりゃまあそのう、悪口言われてもしょうがない。
知らないうちに、うっかりそういう態度をとってたんなら、悪かったし、そりゃあ憎まれるよなあ。
 
絶対に自分に非は無い、
と思いきるのもどうかな、
それはきっと、自分の成長の機会を奪うだろうな、
という点で、
きっと悪くないと思うけど保留ね、
というPなのでした。
 
それにつけてもさっきの「若菜」云々は、
私が若菜の面白さに開眼したのは30歳過ぎてからなのでフィクションなんだけど、
そんなこと言ってたら確かにヤな奴だよな~。


 
で、全然まとまらないまま、相談内容にようやく戻ってみますけど。
 
相談者の彼女に私がなにか言えることがあるとしたら、
 
そういう頑張ってる姿、凛とした姿勢が気に食わないってひともいるんだよねえ。
けど、頑張ってる自分、好きでしょ?
けど、悪口言ってくる連中に、心乱されてはらわたにえくりかえしちゃってる自分のことは、あんまり好きじゃないんじゃない?
で、悪口言うひとがいるせいで、好きになれない自分が現れる、と感じているのじゃないかしらん。
多分、悪口言うひとも、頑張ってるあなたがいるせいで、頑張ってない自分を好きになれない、と腹をたてているんじゃないかしらん。
 
あれ、うーん。
じゃあどうしろっていうんだと言われたら、
どうしようもないねえ、
弱ったねえ、
と首をひねるしかない回答ですねこりゃ。

 
あ、そうか、どうしようもないって言ってたな、私、自分で。
きっとこれ、どうしようもない悩みなんです。
ただ、ちょっとでも気持ちが軽くなればそれでいいんじゃないかしらん。
そういうことを、伝えられたらきっと、うーん、きっと……、なんだろうな、
伝えられたら、伝わったなら、私は、嬉しいなあ。
私自身が、嬉しくて、ちょっと、救われた気持ちになってしまうかもしれない。
 
だから、こういう悩みを、新聞に投稿してくれたあなたに、感謝を。
こういう悩みをとりあげて、メルマガに転載してくれた岡田氏に、感謝を。
夜間大学に通っているからと、私をいじめぬいたあなにたも、今は感謝を。
ん、いまちょっと偽善者モード入った☆
 
 
そういえば岡田氏は、
悩みを解決するんじゃなくて、ほんの少し軽くする、
なんてことをおっさってた気がします。
だらだら書きましたが、なんとかそのあたりへ着地したでしょうか。
読んでくださったあなたしだいで、ここからは、私にはどうしようもないことですが。
 
本日はご訪問ありがとうございます。
以下から、岡田氏のメルマガ一部転載です。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
メルマガ転載ここから
http://www.mag2.com/m/0001148694.html
---------------------------
「悩みのるつぼ」~【悪口を言われないためには】(回答編は明日)
---------------------------
おはよう! 岡田斗司夫です。
今日のテーマは
土曜・・・恋愛と人生パーティー
です!
朝日新聞土曜版の人生相談コーナー、「悩みのるつぼ」。
今日の担当は僕です。
今朝の朝刊に載った相談文をそのまま転載します。
************************************
相談【悪口を言われないためには】
 15歳、女性です。現在中学3年生です。
 これまでずっと腑におちないことがあります。
 私は人に不満を抱いても、家族に愚痴を言ったり、順序立てて話をするようにしてきました。
 ですが、幼稚園児のころから他人に悪口や陰口を言われています。
 確かに昔は今より静かで人付き合いも悪く、周囲からの印象も良くなかったかもしれません。
 しかし、小学校4年生のときに転校したのを機に、努めて明るくし、ユーモアをもって話をすることもできるようになりました。
 しかし、それでも他人からあることないこと悪く言われます。
 他人を傷つけると、自分にかえってくると思い、嫌な仕打ちを受けても知らないふりをして自然に接して来ました。
 ですが、私ばかり嫌な思いをして、相手は何とも思わないことにとても腹が立ちます。
 それに、そんな人たちが楽しく毎日を過ごし、これから幸せになるのかと思うと、はらわたが煮えくりかえるようです。
 私は一生懸命勉強もしているし、容姿も人並みですし、部活動やその他のことも頑張ってきました。
 正直、悪口を言われる筋合いはないと思うのです。
 春から高校生ですし、他人から悪口など言われない、楽しい高校生活を謳歌したいです。
 どうしたら悪口を言われないのか、言われたらどうすればいいのか、是非教えて頂きたいです。
************************************
いかがですか?
すぐに思いつく回答は、いくつかのパターンがあると思います。
「気にするな」
「いつか見返してやれ」
などが、すぐに思いつく回答です。
でも、もう少し考えてみましょう。
さて、みなさんならどう答えるでしょうか?
僕の回答は今朝発売の朝日新聞に載ってますが、このメルマガで明日の朝、送ります。
みなさんも明日まで24時間、クイズだと思って考えてみましょう。
じゃあ、また明日。バイバイ!
メルマガ転載ここまで
 
 
今気付いたし長くなったんでもう追求はしませんが、
そういえば、そもそもなんで悪口って聞こえてくるんですっけ?
何となくわかるよ、
というのが中学の頃の私の返事ですが。
何となくわかってたつもりだったのに、そうでなかったこともあったわけで。
うーん。
……なんて考えてたら、あと3時間くらいで回答編が送られてくる時間じゃないか。

2014年3月 8日 (土)

やってはいけないエアいいね!@エアいいね!第2章

「やってはいけない」も「第2章」も、なんとなーく雰囲気で付けてみただけですゴメンナサイ。
なんとなーくと言やあ、そもブログタイトルである「ツキナミ接骨V」の「V」こそ、なんとなく景気がいいや、で付けたのでした。
時々中2病がむらむらして、
この「V」を「α」とか「Ω」にしたらどうかな……わたしはアルファでありオメガである……とか言ったりしてぐふぐふ、
と笑ってることは内緒だ。
 
 
え、さて。
書くと言ってから、ずいぶんとやくたいもない記事を間にさしはさんでしまいました。
誰も待っている人がいらっさらないにしても、書くと言った以上は書いておきます。
 
 
【やってはいけないエアいいね】
 
まあそのう、内容としては、エアいいね!をやってはいけない、ではなくて、こういうエアいいね!ならばやらんほうがマシだわさ、という話なんですがね。
 
 
調子こいて第1章とか書いた前回では、
 
見知らぬ誰かでも、あら素敵と感じたら、「ステキ!」「いいね!」と脳内で呼びかけてると気分が良くなるしちょっとだけお布施になるかもよ、
 
と申し上げたのでした。
長いことそんなことをやっていて、
けども、こんなんだったら、やらないほうがマシだわー、
と感じたことを以下にあげます。
禁じ手として私自身気を付けていることにすぎないんですが。
 
 
【自分のことは、棚に上げとこう】
 
「ステキ!」
のあとに、自分のことを持ち出さない。
 
たとえば、
 
「ステキ~。……私はそういうの、似合わないからなあ」
「可愛い~! 私の若い頃もあなたみたいだったら、人生違ったかなあ……」
 
みたいな。
 
なんでかっていいますと、
だって、私だったら、そんなこと言われたら、
誉められて嬉しい、じゃなく、
 
 
……うぜ。
  

と思うからですよ。
 
まあ自分の失敗談としてもあるんです。
こんな話。
 
私、しゃがむとお尻がやぶける気がして、パンツスタイルが苦手なんです。
で、いつもスカートなんですよね。
今はもう、そういう自分の服装がとても好きですが、カッコ良いパンツスタイルへの憧れが捨てきれずにいた頃、
 
スカートが似合ってとてもいい、
 
と誉められまして。
 
しかも誉めてくれた方がたまたま、いつもお尻のキュッとあがったパンツスタイルでカッコイイなあ、と眺めていた方だったものですから、とてもびっくりしてしまって、
 
「いやいやいや、私、お尻が大きいからパンツはけないんですよ! 小さいお尻だったら、本当はパンツはきたいと思ってるんですよ!」
 
そしたらば、私を誉めてくれたその方は、さっと顔色を変えました。
 
「……私だって、自分のお尻が小さいと思ってパンツはいてるわけじゃないから!」
 
結構な剣幕で怒られてしまいました。
 
おとなしく、ありがとうございます、ニコ、と受け取っておけばよかったのに、自分のネガティブ情報なんかで打ち返しもんだから。
 
こんなふうに、誉めたらネガティブで打ち返される、なんてのもうっとうしいですが、同様に、ネガティブと抱き合わせで誉められるのもうっとうしいなと思うのです。
上の例でいくなら、
 
「お尻小さくてパンツスタイルが素敵ですね~!
 ……私はお尻大きいから、そういうの似合わないんですよ」
 
そういう言い方されて、ありがと、なんて喜べる人はあまりいないんじゃないかな、と。
 
 
まあそうやって相手のことを考えるのでなくとも、自分を貶めるようなコメントを日常的に呟くのは気分が良くないことでしょうし、それじゃあなんだか腹の底にすすがたまっていきそうです。
 
エアいいね!のとき、自分のことはどうだっていいんです。
肝心なのは、
 
あなたは素敵ですね~、
 
なのだし。
心の中で「うひょー素敵ー」と叫んでいるぶんには、誰も「そういうおまえはどうなんだ」なんて突っ込みません。
もし突っ込む人がいるとしたら、それは自分自身なので、エアいいね!する間は、そんな自分自身は棚に上げて大人しくしていてもらいましょう。
 
 
あ、あとこれは私だけかもしれませんが、
 
調子に乗ってあれこれエアいいね!していると、
 
足元不注意になって、いつもの倍、何もないところでつまづきます。
 
 
ですので、特に階段では、なるべく控える。
 
 
駅のホームで、なんか妙に目を輝かせてぶつぶつ呟いていたかと思うと何もないのにつんのめって転びそうになってる40女を見かけたら、
 
 
……わ、わたしとは限らないですからね!
「エアいいね!中ですか?」
とか話しかけても全力で否定しますからね!
そもそもそんな不審者には話しかけないでしょうがね!
 
 
 
本日はご訪問ありがとうございます。
案の定たいした内容じゃなくてすいません。



   何事のおはしますかは知らねどもかたじけなさに涙こぼるる       西行
 
 
 
ここまで読んでくださったあなたに感謝を。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ

不自然な、わりとそれは不自然な。

以下は「自然な生活ってステキ!」なステキな方には大変不快な内容が含まれているかと存じます。
どうかここは見なかったことにしてお戻りくださいませ。
 
 
 
え、さて。
 
冷えとりを知ったときから、「ん?」とは思っていたんですけども。
まあそれはまったく重要ではないよね、とも思っていたので、そう気にはとめてなかったんですけども。
 
が、ほら、せっかくステキな冷えとりーヌさんたちがこちらに呆れて、訪問されていない間にですね。
くだらな効果発動で、アクセス数が桁落ちしている今こそね。
 
 
 
いやあのね、なんかもうね、カチンときちゃってましてね!
 

子供三人、不妊治療で授かりました。
そんで、冷えとりブログを探して眺めていると、つい不妊とかベビ待ちさんとかいう記事に目がいっちゃうんですよね。
 
すると、なんというかこう、やたら目につく気がするんです。冷えとりをしないで不妊治療にいそしむ人たちに対する、こんなあんばいの、ご意見っていうんですか?
 
 
 
「妊娠って、自然なことですよね?
 不自然な生活で体を冷やしながら、
 赤ちゃんがほしい~、だなんて、
 熱でもあるんじゃないかしら? クスクスッ」
 
的な?
ぷーっくすくす的な?
なんかこう、見るたびカチンときちゃってね!
 
ええそりゃあね、
 
え、でも冷えとり続けてるって言ったおまえがなんでそこでカチンとくるん?
 
的な?
的な「?」もありましょうけんども。
なんでこんなにカチンとくるのかなー、とムラムラ(ムラムラ?)しながら考え続けておりましたらば、思い出したんです。
 
私、冷えとりに出会って、
「あ、健康法で長生きするって、不自然なことなんだな」
という認識を持ったのですわ。
 
ああ、待ってください、トロスト区奪還作戦に用いられた大岩を投げないでください。


や、つまりですね、まずですね、
自然=人間にとって善なるもの、
ではない、
と思っておるのです、私は。
そんな、人間に都合の良いものであるはずがなかろうもん、と。
 
自然のままであれば、人間なんぞは50年くらいが寿命の生き物なのじゃあないでしょうか。
そして冷えとりに曰く、自然にしていれば誰でも下半身は冷えている、上半身との温度差があるとか。
 
だったら、自然のままでいれば、自然と毒がたまって、自然と50年くらいで死んでいくってことなのかな、と。 
じゃあ、
下半身をあたためると気が循環して健康になって美しくなって長生き!
てことはつまり、
自然に逆らうことによって、健康で長生きできる!
てことなんじゃないかって。
 
だから、冒頭にあげた「ぷーっくすくす」を翻訳すると、
「不自然な冷えとりをしないで不自然な生活をして……」
となって、ああん? と顎を突き出したくなったわけです。
自然だから良い、と思っていない以上、不自然だから悪い、とも思ってはいませんよ念のため。
 
えーと、うーんと、なんとなくですけどもね、ああ、こんなこと書き出したきっかけが不妊治療の件でしたので、妊娠、出産に限って言いますけども、
 
西洋医学だろうが何だろうが、妊産婦死亡率、新生児死亡率を引き下げてきたものは、きっと、
 
母親に、生きて赤ちゃんを抱かせたい、
赤ちゃんに、生きて母親に抱かれてほしい、
 
という切ない願いを原動力として、発達してきたのじゃなかろうかと思うのです。
「自分が」ではなくて、自分ではない誰かのことを祈っての、力だと思うのです。
 
だからそのう、不自然だろうがなんだろうが、自然に逆らって産まれた命だろうが、いま、この命と、低い妊産婦死亡率、新生児死亡率を築き上げた願いの力には、一定の敬意をもっていたい。
便利さを追及しすぎてこんな世界になったのだとしたって、その根っこは、「俺が」「私が」ラクをしたい、ではなくて、大切な誰かの苦労を取り除けたらという、自分以外の誰かを思う願いなのではないかなと。
自分のためだけだったりしたら、たかだかこんな小さなヒトに、自然を、地球をどうにかしちゃうほどの力なんて、出せないんじゃないかと。
 
そこでそういや思い出すのは、ONE PIECEの『STRONG WORDS』解説だったかに、ひとがその力を200%発揮するのは、自分のためではなくて仲間のために戦うときだ、なんてことを内田樹先生が書いてらっさったんじゃないかしらんて。あ、もしかしてセカイ系って、自分以外の誰かを思う力が世界を救ったり壊したりするジャンルのことですかね? オバサン最近の傾向はよくわからんのよ……
 
 
 
ああ、えと、あれ? なんの話でしたっけ。
 
すいません、話がそれました。
「冷えとりしない不自然な生活」にカチンときたって件です。
私自身、冷えとりに出会ったのは不妊治療で三人を授かったその後のことですから。
まさに冷えとりしないで不自然な生活をしながら、不妊治療に通って「赤ちゃん来てくれないかなあ」と冷えたお腹をさすっていたわけですよ。ほぼ日ハラマキは夏でも欠かさなかった。
 
 
そりゃあですよ、
もしも私に不妊治療に通う仲間がいて、病院帰りに一緒にマックにでも行って、冷えとりの良さを語って勧めてみてもケラケラ笑って信じてくれなくて、
それから彼女が、
 
「いまダイエットしてるから一日一食、このバリューセットだけって決めてるの! ああ~、早く赤ちゃんほしいな~」
 
とか言ったら、
とりあえず鼻にケチャップつけたポテト詰め込んでやった上で、彼女のダイエットペプシとダブルチーズバーガーをかわりに平らげてやりますよ。
私は冷えとりで毒出しできるからいいんだもん、とかいってな。な。
 
 
だから私のカチーン・ポイントは、「自然とか不自然とかって、定義の問題でしかなくね? ぷーっくすくす言われる筋合いじゃなくね?」なのでありましょう。いやまあ、ぷーっくすくすとは、どこの冷えとりブログさんでも書いてなかったと思いますけんども。
 
 
まあこんなことを書きましたらば、色々と、
医学的根拠のないことを言うなとか、専門的な知識をもたないおまえが何ぐだぐだ言ってるんだとか、
たしなめられたり肩をすくめられるであろうなあとは思います。
改めて、ひとによっては不快なことを書いたことを申し訳なく感じます。
 
ところで人間が自然のままにしてたら寿命は50年くらい……というのは、確かに何らかの専門的知識などの裏付けがあって書いたことではありません。
ですがほら、信長が好んで舞ったとかいう敦盛で歌ってるじゃないですか、
人間五十年……下天の内をくらぶれば夢幻の如くなり……、
私は忠臣蔵で吉良上野介が舞ってるのしか知りませんがね。
ご存じない方のために、動画貼っておきます。












あ、まつがえた。
新しすぎましたね。
こちらです。








あらいけない、またまつがえた。











あ、またまつがえた。
 
 
 
…………。
 
 
 
 
 
………………………………。
 
 
 
 
 
 
………………………………………………………………。
 
 
 
さ、ステキな冷えとりーヌさんたち以外の方まですっかりドン引きさせたところで、
 
もうバレているかもしれませんが、
どうしてこんな、言ったからといって何の益もない、むしろ炎上を招きかねない「冷えとりって、別に自然てわけじゃないよね?」をわざわざ書いたかといいますと、
 
 
敦盛2011の動画を、貼りたかった
 
 
ごめんなさい、わりと結構、かなり、大部分が、それです。
 
 
ああ、待ってください、そんな大岩を投げるならいっそウォールマリアの門をふさいでください。
 
 
……明治初期の妊産婦死亡率が、出産10万件当たり400~150人だそうです
自然に授かり自然にするっと産めたらそりゃあ良いですけども。
私自身がそうはいかずに自然に逆らって産まれてきた命なのだとしても(そうであったと保護者には言われた)、
八百万の神様、でも私、けっこう幸せだし、感謝してるんです。
そんでもって、冷えとりしないで毒をためこんで、50歳くらいで死んでいくのが自然なんだとしたら、あらゆる健康法は不自然だし、
そして不自然だろうがなんだろうが、私はもうひとり子供に会いたいし、50歳よりもうしばらく生きて、子供たちの子供の世話とかしたいなあって思うんです。
だから、冷えとりって不自然だよね? なんて言いながら、そんな自然か不自然かはどうでもよくって、
やっぱり冷えとりを続けるんです。



 
あ、しまった。
 
ここまで書いてようやく、
 
「え、そもそも靴下10枚も重ね履きするなんて、不自然じゃない?」
 
 
という、これまで私が冷えとりを勧めた皆さんの声が思い出されてまいりました。
うーん。
 
本日はこんな間抜けなところへご訪問ありがとうございます。

 

なんであれ、私を冷えとりに出会わせてくれた何事かに感謝を。

それでも三人の子供たちに出会わせてくれた何事かに、感謝を。

ここまで読んで、しょうがない奴だなあ、と笑ってくれたあなたに、ありったけの感謝と投げキッスを。あ、それはいらないか?

ブログランキング・にほんブログ村へ

2014年3月 7日 (金)

うまいこと言うもんだからつい一首。

ええと、いずれ詳細をここでくだくだとくだまくかもしれませんが。

 

アスペ夫の精神的・身体的暴力について、最近はお役所の担当者に相談にのってもらっておりまして。
先日は私の病気のことなども話したところ、

お、うまいこと言うなあ、

なんて思うことをおっさったので、とりあえず記事にしてみるのです。

 
 
 

昨年手術で摘出した甲状腺のしこりは、悪性腫瘍でした。

甲状腺て、喉元にある臓器です。

羽をひろげた形をしています。
 
ずっと夫に対して口答えを許されず、
外面の良い夫なので、誰に相談しても信じてもらえず、
言いたいことをずっと飲みこんでいた私の話を聞いて、
担当者の方は、
 
「なんだかとても、象徴的ですね……」

と、まるで自分が痛みを感じているかのように喉を押さえたのでした。
 
「そうやって、言いたいことを飲みこむ生活を続けていて、その、甲状腺て、喉にあるんですよね? ずっと言葉を押し込んでいた喉元が、そういうことになるだなんて……」
 
 
あ。
 
 
な  る  ほ  ど  ー  。
 
 
その発想は無かった、
と、すごく感心したのでした。
 
どのくらい感心したかというと、


 
 
 
 
 
    喉元に押し込めたわめた我が心ついに羽ばたくガンになりしか       
     
 
 
 
思わず一首詠んだくらい。
 
ええ、オタク女子にありがちな経歴ですが、文芸部出身です。
俳句や短歌をやっておりました。
 
 

 
まあその、なにしろ、その担当者さんが夫の件で話を聞かせてくださいと連絡をくださったのが、
子供の健康診断のときに保健婦さん?に夫のことを相談したところ、おそらく厚労省の指導のたまものなのでしょう、
 
「旦那さんを、なにか理由をつけて専門の病院に連れていけませんか?
 いまは凶暴性を抑える良い薬があるんですよ。
 そういうのは早めに専門の病院にかかってお薬を飲むのが一番です」
 
え、おい、噛みつき癖のある犬の話をしてんじゃねえぞ、というような対応をニコニコとされて絶望した後のことでしたもんだから、ね。

なんというか、その担当者さんには、 
 
 
とても、感謝してるんです、
 
 
と言いたいんですが。
まだうまく伝えられてなくて、忘れないように、こんな話を書いてみた。 
 
 
本日はこんなところへご訪問ありがとうございます。
さっき気付いたんだけど、しばらく更新しなかったときより、すったげくだらない話を更新した後のほうが、アクセス数は落ちるんだぜ☆
だから先日の「冷えとりで中2病再発!?」記事のくだらな効果発動中に、こんなことを書いてみるのでした。
 
こんなところまで読んでくださったあなたに感謝を。
 
夫が「今日は虐待しなかった♪」と言っていたことに、
 
感謝を。
 





 ブログランキング・にほんブログ村へ

2014年3月 5日 (水)

何だか何もかもうまくいかない日、がまたあったので、また贈り物のパスについて考える。

♪h~今日はイマイチ思いやりに~かける日だったとか~♪
と歌い出して(もちろん脳内)、
♪空っぽの冷蔵庫をあけ
 
……たあたりまで歌ってもタイトルを思い出せなかったのでおとなしく検索すればよかったかしらん、と思っていますコンニチハ。
なんか悔しいので、思い出したあと答え合わせのためじゃなきゃ検索しない。
 
え、さて。
 
先日また、
 
なーんか今日は一日中、なにもかもうまくいかなかったなあ、
 
と思う日がありました。
 
前に、何だか何もかもがうまくいかない日々を、受け取ったものは誰かにパスしないと呪いになる、と思い出したら抜け出した、みたいなことを書きました
 
けど、そりゃあもう受け取った贈り物が大きすぎてまだまだ充分にパスできていませんからね、そいつの影響かしらねえ、なんて考えながらエレベーターに乗り込み、
 
ふと、
 
「あー、そういやここんとこずっと、開くボタンを押してないなあ」
 
ちょうど私のあとから乗り込もうとするひとがいたので、
 
 ポチッ
 
と、やってみたんです。
あの、先に乗ってた方が、乗り込んでくるひとのためにとか、降りるひとのためにとか、開くボタン押してるアレ。
 
アレを私はここ数年、意識的に、やってませんでした。
 
理由は、
 
「合理的じゃないから」
 
センサーがあるから、誰かが乗降中ならわざわざ開くを押しておかんでも、開いててくれるんですよね。
そりゃあ駆け込んでくるひとがいたり、乗降にちょい時間かかりそうな場面に出くわした場合は別ですが。
 
で、その日は、なんとなーく、やってみっか、とポチしてみたのです。

 
 
すると、
するとです。
その日一日の、なんとなーくもやもや、が、するするするーっと、
指先から、ひんやりした開くボタンに吸い取られていきました。
 
あ、なんだ。
ここにあったのか。
 
乗り込んできたひとは、私に軽く会釈してくれました。
贈り物は、早いとこ誰かにパスしないと呪いになる。
誰かにパスできる何事かをいつも探しているつもりでしたのに、パスできる何かがこんなところにもあったなんて、気づかなかった。
 
何のこっちゃな話でしょうから、ええと、何とかして説明を試みます。
 
他人のためにエレベーターの開くボタンを押すのって、別に私が押してなくたって、
扉が急に閉まって挟まれちゃう、
なんてな事態はめったに起きそうもないので、
やっぱり合理的じゃないっちゃあ合理的じゃあないんです。
中2の頃の私なら、小馬鹿にして笑ったでしょう。意味なくね? ただのポーズじゃね? とかいって。
 
けども、うん、それは確かに、ポーズなんですよね。
ここに、あなたが扉に挟まれて痛い思いをしないようにと気を配っている人間がいますよ、
という。
見ず知らずのあなたが、不快な思いをしないように、ここに私がこれこのように、と。

 
そういえば、ここ数年開くボタンを押してないなんて言ったって、お友達とエレベーターに乗ったときは、やっぱり無意識のうちに、ニコニコと押しているんです。

 
些細なことです。
それでも、他人のあなたに、心配りを贈るというポーズを見せる、それもパスのひとつであったのだなあ、なんて気が付いたのでした。
 
気配り、ともいいますっけね。
まさに、「気」を、「心」を他人に配る。
 
  
そして、
 
合理的じゃないよね、
 
と配ることを怠っていた私は、その分、配ること、受け取ることの循環から遠ざかったところにいたのだと思います。
 
自分は受け取るばかりで配らなければ、流れは淀んで停滞する。
当然、受け取ることからも遠ざかる。
 
話が抽象的すぎますねえ、どうしよう。
ええと例えば、成功本だったかなにかで、
 
お金は溜め込むひとのところじゃなくて運用するひとのところに集まる、
 
とかなんとかいうのを読んだことがあるはずだなあという茫洋とした記憶を頼りに言い切ってみますが、
 
自分から贈り出さなけりゃ、なにも受け取れないもんなんじゃないの?
 
とかなんか思ってみたりなんかしちゃったりテヘペロ!的な。
 
うん、全然言い切ってないですね、知ってる。

 
 
そんなあんばいで、何だか何もかもうまくいかない日は、その日一日だけで終わりました。
 
その後はまた、
 
いや、まだパスし切れてないんスよ! なんかこう、たぶん八百万の神様だと思うんスけど、カウント間違えてません!?
 
と、またも思いがけない贈り物を何事かから受け取ってあわあわする日々です。
 
 
 
なんつって言っちゃうと、毎日毎日気配り心配りを欠かさない優等生な日々をおくっているかのようですが、そりゃまったくそんなことはないわけですけど。
 
実際は、
いやもうホント無理です今日は座らせて! 妊婦マーク装着なら席をゆずるけどスーツ着こなしたカクシャクおじいさまに前に立たれてもちょっとその気になれんわー、
という日の多いことときたら。
 
 
そして、ここに心を配る場所があった、と気付かせてくれた件のエレベーターでは、
 
 
……今日、そのエレベーターホールから少し離れた物陰で、
「猿の巨人」ごっこしてるとしか思えない様子でストレッチ運動するオジサンの姿がありまして、
 
 
ああ……、
 
 
もしいま、エレベーターがやってきて、ドアが開いたところであの猿の巨人が
 
「あ、乗ります」
 
とモッサモッサ小走りに来たならば、
 
 
私は全力でボタンを高橋名人するだろう間違いない、
 
 
と思いましたとさ。

 
あ、今思い出したけど冒頭の歌のタイトル、ゼロ、とかなんとかいいませんでしたっけ?
そうか、きっとゼロになれば、また何事かに満たされるということなのでしょう、
 
とかいってせっかく思い出したのだから、これを活用して何かこうステキっぽいブログっぽくまとめたいところだけど進撃の巨人を読み返したくなってしまったので本日はこのへんで。
 
こんなところへのご訪問、まことにありがとうございます。
 
 
 
    何事のおはしますかは知らねどもかたじけなさに涙こぼるる     西行





猿の巨人が現れたのはたしか9巻あたりだったと思うけど、
あれはミケさんの叫びがトラウマレベルなのでこんな時間に読みかえせるはずがない。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

2014年3月 3日 (月)

ごめんね冷えとりーヌ。

あらやだもうちょっと聞いてくださいよ奥さん。
  
 
先日、
  
 
「冷えとりの毒出しで昔の病気がぶりかえしたかと思ったら、
 
 
  ただの、中2病の再発だった」
 
 
なんて記事を、あたくし更新いたしましたでしょ?
 
 
 
そしたらば、
 
なんとアクセス数が、
 
 
 
3分の1に、減、
 
 
ですのよ~、奥様!
あたくし、もう笑いがとまらないったらもう、
正直だなあ、ステキ冷えとり女子め。
カワイイじゃないか。






………………。




 
………………………………………………。
 
あのう、
 
 
多分わたしはこの調子で、冷えとりをおちょくる記事を書き続けると思います。
 
けども大事なことなので言い添えておきますが、
かつて魔夜峰央氏が『飛んで埼玉』を、埼玉から都内へ引っ越したことを理由に描くのをやめた(「だって埼玉在住じゃないのにこんな話描いてたら、ただの悪口じゃん」的なことを当時のあとがきか何かに書いてあった)ように、
 
冷えとりをおちょくり続けるのは、わたし自身が冷えとりを続けているからです。
 
冷えとりしないであんなこと書いたら、ただのつまらん悪口じゃないすか。
 
 
 
だからごめんね可愛い冷えとりーヌ。
 
 
悪気だけはないんだ。
 
 
 
本日はこんなところへご訪問、まことにありがとうございます。
 
 
久しぶりにメールで更新したら反映されなかったのでPCで書きなおし。
なんか数日後にメール送信したぶんが更新されるんじゃないかとコワいわ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
 
 
画像を貼りたかったんだけど、絶版なんでしょうか。
かなり好きだったんですよねえ、『飛んで埼玉』。


「僕も連れてって! どこへだってついていく!」

「(フッ)……所沢へ?」

「……!(ビクッ)」

ていう感じでしたっけ。

20151103追記
復刻!

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »