フォト

他のアカウント

Twitter

にほんブログ村

  • にほんブログ村

楽天

  • 楽天
無料ブログはココログ

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月の2件の投稿

2014年7月14日 (月)

冷えとりを流行らせるたったひとつの冴えたやり方

どうしましょう、最初に「タイトルに偽りあり」とか、
 
※個人の感想です。効果を保証するものではありません。
 
とか書いておこうかしら。
ええ、お察しのとおり、ただの思いつきネタです。(挨拶
 
 
いえね、
いつも楽しみに読ませていただいてるトンカツ☆ナウさんの冷えとり同人誌が届いたもんですから、
改めて、つらつらと、
 
冷えとり、もっとメジャーにならないかなあ……
 
なんて、考えたわけですよ。
 
考えて考えて、考えぬいて、
 
 

   あ、録画しといた水泳アニメ、見ようっと(思考放棄
 
 
 
【そうだ、人気アニメのキャラが冷えとりしてる設定にすればいいんだよ
 
うん、
明日になったらアホらしすぎて記事にする気にならんだろうな、
と思って今慌てて書いてるんだけど、
 
もうアホらしいです。
ごめんなさい。
 
うう、でもですよ。
江ちゃんとかが、足元冷えとりでモコモコしてたら可愛いじゃないすか……。
Gou_4
ああ可愛い。
 
ええ、そりゃあ、確かに?
流行りアニメでやってたからって、
立体機動装置で飛びまわることが流行ったりはしませんでしたよ?
 
 
……あ、待ってください、そんな憐れみの視線を花束にして私によこさないでください。
 
まあその、たまたま観ていただけで、水泳アニメに冷えとりって難しいだろってなもんで、
 
じゃあ、
 
六畳間に侵略してくるあの娘たちの誰かが冷え症で、
このままじゃあ世界をほろぼすのはムリだわ!
とか言って体質改善のために冷えとりに出会ったっていいじゃないすか。
毎回、靴下のせいでドジ踏んだりしたらいいじゃないですか。
カバーソックス履きわすれて「それ、どしたの?」て言われたりとか、
なんか歩きにくいと思ったら左右履いてる枚数が違ったとか。
 
ダメですか。冷えとり普及目的にはちょっとダメですか。そうですね。
 
ごめんなさい。
 
しかし、きちんと設定に冷えとりを折り込めてたら、
冷えとり人口0.3パーセントくらいは軽ーく増えると思うんですがねえ……。
 
 
 
【やっぱり冴えてない気がしてきた、たったひとつの理由】
 
冴えてない気がする理由は数えきれないので、割愛して「たったひとつ」にします。
あらゆる面から間違ってる感パネェ。
 
夏ですね。
 
人気アニメのヒロインに冷えとりをさせることで増えた冷えトリーヤさんたちは、
多分そのうち何割かは、
夏の祭典に、行きますよね。
 

あ、わあ、
ダメだ。 
 
 
 
熱中症注意。
 
進藤先生、暑くても靴下の枚数は減らさず、なんなら上半身は裸だっていい、と書いてらしたと思いますけど、
 
 
ビッグサイトでは、
 
ダメ。絶対。
 
翌年から、準備委員会さんが、
「冷えとり靴下は脱いでご来場ください」
とかツイートしますよきっと。
 
冷えとり人口が増えたら嬉しいけど、
夏コミで倒れる人が増えるのは困りますし、
上半身裸になるなら、下は競泳水着を履いてください。(冷えとり靴下どこいった

 
……しかし、でも、そのう、
熱中症は上半身のほてりや熱が原因で、足元は冷えてるんだとも聞きますし……
冷えとりのせいで熱中症ってーことは、ないのかもなあ、
 
なんて、アホな思いつきにうっかり活路を見出しそうになったあたりで、
 
思い出しました。 

 

【冬の祭典のお供に、冷えとりを】
 
冬コミが、あるじゃないですか。
 
なんだそうか、冬コミ合わせで書けばよかったんですよ、この記事。(同人誌発行みたいな言い草
 
あの冬の寒さに冷えとりを!
これで大手サークル行列並んで会場外をグルリも怖くない!
育児ブログで私、何書いてんだろ……って今自分が怖い!
 
 
あ、そうそう。 
 
 
【気付いたら、肩こりと腰痛を忘れていました】 
  
どうせ冷えとりカテゴリ記事にオタクネタ振り込むなら、最初からこれを書けばよかったんじゃないかと。
 
本当なんです。
冷えとりはじめてから、痛いほどだった肩こり、すっかり忘れてました。
腰痛、コピーに立つたび、コピー機の前でストレッチ……なんてことがなくなりました。
冷えとり、冷え症だけじゃなく、肩こり、腰痛も軽くなります。※個人の感想です。
 
ですから、ね。
原稿やってて肩が痛い、腰が痛いお嬢様方、
 
一緒に冷えとりしましょうよう~( ̄ー ̄)
 

 
 
と、

アニメのキャラに冷えとりやらせたら普及すんじゃね?
という思いつきから、
それなりに冷えとりへのお誘いに着地したところで、
 
本日はこのへんで。(着地したとき色々折れてる気はしますけど
 
 
こんなところへご訪問、誠に恐悦至極に存じます。
 
 ……今、「まこと」の変換第一候補「真琴」だったわけで、こうして日々、何書いてるかをPCに突きつけられる……そして西行さんの歌を引用するのがここまではばかられる気分の記事も久しぶりに書いた気がする……

 
 
 
      何事のおはしますかは知らねどもかたじけなさに涙こぼるる    西行
 
 
 
これもまた出会いと信じて。

 
 
翌日追記:
 
昨日書いてる間ずっと、
……でもたったひとつの冴えたやり方って、悲劇ラストじゃなかったっけ、冴えてないような……
と考え込んでましたが、
違うわ、冷たい方程式だわ。
宇宙空間に放り出された少女の体の描写が、文章は思い出せないけど映像として記憶に残っています。
 
おお、どうやら一日過ごしたら、アホな妄想から目が覚
 
 
 
あ、艦これとタイアップ冷えとり靴下とかイケるんじゃないですか?(寝言
 
「提督! 今日の靴下は何枚ですか!?」とか、イケるんじゃないでしょうかねえねえ。(誰に向かって
 
 
え、さて。
それでは皆さん、
 
私の目が覚めた頃に、またお会いしましょう。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ

2014年7月 3日 (木)

私の趣味は私の趣味 子どもの趣味じゃねえんだなあ

ロリ系の服が、好きでした。
野球マンガ、バスケマンガにはまってました。
や、バスケマンガは、まだはまってるけど。
 
そういう時期に妊娠して、周囲に言われて一番ポカーンとしたこと。
 
「やっぱり子どもにも、ロリ服着せるんでしょ?」
 
「やっぱり子どもに、野球やらせるんでしょ?」
 
「やっぱり子どもに、バスケやらせるんでしょ?」
 
「やっぱり子どもにも、コスプレやらせるの?」
 
 
戸惑いました。
 
 
へ? なんで?
と問い返す私に、
 
「またまたそんな~、着せる/やらせるんでしょ?」
 
え、や、しないですよ? なんですかそれ?
 
そして相手も、
ポカーン、という顔をするのでした。
 
 
 
いや、本当にね、その発想がわからなかったんです。
私が好きなことですよ。私の趣味ですよ。
私が楽しみたいじゃあないですか。
 
子どもに着せるくらいなら、私が着るし。
子どもにやらせるくらいなら、私がやるし。
 
 
とはいえ。
私の趣味をご存じな方は、たいがい「やっぱり子どもにも○○やらせるんでしょ?」とおっしゃったので、そういう発想のほうが一般的なのでしょう。
つか、そっちが多数派なんだろうなあと認めざるを得ないくらいには、何度も言われた。
 
思い返してみるに、
 
私がやりたいことは私がやれ。
子どもにやらせて何になる。
 
という発想は、
大学の夜間部に通うことを決めたとき、手に入れたようです。
 
お金ないし、高卒で就職しました。
当時はまだ、
選り好みしなけりゃどっかの大学には入れる、
なんて時代ではなく、
大卒はそれなりのステイタ~ス、でしたから、
「自分は高卒で苦労したから、子どもには絶対大学にいかせる」
という言いぐさが、よく耳に入ってきました。
 
けど、子どもが「オレは大学になんていかない! B’zの稲葉さんみたくなるんだ!」とか言い出したらどうするつもりなんだろうと。なんでそこB’zかと。好きだったからですが。
や、稲葉さんは教員免許もってたはずだから大卒ですわな。ウルトラソウッ。
 
でね。
そういう子どもに対して、
「自分が大学いけなかったからだ」
とか、
「高卒のせいで悔しい思いをしたからだ」
とか、
ねえ、大学以外にやりたいことで目に星飛ばした子どものあなたが、
親にそんなこと言われたら、さあ、
 
Say,口答え。
 
だったら、おまえが大学いけばいいんじゃね?
高卒だからじゃなくて、おまえの実力や努力が足りなかったんじゃねえの?
高卒を言い訳にしてんじゃねえの?
 
……わーお。
自分で想像しといてなんなんだけど、口答え、腹・立・つ・わー。
顔が平行四辺形になるまで両のほっぺをつねりあげるわー。 
 
だから、自分で行くことにしたんです。
薄給で、お金はなかったけど、信用度高い職種ですから、入学金、授業料をまかなえるくらいの借金ができました。
と思ったら、保護者に勝手に私名義で倍額借金されてて、
いわく「もう私達は年寄りでお金貸してもらえないから」
って、いやそれ倍額借金背負わされる理由になってないし使い道は何なのよ、て、
その話はまたの機会に。
 
ええと、というわけで、
お金借りて、大学の夜間部に通いました。
借金しなきゃいけないくらいでしたから、
そうだ、夜学、いこう(プァァァァーン)
てノリでは決められない。
当時、そりゃあ色々考えました。
そのときの色々が、
 
私のやりたいことは、私がやる。
子どもに代行なんて、させるもんかい。
 
を、私の「当たり前」にしたのだと思います。
その前はどうだったかというと、
なにしろその前はまだ親の立場ではなかったので、
「親が大学いけなかったから子どもは大学いけとか、意味わかんね」
と思ってましたので、ちっとも比較対象物にならないんですがね。
ですので。
「私ができなかったことを、この子には……!」
と幼子を抱いて沈む夕日に誓うチャンスはありませんでした。
いや別にそんなチャンスいらんのだけど。
 
だから、申し訳ない。
どうしても、自分の好きな事や、できなかったことを、
子どもにやらせたり、託したり、というのが、わからない。
わからないので、なんら他意なく、屈託なく、
「やっぱり子どもに○○させるんでしょ?」
というお友達に、私は、はかばかしいリアクションができないんです。
 
私が妙な表情をしてしまうのは、
 
なんでそういうこと言うんだよう。
私がやりたくても、もうできないことなら(野球部のマネージャーになることとか、バスケ部に入ることとか、バスケ部のマネージャーになることとか)、
うらやますぎるからむしろ子どもにやらせるもんかよう。
 
という、わけなんです。
 
だからどうか、スル―していただきたい。
あの、特にコスプレのくだりとか、な。
 
 
本日はご訪問ありがとうございます。
 
 
何事のおはしますかは知らねどもかたじけなさに涙こぼるる     西行
 
 
 
ブログランキング・にほんブログ村へ

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »