フォト

他のアカウント

Twitter

にほんブログ村

  • にほんブログ村

楽天

  • 楽天
無料ブログはココログ

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月の18件の投稿

2014年11月30日 (日)

年末になると読み返しちゃう本『シゴタノ!手帳術』とToDo欄の使い方

世の中が来年の手帳でそわそわしているこの時期から、
私は4月始まりユーザーなので、発売される2月にかけて、
さあて、次の手帳はどう使おうかなと、
必ず手にとって、パラパラと何度も読み返す本があります。

年末になると読み返しちゃう本『シゴタノ!手帳術』
最初に読んだとき、
「ほぼ日手帳カズンのファンブックじゃねえか」
とか言ってごめんなさい。
それをRTされて、んぎゃ、てなったのも良い思い出。
でも間違ってはいないはずだ。
 

ほぼ日手帳カズンを使うにあたって、公式のガイドブックもありますけども、
なんかこう、あれって、
 
レシピ本で、うわあこれ美味しそうってなって、
作ってみようかと読み込んでいくと、
なんじゃこりゃ、こんなのやってられっかい、
と本をキッチンの床に叩きつけたくなるような、
 
見ていてわくわくするけど、マネできる気がしない感てんこもり、
だと思うのです。

そんなわけで、ほぼ日手帳カズン的ベストバウトは、
こちらの『シゴタノ!手帳術』だと申し上げたいのですよ。
や、確かに倉下氏と北氏お二人の本だけど、とくに試合はしてません。

 

【ToDo欄の使い方】

楽しく自由に使うこと(p146~)

あるときは体重の記録を付けているかもしれませんが、次の日には1日のコーヒーを飲んだ回数を書いているかもしれません。読書メモを書いていた部分に、マインドマップを描くかもしれません。気に入ったシール、初めて入ったカフェのレシート、映画の半券も気ままに貼り付けています。(p147)

ここを読んでいて、思い出しました。
ほぼ日手帳ユーザーとなってまだ浅い頃、
手帳使い始めのときに自分で設定した使い方のルールが、
年の途中でしっくりこないことに気付き、
それで書くのをやめてしまっては、
挫折挫折ゥ! と身をよじっていたのでした。

今はですね。
あ、これやっぱ違うわ、てなったら、さっさとルールを変えています。

カズンにしてからは、バーチカルの週間ダイアリーの使い方で試行錯誤しましたが、
おおむね自分を予約する手帳術+さとうめぐみさんの手帳セラピーで落ち着きました。

が、まだ週間ダイアリーで、落ち着いてない箇所があるのです。

日付の下にある余白と時間軸との間にある、チェックボックス3つ。
どっからどう見ても、その日のToDoを書くとこだろ、
という、そこ。

素直に、ToDoを書いてた時期もありました。

が。

私、そこ、見ないんです。

常に、時間軸の、今とかこれからのとこを見て、
予定をチェックするばかりで、
その日、どこかでやろうと思って書いたはずのToDoを、
見ないんです。

その点で、
「ToDoリストは作らない、やれそうな時間軸内に直接書きこむ」
という自分を予約する手帳術は、ものすごく私に合っていたようです。
 

 
【食べた物を記録してみよう】

で、ToDoリストとしての使い方には挫折し、
そうだ、
レコーディングダイエットにしよう、
朝昼晩と、食べた物を書く欄にしよう、と。

レコーディングダイエットは、『いつまでもデブと思うなよ』(岡田斗司夫氏)で紹介された、
飲み食いしたものを全て記録するというダイエットです。
岡田先生、もっかい痩せてみせてください。
と言いたいとこですが、痩せた岡田先生は「惚れてまうやろが!」
という感じだったので、別にリバウンドされた今のまんまでもいいです。
 
いえ、岡田先生のリバウンドと、私の、
そうだ、レコーディングダイエットしよう(JRのCM風に)
の挫折とは関係がありません。

あのう……飲み食いしたもの、全部書くわけじゃないスか。
 
あのう……
 
欄が、広さが、足りなくて。
 
飲み食いしたもの全部書こうとしたら、

 
あのスペースに、書ききれなくて。

どんだけ食ってんだ、それ理由に挫折してたらそりゃあダイエットにならんよな!

 
 
というツッコミは、
 
 
自分でもわかってるから受付を終了しております。(涙目

ジブン手帳にも食事を書く欄があって、サイズはA5スリムで幅は足りないけど2行だから、
これなら書けるかも、と軽く希望を持っていたことは内緒だ。


 
 
【ぬか漬けのことを記録してみよう】

その後しばらく、その欄は使わないままでしたが、
最近、ぬか漬け、はじめまして。 (あ、ぬか床復活しました。その件はまたいずれ)
 
なにしろ忘れっぽいので、冷蔵庫のホワイトボードに、
漬けこんだ野菜とその日時を書いておりました。
しかしこれ、たとえばキュウリなら○時間で、大根なら○時間がちょうどいい、
とかいう記録をとっておきたいなあ……

そうだ、

Mtodo

ここに、書いてみよう。

あのう、日付的に、発酵しすぎてエレキぬか床になった翌日にはもう、
こんぶだ干ししいたけだニンジンだと、
なんか色々とつっこんでることがバレますが、
ぬか床リカバリのためです。本当です。


ちなみにこの、23日21:00に漬けこんだニンジンは、
27日20:00に引き上げて、少々しょっぱいけど、いけました。
画像は、書いたときに撮ったものですが、
いまはちゃんと、「にんじん21:00→11/27 20:00」と書いてあります。
無事にぬか床が復活したし、これから寒くなるし、
冷蔵庫か常温かも書いとかなくっちゃな、
と思っているところです。
 
 

と、まあ、このように。
一年の間で、あれこれ試してみても良い手帳なんだなって、
改めて、気付かせてくれるのです、『シゴタノ!手帳術』。
 
 
【特に、自由さに疲れてしまった人に】 
 
自由は、疲れるもんです。
自分で決めなくっちゃいけないですもん。
そりゃあ、「ここはこう書こうね(ニコ」てされたほうが、
ラクチンには違いありません。
最初に設定した自分ルールがうまくいかず、
それで疲れてしまう、というだけではなく、
試行錯誤そのものに疲れてしまうのも、
当然あるかと思います。

けども、その、よれよれと歩いた足跡そのものが、
そのときの自分の、リアルな記録です。

あ、ここらへんはカーネル式にかぶれてたんだな、
このあたりは、1日1ページをスマートノートとして使えないか試してたんだな、
あ、ToDo欄じゃなく1日1ページでレコーディングダイエットやろうとして、
結局スペースがあっても面倒だからってやめたんだな(ダメじゃん)
とか、定まっていないこと自体から、そのときの私が見える。

「三日坊主な私」も、あとで読み返せば笑っちゃうライフログです。


ほぼ日手帳は「自由」だけど、
その自由さの解釈を、自由自在にする術を、
『シゴタノ!手帳術』は教えてくれました。
 
4月始まりの発売が始まる2月1日まで、
もうしばらく、パラッと、何度も、
読み返すことになりそうです。

おすすめ。

本日はご訪問ありがとうございました。

  何事のおはしますかは知らねどもかたじけなさに涙こぼるる    西行 

 

 

 

関連記事:

2014年11月23日 (日)こんなあんばいで使ってます週間ダイアリー@ほぼ日手帳カズン

2014年11月12日 (水)やっぱりジブン手帳への乗換列車から飛び降りた7つの理由

2014年11月 3日 (月)ほぼ日手帳て体育館のようだ、と思ったらなんか腑に落ちたのでその思いつきをだらっと書いておく。

2014年10月13日 (月)ほぼ日手帳カズンを分解、やってみたらばあっけなくキレイにできてしまったので正直、動揺している。

2014年9月22日 (月)私がほぼ日手帳カズンからジブン手帳へ乗り換えを決めた7つの理由

2014年5月19日 (月)今年の目標イヤープラン@ほぼ日手帳カズン

2014年1月19日 (日)こんなあんばいで使ってます@ほぼ日手帳カズン

2014年11月29日 (土)

年末調整とユーウツと学校と。

年末ですね。
この時期は、ツイッターでたまに流れてくる呟きを思い出して、
少々ユーウツになります。

いわく、
「源泉徴収とか年末調整とか、学校で教えてくれなかった」
という呟き。
 
じゃあ、なにかいおまえさん。
学校で教えてくれたことなら、全部覚えてるっていうのかい。
京都の取引先の社長がもし、
 
「この建物は先の戦争でも焼けずに残ったのだよわははわはは」

とかいう自慢をしたら、
 
「ええっ、あの1467年から1477年の約10年間にわたって続いた内乱、
 京都がほぼ廃墟となったという応仁の乱でも焼けなかったのですか!」

 
て、驚いてさしあげられるっていうのかい。
 
なんつって、思ってしまうのですよ。
 
ええそうですとも。私は覚えてませんでした。
「えっと、壬申の乱だったっけ?」
て検索して、記憶違いに気付きました。
そういえば昔、京都の人に「壬申の乱だっけ?」て言って、
いくらなんでも古代まで遡らない、と静かに怒られたのでしたっけ。
その節は、ごめんなさい。
あ、あと、
「京都で言うところの先の戦争が応仁の乱のことだなんて、
 そんなの学校で習わない」というツッコミにつきましては、
あいにくおいら、日本史の授業で習ったんです。
まあ、テストには出なかったがな。
 

うん、でね。

ユーウツになっちゃうのは、ですね。
学校で習ったことを完璧に覚えていられる人なら、
そもそも源泉徴収や年末調整ごときで、
教えてくれなかった、なんてぼやかないはずだと思うからですよ。
「源泉徴収」「年末調整」なんて聞き慣れないワードに接したとき、
しかるべきタイミングで検索するなり何なりして調べて、学習するだろうと。
 
ぼやいちゃう人っていうのは、自分が知らないワードに接したとき、
スルーしちゃって、見なかったことにしちゃって、
実際に何らかの損を被ったときに、
「なんだよう、学校で教えてくれなかったじゃないかよう」
て、床に大の字になって手足バタバタしてむくれる。
そういうことじゃねえかなって、思っちゃうのです。
 
きっと、学校で「源泉徴収」や「年末調整」を教えてくれてたとしても、
やっぱりスルーして、損を被って、
「スルーしたら損するよって学校では教えてくれなかったじゃないかよう」
て、床に大の字手足バタバタするんだろなって、もやもやするんです。
 
でもなあ。
学校は、こんな、ちょいちょいっと検索すれば学習できるようなことを、
逐一教える場、なんかじゃあないはずだって、思います。
 
そんな、その時々の空腹を満たすための、
カップ麺を一個、
菓子パンを一個、
その場限りの糧を、ちまちま配給する場ではないはずだって。
 
これから生き延びていくための、畑を耕す場所じゃないかって。
 
 
あなたの畑は、学校で耕したはずです。
だから、種をまきもせずに、
畑じゃラーメンは収穫できないなんていって、
どうか、ふてくされないでほしいんです。
 
あなたはその畑で、小麦を育てることができるはずです。
小麦を収穫して、そこからラーメンを作ることだって、
あなたならできるはずです。
 
作り方を学校で教えてくれなかった?
誰に聞けばいいかを、あなたは知っているはずです。
 
 
そう、
 
 
 
TOKIOに聞け。

 
 
 
 
え、さて。
 
本日は、ダッシュ島を見てなきゃ何のことやらわからないオチの、
こんなところへご訪問、まことにありがとうございました。
何のことかわからないネタを折り込むのはいつもどおりだ、と突っ込まれた貴方、
あらやだ、いつもありがとうございます。
でしたら割と、最後の「TOKIOに聞け」を言いたいだけの記事だということは、
きっとお察しのことと存じます。毎度どうも。

 
 
    何事のおはしますかは知らねどもかたじけなさに涙こぼるる    西行

 

 
【参考】誠Biz.IDの記事
今さら聞けない確定申告: 年末調整って何を調整しているの? 

2014年11月24日 (月)

七五三でした。

七五三でした。
下の二人の七五三、です。
いつもはカメラ向けても逃げたりそっぽ向くのに、
ブログ用にと、こっちを向いてない、
顔が写ってないのを撮ろうとしたら、
逆に振り向いてバッチリカメラ目線よこしやがる。
なかなか撮れませんでしたよ。
 
画像は、千歳飴が売り切れていて、
かわりの綿あめを待っているとこです。
 
下の娘の着物は、私の着なくなったのを仕立てなおしたもの。
断捨離もできず、ときめく片付け的にはときめくので処分もできず、
かといって保管場所にも弱っていたんですけども。
着物つったら、仕立て直しできるとこがいいんじゃねいの?
と、かなり遅く気がつきまして。
上の娘の、七歳の七五三が終わってから、気がつきまして。
 
ちくしょうもっと早く気づいてたら、娘二人分、
4回使えてお得だったのに!
とか思ってしまう貧乏性なのでした。
 
上の娘三歳のとき、すげえ若い! と思った神主さん、
下の娘三歳の今も、やっぱりまだ若く見えるのだけど、
子どもたちへ向ける微笑みがすっかり堂に入ってというのか、
目にした親までも、心がほわっとなる、
良い笑顔をされるようになっていました。

 
 
  何事のおはしますかは知らねどもかたじけなさに涙こぼるる   西行
 
 
 
なにがあっても、生きててよかった、と涙をこぼす夜が必ずおとずれる、
てのは、確か、中島らもの本で読んだ。
 
何度でも思います。
 
それは本当のことだよ。
 
 

ほぼ日「みんなで集めた心に残る言葉2008」

ほぼ日「みんなで集めた心に残る言葉2008」
片付けてたら、出てきました。
ストア特典かと思ったら、日経ビジネスアソシエ2007年12月18日号の付録。
7年前のものですが、読み返すと、じーんと涙ぐむ言葉がたくさんあります。

にじむ涙をおさえ、鼻の奥を痛くしながら読んでいたら、こんな言葉がありました。
 
 
 
 

「ジェイソン来たら、お前、戦え」

13日の金曜日に、バイト先の店長に言われました。

 

 
 
 
……うん、こういうの折り込んでくるから、ほぼ日って好きさ。

2014年11月23日 (日)

こんなあんばいで使ってます週間ダイアリー@ほぼ日手帳カズン

なにしろ分冊版のavecには週間ダイアリーがない!
ということに激怒してジブン手帳に浮気したり(買った)、
いま使っている2014ほぼ日手帳カズンに対して刃傷沙汰におよんだり
(おかげで分冊化できて軽量化してたいへん快適)、
そんなあんばいですから、週間ダイアリーは使いこんでいます。
 
 
【手帳セラピーと自分を予約する手帳術のハイブリッドといえばカッコイイんだろうけど、要は手帳術つまみ食い】


※予定は架空のものです。

だいたい、こんな感じ。

予定がある時間帯の3方を囲むのは、佐々木かをりさんの自分を予約する手帳術。
家計簿としての使い方やペンの色分け、ルーチンもちゃんと書くあたりは、
さとうめぐみさんの手帳セラピーです。

土日は、家族の予定しだいなので、自分の動かせない予定のほかは、
ToDoを書いています。
 
週の初めに、ルーチンを書きこんで、
このほかその時間帯枠に、食べた物を書いたり、
ToDoや実際にやったことを書きこんだりします。

 

 
【左のカレンダー下に書いていること】

・この週のToDo

その週にやりたいこと、やらなくちゃいけないこと。
ただし、ここに書いただけだと忘れるので、
実際にやれそうな日の取りかかれそうな時間帯にも、
チェックボックス付きで書いています。
 
たとえば、

□1/23申請〆切

1月23日の、申請書をバッグに入れるであろう時間帯にも同じことを。
実際は21日に提出したので、その日に「申請提出」と書いた後にチェック。
予定どおりじゃなく、思いつきなどでやったことは、
チェックを頭じゃなく末尾に、というのもさとうめぐみさんの本で読みました。
で、23日のチェックボックスには、チェックではなくて、
実際にやった日付を書き込んでます。

・家計簿 

下の部分に書いているのは、これもさとうめぐみさんの、
『お金に愛される魔法の手帳術』から。
家計簿がわりです。この週の収支。 

普通の家計簿も使ってましたが、まったく節約効果がなかったため、
毎日眺める手帳に全部つっこんじゃうことに。
項目も、計算しやすいように、6項目にしぼりました。
家、自分、娯楽、子ども費、病院代、その他
詳細は、また別の記事で。

これにしてから、週単位で予算に対して使いすぎがきちんと見えるから、
かなり抑止効果があると実感しています。
 

【週間ダイアリー部(時間軸)に書いていること】
 
・「起床」ライン、就寝ライン(目標)、メンタルライン

この時間に起きたい、寝たい、という時間に定規で線をひいています。
で、実際に起きた時間や寝た時間は、フリーハンドのよれよれ線で。
 
メンタルラインは、生理周期メモから気付いた、
「だいたい○日目~○日目はイライラが激しいなあ」
「○日目~○日目は、好調だなあ」
というのを、低調期は赤、好調期は緑で、
日付の下の余白とチェックボックススペースの間に、
線を引いています。

なんかむやみにイライラすんぞ、
というときに、手帳にこの赤ラインを発見すると、
あ、そっか、と。
結構緩和されるんですわ。

・出勤する時間や勤務時間、毎日当たり前のことでも、予定として書きこむ

ルーチンでも書きこむ、というのは、さとうめぐみさんの手帳セラピーから。
これをやっとくと、自分の自由になる時間がどれだけなのかが見えます。

見えるとなにが良いって、無茶な目標をたてて、挫折して自分にガッカリ、
これじゃダメだ、とまた無茶な目標を……という不毛ループを減らせるんです。
あ、このへんは、自分を予約する手帳術、です。
 
予定どおりできなかったときは、自分の都合でできなかったときは二線、
ほかの要素でできなかったときは、×印。
19日月曜日のは、
21:30、半身浴ができなくて、実際は22:30~23:30、
就寝時間も1時までずれこんだ、という書き方です。

・縦方向:移動時間は波線矢印、自分以外の予定は縦書き

移動時間を空白のままにしておくと、そこも使える時間?
と空目しちゃうので、波線で矢印を引っ張っておきます。
「ジャンプ」とか「コーヒー」とか書いてあるのは、
途中のコンビニで買ったものの家計簿メモ。
移動時間の電車で、スマホを使ってやれることがあれば、
それをToDoとして書いておいたり、実際やったことを書きこんだり。
帰宅時には買い物メモなんかも。
 
自分以外の、上司や家族の予定は、縦書きでメモ。
 
 

【時間軸下の余白に書いていること】

ちなみに時間軸の目盛は6~24までですけど、
余白をフルに使えば24時間対応にはできます。
とはいえ、『自分を予約する手帳術』の、佐々木かをりさん、
佐々木かをりの時間術講座で、目盛のない時間帯の予定の書き方、
について、朝なら上の余白、夜なら下の余白、と回答されています。
まあ、目盛がない時間帯は休め、ともおっしゃってますがね。

・ハッピーマイレージ(手帳セラピー)

○モノのギフト
◎心のギフト
(自分から贈ったときは中をぬりつぶしたマークで)

さとうめぐみさんの手帳セラピーから。
クーポン券もらった、とか、新しいメガネほめられた、とか、
ミスドでこちらから言わなくてもおかわり注ぎにきてくれた、とか。
ちょっとした「受け取ったこと」を書いておきます。

 
・その日の収支

一番下の行に、その日使ったお金の計と、週の予算の残額。
手帳セラピー的には、お金は赤で、夢に関することはオレンジで書く、
と基本的にはそうなってますが、
たとえば「お金ためて○○するんだ~」が夢なら、
お金のことをオレンジで書く、というの、ありなんですね。
なるほど。
その都度の、何に○円、というのは、わくわく系なら緑、
通院代なら赤、食材買い物はブラウンブラック、
と手帳セラピーの色分けにしたがって書いてますが、
収支の時は、オレンジ色でまとめています。
 
手帳セラピーは、いろいろ本が出てますが、
ペンの色分けのフレキシブルさが良いです。
『お金に愛される魔法の手帳術』で、お金に関することをオレンジで、
てのを読んでから、そっか、というわけで、
子どもに関することもオレンジで書いています。
 
 
【まとめ:バーチカルタイプの週間ダイアリーは、時間の可視化】 
 
週間ダイアリーに開眼したのは、週間ダイアリーのない、
オリジナルのほぼ日手帳を使っているときでした。
 
出産後、仕事を休んでいるのに何ひとつやりたいことができない、
というストレスを抱えて苦しんでいたとき、1日1ページの、
24時間の時間軸に、授乳と家事にかかる時間を書きこんでみたんです。
そしたらハッキリわかったんですけども、
 
うっわ、自分のために使える時間なんて、ビタ一文もねえしwwwwww
 
という事実。
仕事を休んでいる、というだけで、資格を取るための勉強とか、
読みたかった本やらに時間をさける気になってたんですよね。
子ども産んだばかりで。
 
こうして、時間が見えるように毎日書いていると、
1日1ページじゃなく、週間で見渡せるといいのに、
と思うようになりました。
それって、週間ダイアリーじゃないすか。
 
というわけで、2年前、ほぼ日手帳のオリジナルから、
自分を予約する手帳術のアクションプランナーを経て、
カズンに乗り換えたのでした。

今となっては、冒頭に書いたように、私にとって週間ダイアリーは、
ないと激昂するレベルの存在です。
 
ホント、ないと困るの。
 
 
本日はご訪問ありがとうございます。
どうかお気楽極楽な、楽しい手帳ライフを。 
 
 
次回は、
こんなあんばいで使ってます月間ダイアリー@ほぼ日手帳カズン、
の予定です。
 

関連記事:

2014年11月23日 (日)2014年11月30日 (日)年末になると読み返しちゃう本『シゴタノ!手帳術』とToDo欄の使い方

2014年11月12日 (水)やっぱりジブン手帳への乗換列車から飛び降りた7つの理由

2014年11月 3日 (月)ほぼ日手帳て体育館のようだ、と思ったらなんか腑に落ちたのでその思いつきをだらっと書いておく。

2014年10月13日 (月)ほぼ日手帳カズンを分解、やってみたらばあっけなくキレイにできてしまったので正直、動揺している。

2014年9月22日 (月)私がほぼ日手帳カズンからジブン手帳へ乗り換えを決めた7つの理由

2014年5月19日 (月)今年の目標イヤープラン@ほぼ日手帳カズン

2014年1月19日 (日)こんなあんばいで使ってます@ほぼ日手帳カズン

2014年11月22日 (土)

【悲報】ぬか床が1週間で電気ぬか漬け製造機になった件。

ちょうど一週間前、とうとう、ぬか床を買ったのです。
 
ぬか漬けは、家族全員が大好きだけど、毎日かきまぜるとか、お手入れは無理。
お店で買うぬか漬けの、
「ぬか漬け風味の調味液に漬け込みました」
という記載に目をつぶりながら、まあこれでいいや、
と思っておりましたけども。
 
 
【毎日のかきまぜ不要! 一週間に一度かきまぜるだけでOK! 捨て漬け不要!】
ま じ か ー 。
 
 
 
 
で、買ったのが一週間ほど前。
早速、漬けました。
食べました。
 
 
あ、
 
 
 
 
ま じ だ ー 。

 

すごく……おいしいです。

漬けこむ時間は、何度か、
「取り出して端っこ切って食べて、あらまだ浅いわ、と漬けもどす」
なんてことをやりつつ、キュウリ、カブ、ニンジン、大根のそれぞれ最適時間を割り出し。

 
一週間、毎日美味しくぬか漬けをいただくことができました。
 
 
悲劇がおきたのは、その、ちょうど一週間が経った日。
なんか今日はあったかい? という日でした。
 

  
【ぬか床が、ふかっと、発酵させたパン生地のような感触に】
 
もう寒いことだし、と、ぬか床は常温放置しておりました。
 
帰宅して、いそいそと今日の夕飯用のキュウリをぬか床から取り出そうと……
 
 

 
 
たった一週間の付き合いですが、様子が違うことは、なんとなく気付きました。
あれだ、これ、電子レンジパン作ったときの、発酵過程のパンに似てる。
 
けども、まあそろそろ野菜の水気が気になってたしな、
と、気を取り直して手を突っ込んだ、
 
 
 
ふかっ
 
 
 
 
ふかっ?
 
 
いや、かきまぜるのは一週間に一度、と書かれていても、
すぐに愛着がわいて、5日目くらいには、
しっかりかきまぜたつもりなんです。
そのときにも、毎日野菜をつっこむときにも、こんな感触は、なかった。
 
 
漬かり具合を確かめるために、キュウリの先っちょを切って、
食べようとしたところ、娘8歳がやってきました。
 
「それって、ぬか漬け? 食べたーい!」
 
一家そろって漬けもの好きなんですが、娘8歳はとくにキュウリのぬか漬けが好物。
いいよー、と、二切れ切って、一緒に食べました。
 
……あれ、味がしない?
 
 
ビリッ
 
 

え、「ビリッ」!?
 
 
一瞬遅れて、舌に走った電気。うえ~、と舌を突き出す娘。
 
「なんかこれ、しびれるよ~」
 
2本漬けたキュウリの、どこを食べてもビリビリしびれる電気の感触が。
最初に「味がしない」と感じたので、漬けこみ時間が足りなかった?
なんて思いながら、水気をふいて、もう一度つっこんでから、
ネットで検索してみました。
ぬか床をなめてみろ、というのがあって、ちょっとなめてみました。
 
しびれました。
 
これを書いてる今、ぬか床をなめてみてから6時間経過してますが、
まだ舌がビリビリします。
 
 
 
【電気ビリビリの正体は、ぬか床の過剰発酵と炭酸ガス】

漬けるドットコム

 
こちらの、よくある質問→ぬか漬けについて、を参考にさせていただきました。
 
ビリビリしても、食べるのに問題はないそうですが、とにかくしびれる。
  
ビリビリするキュウリだけ食べた娘は、夕飯のあとにはもう、
しびれなくなったと言ってましたけど。
ぬか床をじっくりなめ味わってしまった私は、
まだしびれてますよ。
そこにシビれる! あこがれなィ!
 
 
対策としては、しばらくぬか床をお休みさせることだそうで、
塩を大さじ1杯足して、冷蔵庫にいれました。
 
 
いま、水取り器を買おうかなあ、なんて悩んでいるのですけどもね。
あんまり初期にいろいろと買い足すと、挫折したときの痛みが増すので、
ともかくもエレキぬか漬け製造機化したぬか床が復活してくれることを、
今はただ、祈るばかりです。いや、手入れしろ。かきまぜろ。
 

本日はご訪問ありがとうございました。

 

ああ、ぬか床の神よ
私に
変えられるものを変える勇気を(ぬかを補充するとか塩を足すとか)
変えられないものを受け入れる静穏を(ぬかどこよ…ぬかどこよ… へんじがない ただのしかばねのようだ)

そして
それらを見分けるおばあちゃんの知恵袋を
授けて下さい
 漬けもの学者 ヌーカーの祈り
  
 
本日はこんなところへのご訪問、ありがとうございました。(二回言った) 

2014年11月19日 (水)

「キリン 別格」生姜炭酸

Bekkaku_2

独身で、ひとりであちこち飲み歩いてた頃、バーテンダーさんに、
「フレッシュのジンジャーエール」を勧められました。
試しに作ってみたんですが、どうですか、と。

それまで私は、ジンジャーエールって、
まったく生姜の風味があるわけでもない、
変な甘さのサイダー、という認識でおったのです。

一口飲んで、「おっ!」と声が出ましたね。オッサンか。

さらに、そのジンジャーエールを使ったモスコミュールも勧められ、
そりゃもう飲まないわけがない。いただきました。

……それからしばらく、どこ行っても、
とりあえずモスコミュールを頼んでました。
で、「やっぱり違う……」とかいうの。
そら違うわ。知ってるわ。

そんだけ美味しかったんです。
フレッシュのジンジャーエールって。
炭酸の冷たさと、生姜のカッとなる熱い感じ、
ジンジャーエールって、気持ち良い飲み物だったんだなあ、と。

で、キリンの別格シリーズ。
生姜炭酸ですよ。

同じシリーズの希少珈琲は、「高いだけある」と聞いたので、
まんまと買ったわけですよ。

あのね、でもちょっと生姜炭酸の前に言いたいのだけど、
 

なんで最近の自販機は、普通のコーラもペプシも置いてねえかなあ!?

トクホのコーラとか、
「あ、コーラ飲みたいけど、トクホのしかないなあ。
 でも、どうせなら体に良い、トクホのコーラのほうがいいかな、
 ちょっと高いけど……」
て、そういうの期待してるんだよね!?
狙いが見え見えすぎて、誰がまんまと乗ってやるもんかペッペ!

   
※今見たことは、全部忘れてください。

※ちゃんと忘れることができたか、番組の最後にチェックします。

※Eテレでシャキーン!見てるひとにしか通じないネタ。


うん、でね。

そういうわけで、コーラを求めてコンビニまで行ったら、
あったわけですよ。「別格」生姜炭酸。

買った。
飲んだ。
美味しい。
※世にも役に立たない紹介記事。

や、そりゃさすがに、フレッシュの思い出を引き合いに出しちゃったら、
別格つーても缶は缶ですし、こう、生生姜のしぼり汁の、

カーッ!

と、脳天に突き抜けるような心地良い刺激とまでは、いかないのですわ。

でもこれでカクテル作ったら美味しいだろうな……、
とは、激しく思いました。

生姜好きな方にはおすすめです。

 
さて。
私が「コーラ系はトクホしかない」自販機の前でカーペッペしていたとき、
ザリガニ君のパンには何と書いてあったでしょう?

ちゃんと忘れることができましたか?

 
 
本日はこんなところへご訪問まことにありがとうございます。
「今日もハモって行ってきます」が、結構楽しみ。

次回は、週間ダイアリーこんなあんばいで使ってます@ほぼ日手帳カズン
の、予定です。 

 
 
 
     何事のおはしますかは知らねどもかたじけなさに涙こぼるる    西行

2014年11月16日 (日)

ペンケースジプシーだけど仮宿のつもりでインバッグに差してたら、もうこれでいいかって気がしてきた。

【いつも持ち歩いてる文房具】

(仮)ペンケース難民なんだけど、もうこれでいいかって思い始めてる。

左から、
・筆ペン
・消しゴム
・ハサミ
・スタイルフィット5色(シャープペン、油性ボールペン、あと3色はよく使う色の替え芯)
・スタイルフィット5色(こっちが通常使うほう。ブラウンブラック、赤、青、緑、オレンジ)
・修正ペン
・デコラッシュ
 
このほか、100均で売ってるジッパー付きおやつ小分け袋に入れて、
切手、ほぼ日手帳の両面テープ、付箋紙、使い捨てマスク、
芯を抜いて平たくつぶしたマスキングテープ。
 
 
【とにかく軽く。カズンを持ち歩くために!】
 
ただでさえ、ほぼ日手帳カズンで荷物が重たいので、
(置き手帳にする、という選択肢は存在しない)
ペンケースも、以上のものが全部入って、
かつ軽くて、かつ取り出しやすいもの、
を探し求めてさまよっておりました。
(いまは、カズン、分冊化しちゃったので軽くなったんですけどね)
 

 
で、あるとき。
 
 
究極的には、ペンケース使わない、てのが一番軽いんじゃね?
 
と、気付いてしまいまして。
 
 
現在、こんな感じです↓

(仮)ペンケース難民なんだけど、もうこれでいいかって思い始めてる。

忘れ物をしやすいので愛用しているインバッグ。
外のポケットには、社員証、コーム、リップクリーム、絆創膏、などなど、
バッグを変えるときには、こいつだけ、えいっと入れ替えればよいセットです。
 
ペン類を差しているのは、A5サイズのクリアフォルダー。
どっかのイベントで切手を買ったときにもらいました。

最初は、このクリアフォルダーの向こうに見える、
インバッグの仕切りに差していたんですけども、
ふにゃっとして、差しにくい。
クリアフォルダーにしたら、かなーり、良い感じなのです。
 
いえ、それでもですね。
基本的には文房具好きなので。
 
ペンスタンドにもなるペンケース!
 

とか、

開くとトレー状になるペンケース!

 
 
とか。
 
∑( ̄Д ̄;)はうっ
 
と、心揺さぶられるんですよ。
 
ですが。
 
 
【ワンアクションで取り出せる】
 
この状態。

(仮)ペンケース難民なんだけど、もうこれでいいかって思い始めてる。

バッグあけて、さっと、使いたいものが出せる。
アクション数、1ですよ、1アクションですよ。
しかも、ペンケースとしての重さは、クリアフォルダー1枚の重さですよ。
 
 
……これにかなうペンケースは、
ちょっと、シャア専用ペンケースくらいしか、思いつきません。
 
いえ、そんなアイテム見たことありませんが、
なんかたいがいのものはどっかで作ってんじゃね?
と思ったので、言ってみました。
 
ついでに言うと、
壁柄のクリアフォルダー(マリア、ローゼ、シーナの3枚セット)
なんてもんが売ってたら、
 
それは、そのう、
 
 
 
即、買い替えると思います。

 
ごめんね晴海ちゃん。
きみもアルミンと同じくらい可愛いとは思うんだけど。
比較対象がアルミンであることへの異議は、受付を終了しております。
 
 
ピッタリのペンケースを求めてさまよっている、かつての同士の皆様。
 

ペンケースを捨てよ、町へ出よう

 
 
はい。お察しのとおり、言ってみたかっただけです。
 
 
 
本日はご訪問ありがとうございました。
 
でもやっぱりあいかわらず、ペンケースの棚の前でうほうほ散策してしまうんだけど。
そして、こちら↓の記事を読んだら、そりゃもうガックンガックン揺さぶられているわけなんですけど。 
 

ペントレーになるペンケース「C2」!マステも入れられ、もしかしたらネオクリッツより良いかも? @こっこさん『イロトリドリ』
  

はうぅっ、ていうか、もう、ぐはぁっ、てなってます。ぐはぁって。
たっぷり言うぞ、ぐはぁって。
持ち歩かないのに買ってしまいそう。
 
 
 
 

2014年11月15日 (土)

その後の、いちご状血管腫、もうすぐ3歳

見えますでしょうか。
その後のイチゴ状血管腫、もうすぐ3歳

かきわけた髪の地肌に、うっっっすら、ピンク色に盛り上がっている箇所。
娘2歳、もうじき3歳の頭です。

 
【最初は、ぷるんぷるんの新鮮いちごだった】
 
生後3カ月の頃、ここで髪を分けると、
ちょうどイチゴのパッチン留めでもしているような、
赤くてぷつぷつがあって、ぷよん、とした、
いちご状血管腫がありました。
 
当時は、そりゃあ心配しましてね。
皮膚科に行き、小児科に行き、どちらからも、
 
「小学校にあがる前には治りますよ」
「特に処置は必要ありません」
 
と言われたものの、
産んで数ヶ月で「小学校にあがる前には」て、
そりゃあ途方もなく遠い未来な気がしたもんです。
 
それまでに、どこかにぶつけて出血でもしたら。
こんな脳に近い場所の、血管腫なんて怖い名前のが、
ぶちゅっとつぶれて、バイキンが入ったりなんかしたら。
怖い想像がふくらんでいくのを、
 
「神様が、いちごをくっつけてくれたんだね~」
「こうして髪を分けると、いちごの髪どめしてるみたいだね~」
 
なんて言って、ごまかしてたもんです。
 
 
【いつ、気にならなくなったのかは覚えてないけれど】
 
気が付いてみたらば、就学前どころか、
保育園の3歳以上児クラスに上がる前に、
ほとんど分からないくらいになりました。
なかなか見つからなくて、画像撮るのに苦労したくらい。
 

いちごが新鮮なうちは、本当にハラハラしたもんですが、

3年弱、経ってしまえば、あっという間でした。

あの頃の私に、

「大丈夫、3歳前には目立たなくなるよー」

と言ったところで、

え、3年も!

て、ちっとも気が楽にはならなかったかもしれませんが、

それでもまあ、書いておくのです。

 

本日はご訪問ありがとうございます。

どこかのいちごちゃんも、幸せでありますように。

   何事のおはしますかは知らねどもかたじけなさに涙こぼるる     西行

 


関連記事:
 
2012年7月11日 (水):いちご状血管腫

2014年11月13日 (木)

(仮)ミスドスケジュールン、ゲットだぜ2

ミスドスケジュールン、ゲットだぜ2
1冊目は娘にあげちゃったんで、中身をろくに見てないんですわー。
週末にでも、楽しもうと思います。

2014年11月12日 (水)

やっぱりジブン手帳への乗換列車から飛び降りた7つの理由

ジブン手帳、買いました。
カバーは赤くて三倍速いやつです。
ウソです。
シャア専用カバーだったらジブン手帳への乗換列車から飛び降りるもんかい。
 
いえ、ジブン手帳を買ったのと、それが赤いカバーのやつだってのは、本当です。
ついでに、にもかかわらず、ジブン手帳への乗換列車から飛び降りることにしたのも本当です。
 
 
【とりあえず:私の手帳歴】
 
手帳初体験は、「超」整理手帳でした。
野口悠紀雄氏にかぶれてたんです。
 
A4を折りたたんで差し込んでおけることや、
必要な部分だけ差し込んで持ち歩けるのが便利でした。お気に入りでした。
セミオーダーメイドの皮カバーとか買っちゃったもん。
ちゃんと赤くて三倍速いやつです。いえ、三倍速いかは(略
 
それから、ほぼ日手帳に出会いました。
まだカズンは生まれておらず、オリジナルと呼ばれる前のことでした。
ちなみにカズンは2009年版から発売ですが、私が使い始めるのは、その数年後。
 
「超」整理手帳から、ほぼ日手帳へ。
重たくなるなあ、とためらったことをよく覚えています。
 
試行錯誤しながら、ほぼ日手帳を使い続け、
一人目の出産後、1日のログをとる効果に開眼。
二人目出産後、子どものスケジュールに合わせて4月始まりがいい! とspringに移行。
そこで生じる1~3月の空白期間、アクションプランナーをつまみ食い。
三人目出産後、バーチカルタイプの週間ダイアリーの便利さに気づき、
カズンへの乗換を決断。
その重さでたまに肩に青あざこしらえながらも、
ほぼ日手帳カズンを楽しんでいたところ、
 
運命の2015年版。
 
分冊版のavec登場。
 
カズンの重さに苦しんでいた私にとっては、待ちに待った分冊化。
しかし、肝心の週間ダイアリーが省かれていることに絶望し、
ジブン手帳への乗換列車に飛び乗った……
 
……が、扉が閉まる前に飛び降りた。←イマココ
 
 
【そもそも乗り換えようとした理由】
 
ほぼ日手帳カズン、4月始まりを使ってますから、
実際は来年3月いっぱい、乗換を迷っていてもいいんですよ。
ジブン手帳はもう買ってあるわけだし。
 
でも、乗換列車の扉が閉まる前に飛び降りてしまった。
いま、そういうフレーズのあるアニソンがなかったっけか、ありそうなもんなのに、と脳内フル検索かけてますが、出てきません。
どうでもいいですか、ごもっとも。

 
で、改めて、
ほぼ日手帳カズンからジブン手帳へ乗換を決めた理由を、考えました。
 
 
・第一に、待望のほぼ日手帳分冊版avecに、週間ダイアリーがない、というショック。
 
・第二に、ジブン手帳は、ほぼ日手帳と同じ紙、トモエリバーを使っている。
 
・第三、ジブン手帳は、「超」整理手帳ですでにその便利さを知っている差し込み式であること。
 
・第四、来年も継続して使いたいデータを差し替えて使い続けることができる、ジブン手帳のLIFEの存在。
 
 
第一と第三に関しては、思いがけず簡単に、
カッターとマスキングテープでカズンの分冊化、
ほしいとこだけ一体化、が可能となり、
乗換の理由には、ならなくなりました。
 
第二のトモエリバーについては、
「ほぼ日手帳から乗り換えるなら、せめてトモエリバーでなくっちゃあ」
という理由なので、ほぼ日手帳を使い続ける分には、
トモエリバーそのものは、積極的な乗換理由になりません。
 
残る第四、LIFEの存在。
 
 
 
【乗り換えるも乗り換えないも、キーマンは、LIFE】
 カレーじゃなかった。(やめれ


 
乗り換えようとした重要ポイントも、乗り換えをやめたきっかけも、
実はLIFEでありました。
 
  
乗り換えないにしても、ライフログとして、置き手帳として、LIFEは使う、
という手も、ありです。
 
が、私はきっと、ライフログの参考としてLIFEを眺めることはあっても、
ここに書き込むことは、結局はしないかもしれません。
 
といいますのもね。
 
カズンにカッターを入れたのは、LIFEを眺めていて、
 
「あれ、ほぼ日手帳に書いてたことを転記する場所がない……」
 
と、困り果ててしまったからなのでした。
 
せっかく買った手帳に、書きたいことを書くスペースがない。
ちくしょうこうなったのも、カズンのせいだ。
カズンがこんなに重くなけりゃあ、自前で分冊化さえできりゃあ、
乗り換えようなんて考えたりはしなかったのに……っ、
 
……と、今年のカズンに対して刃傷沙汰におよんだ結果、
 
あら分冊化できちゃった☆
 
というのが本当の経緯なのです。
そうです私が犯人です。
 
消去法的な「乗り換えをやめた理由」ばかりな内で、
これだけが、積極的に、ジブン手帳には私は行かない、
と決めた理由です。

ジブン手帳の性質上、これは不平不満ではありません。
ただ、私には向いてないのだなあ、という話です。
 
そこに用意されている項目を埋めるのは、やぶさかでないけれど、
それはさておき私オリジナルのライフログというものもあって、
それらをねじ込むスペースが、ジブン手帳LIFEには見いだせなかったのでした。
 
うん、あのう、ほぼ日手帳でしたらね、いくらでもねじ込めるんです。
 
いや、ほぼオープンスペースの手帳ですから、
ねじ込むというよりか、配備する、といったところでしょうか。
 
ジブン手帳でも、ほぼ日手帳にしたように、自分オリジナルの項目を書いてみよう、
とペンを取りましたよ。
けども、「ふぐぅ」とタイヤキくわえて撤退するほかなかったのです。
だってそこにインストラクターが立っていて、
「さあ、100の目標を書きましょう!」てニッコリしてるんですもの。
タイヤキ盗んでくる隙もない。
いや、タイヤキも泣けるエロゲも今は手帳に関係ありません。
今も昔も関係ないと思います。
 
 
【そしてたぶん、ほぼ日手帳10年目へ】
 
現在、ほぼ日手帳歴、オリジナルは7年、カズンは2年目です。
 
自由さにくたびれたり、空白に、追いかけられ、責められている気分になった年もありました。
 
けども、いつの頃か、私を追いかけ責めたてているのは、
ほぼ日手帳の自由さではなくて、私自身の、
「こうでなくては」
という思い込みであった、と気づいてしまったのです。
 
そこから、自分自身がなった縄から抜け出すのが簡単だったとはいいませんが
(最早覚えていないだけで、簡単だったのかもしれませんが)、
今となっては、ほぼ日手帳という名の、
様々な種目のラインは引いてあるけど、
使っても無視してもかまわない体育館のようなスペースで遊ぶことに、
すっかり慣れてしまったようなのです。
 
白い紙を渡されて、好きにしなさい、と言われたら、
まだおろおろ戸惑うレベルではありますが、
穴埋め問題を渡されたら、早々にひっくり返して裏面に、
「量産型ザクとは違う7つの理由」を書き始めてしまうような奴に、
私はなっていたのです。
あ、いや、
「エロゲ主人公の語り口調~その歴史と未来~」
を書き始めるかもしれません。
どっちでもいいですか。奇遇ですね、私もそう思います。
 
とりあえず、穴埋め問題をひっくり返したら、
裏面にもびっしり穴埋めが書いてあったので、
「逃げるんだよォ! スモーキーーーー!」
とジブン手帳から逃げ出したといったところでしょうか。
 
 
というわけで、乗り換えないことにした理由は、
案の定、7つに至りませんでした。
予定どおりだ。(ゲンドウポーズで)
  
もう一度言いますが、以上のことは、
私にはほぼ日手帳を選ばせる理由になったということであり、
ジブン手帳のユニークさに、なんらいちゃもんをつける意図などないのです。
つか、ジブン手帳、せっかく買ったんだぜ。
ホントなら、使えたほうがいいに決まってますもん。
 
あれやこれや、手帳を使う上での参考に、ものすごーく、なりました。
言ってみれば、佐久間氏の手帳をかいま見させていただいたようなものですから、
そりゃあ参考になるだろってなもんです。
 
 
ジブン手帳に出会えたことに、感謝を。
ジャンル無視でどうしてもいろいろ差し挟んでしまうこんな記事を読んでくださったあなたにも、感謝を。
 
本日はご訪問、まことにありがとうございます。
不調法、何とぞ御容赦ください。
  

 
    何事のおはしますかは知らねどもかたじけなさに涙こぼるる    西行
 
 

関連記事:

2014年11月23日 (日)2014年11月30日 (日)年末になると読み返しちゃう本『シゴタノ!手帳術』とToDo欄の使い方

2014年11月23日 (日)こんなあんばいで使ってます週間ダイアリー@ほぼ日手帳カズン

2014年11月 3日 (月)ほぼ日手帳て体育館のようだ、と思ったらなんか腑に落ちたのでその思いつきをだらっと書いておく。

2014年10月13日 (月)ほぼ日手帳カズンを分解、やってみたらばあっけなくキレイにできてしまったので正直、動揺している。

2014年9月22日 (月)私がほぼ日手帳カズンからジブン手帳へ乗り換えを決めた7つの理由

2014年5月19日 (月)今年の目標イヤープラン@ほぼ日手帳カズン

2014年1月19日 (日)こんなあんばいで使ってます@ほぼ日手帳カズン

2014年11月 6日 (木)

コートのかわりにアームウォーマー(実はレッグウォーマー)@冷えとりファッション

冷えとり歴2年弱。
夏でも綿絹レギンス2枚はいていたところを、
最近は3枚にしております。

さすがに11月になっても半袖は、まわりが見ていて寒々しかろうと、
カーディガンをはおったりはしてますが、つまり、中身はまだ半袖。
 
だって、暑い。
 
じゃあ、とレギンスを2枚にすると、それはそれで、寒いんですよねえ。
冷えとり的には、下を減らして上を増やす、ということはなるべくしたくないし。
 
 
【一日のうちで、暑さ寒さが一定しない】
 
通勤時、コートを着ると、半袖だろうが長袖だろうが、汗をかきます。
2kmを20分(信号につかまらなければ、20分切る)程度の早歩きのせいでしょう。
電車のなかは、暑かったり寒かったりと、日によるので、
座ってから、暑いなあ、と脱ぐのも、寒いなあ、と着るのも、
コートはめんどう。
つか、周りに迷惑。

仕事中は、半袖にカーディガンで、暑いです。
けど、席の真上にある送風口から、
夏でも冬でもぐぉおおおおーっ、と風が吹き、
私のうなじを、延髄を、集中的に冷やしにきやがります。
寒いというか、痛いです。
 
職場では湯たんぽで乗り切ってますが、
(リンク先はトンカツ☆ナウさんが漫画にしてくださった体験談です)
冷風による3年殺しの延髄打撃技が猛攻を極める日などは、
スヌードに貼るカイロを仕込んで、うなじだけ暖めることでどうにかしています。
ところで私は空手に関しては、
大山倍達は「ばいたつ」じゃなくて「ますたつ」と読むんだ程度の知識しかありません。
そういえば、あの席に座って3年目でバセドウ病で入院したんだっけなあ、とか思ったら、
つい3年殺しとか言いたくなったんですごめんなさい。
 

【通勤時の寒暖差にアームウォーマーで立ち向かってみる】

コートを着て早歩きしたとき、半袖でも汗をかく、と前述しましたが、
汗はかくのに体感的には腕のあたりがスースーして寒い気がする、
ということに気付きました。

冷えとり的には、腕は上半身。
暖めるのじゃなく、涼しくしておきたい部位ではあります。
半身浴のときも、腕は出しておく、なんて書かれてますしね。
 
けど、腕を暖めることで、上半身に服を重ねなくて済むなら、それでも良いんじゃね?

アームウォーマー、冷房対策用に、綿麻混のは持ってますが、
さすがに11月、寒々しいし、あったかくないです。

けど、そういやこのアームウォーマー、
夏にはレッグウォーマーにもしたり、上下で活躍したっけ。
 
とういうわけで、レッグウォーマーを、腕に装着することにしました。

コートのかわりにアームウォーマー(実はレッグウォーマー)@冷えとり(仮)

↑画像は、1年以上使ってくたびれてはきましたが、
↓こちらの商品。同じ色は今は販売してないようです。

幸い、装着してみたらキツイ! ということはなかったです。
ふと気になってヴァーチェの画像を検索してみましたが、
さすがに上腕部も脚部なみに太いなんてことはなかったです。
あのフォルム、歴代ガンダムの中ではキュベレイと同じくらい好き。

 
これを腕に装着、通勤してみたところ、かなり良い感じでした。


かなり寒いな、という朝、
半袖ワンピースにアームウォーマー、カーディガン、コート、
という装備で出勤。
 
電車の中は、けっこう暑くて汗をかきかけたので、
袖口からぐりぐりとアームウォーマーをひっぱりだしてパージ、
と書いてから調べたら、パージを「装備を切り離す」意味で使うのはロボットものでの使い方なのですね、本来は「一掃する」ですって。へーえ。
 
職場では、半袖にカーディガンが暑くて、
かといって脱ぐと11月に半袖……なので、
アームウォーマーを再装備、カーディガンをパージ、
下に長袖を着ているんでござい、という顔で過ごしてみました。 
送風口から風が吹き付けるときだけスヌードをつけたりして、
汗もかかず冷えもせず、良いあんばいですごせました。
 
 
【結論:一枚多くはおるより、腕だけカバーすると調度良く暖かい】
 
そういえば、
「なんだかぞくぞくして寒いな……」
てときのポーズは、二の腕を抱えてます。
二の腕のあたりをなにかでカバーするかしないかで、
ずいぶん体感温度が違うのかもしれません。
 
アームウォーマーのおかげで、
ちょっと寒い、でも上に重ねると暑い、
(ちなみに下は、これ以上くつ下を重ねると、はいる靴がない、
 レギンスは、これ以上はウエストらへんが渋滞する)

という時に、うまいこと微調整ができるようになりました。
 
冷えとりの、下半身は暖かく、上半身は涼しく。
長袖やはおりもので暑がるよりかは、
腕だけ暖めて、暑くなったらはずしてしまう、
というのが、今のところとても調度良いです。
 
寒い季節の冷えとりファッションは、
そんなに悩まれることはないかと思いますが、
 
まだ寒く感じないけど周囲に寒々しい印象をあたえるのは……
 
という場合に、アームウォーマー(レッグウォーマーで代用可)、
いかがでしょう。
 
 
本日はご訪問ありがとうございました。
 
 

……ああ、今回は私にしては、なんて冷えとりブログっぽい記事なのかしら……
空手バカ一代とガンダムのくだりがなければ……

2014年11月 5日 (水)

(仮)ミスドのスケジュールン

Mis

ゲットだぜ。

某恋愛カードゲームに手は出してないけど、
当面、とりあえずアップしとく記事のタイトルには(仮)をつけといてみます。

2014年11月 4日 (火)

ほぼ日手帳カズン2014springこんなあんばいで使ってます、を書き始めたら長くなっちゃってまだ書き終わってないけどとりあえず垂れ流してみる。(仮)

ほぼ日手帳カズンに、こんなあんばいで書いてます。
 
週刊ダイアリーは、佐々木かをり氏の自分を予約する手帳術式で、
予定に要する時間枠を三方で囲っています。
囲うとき、予定は定規で。
実際はこうだった、はフリーハンドで。
5時に起きるつもりで5時に定規でラインひいてるけど、
ほぼ毎朝、フリーハンドのよれよれ線が、6時半あたりに引かれてます……。

 
ペンの色分けは、さとうめぐみ氏の手帳セラピーに依拠しています。
 
・黒(使ってるのはセピアブラウンですが)は日常的なこと。ふつうなテンション。
・赤は健康関係や重要事項。
・青は仕事。
 手帳セラピーを知る前、夫の予定を青で書いてたんですが、
 変更するのも混乱するので引き続き夫の予定も青で書いています。
 夫の予定を把握しとくのは妻の仕事っつーことで。
・緑はプライベート、ワクワクすること。
・オレンジは、子ども達の予定と、毎週、毎月の収支の記入に。

 
手帳セラピーの何が良かったかって、色々ありますが、
そのひとつに、この色分け、フレキシブルだな、てのがあります。

たとえば、仕事なんだけどワクワクする、とか、
プライベートだけどテンション上がらないとか、
カテゴリ的に複数あるやつはどうすんだよ、という私のぼやきには、
こんな回答が用意されていました。

日常的なことだけど重要!
というのは黒で書いて赤で囲う。
プライベートだけどワクワクしない、
は黒で書いて緑のアンダーラインを引いておくとか。
子どもの予定で忘れちゃいけない重要事項は、
オレンジで書いて赤で囲うとか。

なーるほど、それでいいんだ、と目からウロコでした。
 
 
【表紙から順番に】
 
表1:透明ブックカバーをかけているだけなので、
 生表紙(生?)に大好きな村上勉のポストカードを貼っています。

表2:ほぼ日手帳の、たしかストア限定の定規と、さとうめぐみ氏の、
 どの本だったかなー、文庫のから、手帳の書き方見本を切り取ってはさんでいます。

中表紙?:ムーミンのポストカード

その裏:ドラッカー『変革の哲学』から、公共機関について言及されている部分を貼っています。

ほぼ日手帳ロゴのあるページ:イヤープラン。たしか前に画像付きで記事書いた。

年間カレンダー(去年と今年):生理日に○、周期を記入。
放射線治療で禁止されていた期間以外はずっと妊活中なので、
年間とおして周期を確認できるのがありがたい。

年間インデックス:上部は買った本メモ。
 日付のある部分は読了した本のタイトルと作者名メモ。
 下部はその月の記念日や覚えておきたい日
 (地震のあった日、手術した日、子どもが通う小学校の開校記念日、
 お友達やそのお子たちの誕生日等)

 
【月間カレンダー】

2月、3月:
 きっちり4月から使い始めるので、基本ここはフリースペース。

 今年は2月に「来年度の手帳の使い方アイデア」思いつきを、
 1日を1マスとして書き込んでいます。
 3月のTO DOリストのスペースは、今年の手帳の使い方ルール、記号とかの説明。すぐ忘れるから。
 日付のスペースには定例の仕事や、特売日(5の付く日!とか)、
 映画の安い日(以前、女性割引の曜日を間違えてちょっと泣いた)など、
 毎月○日、と決まっている日を覚え書き。

4月~3月:
 日付横は記念日等の、予定とは関係ないこと。
 予定は、1行目→自分以外の人の予定、家族、仕事関係等。
 2~3行目→午前中の予定、4~5行目→午後の予定、
 6~7行目→夜、終業時間以降の予定。

左と下のフリースペース:
 左はさとうめぐみ氏の、
 『1本のペンでみるみるお金が貯まる! お金に愛される魔法の手帳術』で、
 その月の収支をオレンジ色で記入。
 下部フリースペースは、その月にやりたいことを書いたり、
 その月の総評的なことを書いたり。

翌年度4月:
 翌年度の予定が入ったとき、ここに全て記入。
 たとえば翌年度8月31日の予定が入ったら、
 翌年度5月1日(4月は30日までなので、薄い字になってるとこ)に、
「8月31日:(予定の内容)」と記入

翌年度5月:
 日付ではなく、生理周期と見なして、体調やメンタルのアップダウンをメモ。
 これを書き始めたら、PMSの傾向がわかって、かなりラクになりました。
 症状自体が消えてなくなるわけじゃないけど、
「ああ~、今○日目だからこんな些細なことでイライラするんだな~」
 とかわかると、精神的にとてもラクです。
 書き方は、たとえば生理初日から数えて20日目に、
「なんか今日はあれこれぐるぐる堂々巡りなことを考えちゃうな……」と思ったら、
 翌年度5月20日のマスに、
「もやもやぐるぐる堂々巡りな考え」+日付、を記入。
 別の月に同じ症状が同じ日に発生したら、日付だけプラス、というあんばいです。
「ひたすら眠い6/○、9/△」てな感じ。

【週間ダイアリー】
 
2日1ページ(3月1日~31日):
 フリースペース。
 まとめておいて、あとで読みかえすことの多い情報なんかを、
 見開き2ページを1項目として書きとめています。

1日1ページ:
 本当~~~に、
 テキトーに、
 自由に、
 思ったことをつらつら書いてます。

 自由に、ということはつまり、
 自由に、ルールを設けてみた期間もあります。
 このスペースは今日のTODOリスト、このスペースは今日の雑感……とか。
 続かなかった。

 なにも書くことがない日は、「なにも書くことがない」と書きます。
 そしたら、それはそれで、「えー、マージーでー?」とか書き足したりして、
 ひとりやりとりが発生しちゃうのですけども。
「お腹すいた」でも「今日の夕飯なんにしよう~」でも。
 少なくとも、手帳をひらいて何か書こうとする時間はもてた、という記録になります。

 まったくの空白ページは、手帳を開く時間すらなかったんだなあ、という記録です。
 そうじゃなく、もっとちゃんとしたルールに基づいて、
 読み返した時きちんとライフログになってる書き方がしたい方は、
 もちろんそうすれば良いと思うし、
 うっわ、すっげ、と尊敬いたします。いやホント。
 私は、そういうのが続かなかったので、
 続けられる書き方であること、を優先したのでした。
 
 
ええと。
まだ書きたいこと、というか、こういうふうに使ってるんですよー、は続くのですが。
いいかげん長いし、これきちんとカテゴリ分けとかしてキレイにまとめてから更新しよっと☆
とか言ってると私のことですから更新が来年の4月とかになりかねないので、
中途半端ではありますが、とりあえずここいらへんで、
更新とさせていただくのです。
 
実際、バーチカルを家計簿としても使ってるって話だけでも記事ひとつになるだろうってなもんで。
ここから少しずつ切り取って記事にしていくこともあるかもしれません。

 
本日はこんなあからさまに「工事中」なところへご訪問まことにありがとうございます。

不調法いたしました。
何とぞ御容赦くださいませ。
 

 

 

2014年11月 3日 (月)

親としても子としても@『暗殺教室』第114話

マンガ本もふくめて、がっつり断捨離したおかげで、本棚に余裕があります。
ありますけども、そこへさすがにジョジョ全巻とかパタリロ全巻をぶっこもうという所業には、
まだ踏み切れませんこんばんは。(挨拶)
 
本を減らしてから、買うときはかなり厳選するようになりました。
いくつか基準を考えまして、その基準のひとつが、
子どもにも読んでほしいか?
です。
 
その基準で、いまそろえたいのは、『銀魂』のほかは、『暗殺教室』なのですよ。
 
というわけで、先日に引き続き、『暗殺教室』から。
 
  
先日、こんな記事を書きました。 
 
 
親が、おのれの人生の失敗を子どもでやりなおそうとする、
それをRPGの2周目に喩えたのがすげえ、
なんて書いているうちに、自分こそ、そういう親になっていないか、
と考えて恐ろしくなったという記事です。
 
そして今週号。
 
なんだかもう、ただただ目から鼻水が垂れるばかりで、
ろくなこと書けそうにありませんが、ともかくもご紹介を。
(ろくでもないのはいつもだ、というツッコミについては、ありがたく頂戴いたします)
(え、やだ、いつも読んでくださってるのですかうへへへへ的な意味で)
 
Korosense2
『暗殺教室』第114話 渚の時間 松井優征
週刊少年ジャンプNo.49
 
――ただ我が子が
この世に生まれて
 
そこそこ無事に育っただけで
喜んでくれたら
 
全てが
丸く
収まるのに
 
 
しかも、このコマの前で、この渚くんは、
「……贅沢かもしれないけど」
と言っています。
 
贅沢かもしれないけど、ただ生まれて無事に育っただけで、喜んでくれたら。
 
親から無条件に受け入れられることを、
「贅沢」な願いとして呟かなくてはいけない。
 
おのれの子供時代を思うに、
せめて、「贅沢かもしれないけど」と、願うことだけでもできていたら、
十代、二十代の頃、もうちょい生きるのがラクだったかしらん、
なんて思うまでもなく、
子として、一読しただけで目から鼻水が花粉症状態でした。
 
親としては、子どもたちに、
こんな願いを願わせるような思いをさせていないかと、
授かったときの、出産のときの、
あなたは生まれただけでウェルカムなのだ、
中島みゆきを熱唱したいようなあふれる思いを、
きちんと子どもたちに伝えているだろうかと。
しばし、私の中で、子私と親私がティッシュで交互にズビズバと鼻をかみ合う状態に。 
 
こんな鼻水で湿っぽくなった記事を更新することに、
ためらいが、ないわけじゃあなかったですけども。
 
ところで、週刊少年ジャンプは月曜発売ですが、月曜がお休みのときは土曜発売です。
おそらくここを訪れる方にとってはビタ一文も関係のない、
かつ、私自身がいつもツイッターで「あ、やべ」と思い出す豆知識です。
 
や、ではなくて。
土曜に、すでに読んでスビズバ状態で、記事にすることは決めていても、
もう少し、月曜になったらもう少し、落ち着いて、まとまりよく書けるかもしれない、
なんぞと期待してみましたが、だめだったようです。
ただ、 
子としても、親としても、この願いの存在を忘れないように。
できれば、願わずに済むようにと。
ここへあげておくのです。
 
 
本日はご訪問ありがとうございます。
 
 
 
何事のおはしますかは知らねどもかたじけなさに涙こぼるる      西行 

ほぼ日手帳て体育館のようだ、と思ったらなんか腑に落ちたのでその思いつきをだらっと書いておく。

当初タイトル:ほぼ日手帳カズンて多目的ホールのようだ、と思ったらなんか腑に落ちたのでとりあえず思いつきをたれながしておく。(2014年10月26日)

 

【はじめに:この記事を書いている私の手帳周辺仕様】

スペック:
ほぼ日手帳オリジナル歴7年、カズン(4月始まり)歴2年目。
4月始まりへの移行時に、佐々木かをり氏のアクションプランナーを数ヶ月使用。
記入方式、ペンの色分け等は、おおむね、さとうめぐみ氏の手帳セラピー。

現状:
カッターで切り分けて分冊化したカズンの、
表紙~週間ダイアリー部分+メモ、おまけページ~裏表紙を、
マスキングテープで合体させて透明ブックカバーをかけている。
一日一ページ部分は、職場の置き手帳として業務日誌的に使用中。
このほか、岡田斗司夫氏のスマートノートとして、B5ノートも持ち歩いている。

特筆すべき点:
いろいろあって、来年はジブン手帳に乗り換えようと購入済み
だが、
ここへきて迷いが生じている。(小声)

 

【ただの思いつき:ほぼ日手帳は体育館、ジブン手帳はカルチャーセンター】
 
来年はジブン手帳じゃー、と意気込んで、ジブン手帳ユーザーさんのブログを、
色々と読んだのです。
 
で、ついつい、ほぼ日手帳との比較記事や、
「ほぼ日手帳から乗り換えるんですー」、
といった記事を選んで読んでしまいます。
 
するとまあ、予想どおりでしょうが、たいがい皆さん、
ほぼ日手帳の、自由さに疲れてらっしゃる。
一日一ページの空白がしんどいとか、
どう使ったらいいか、
なにを書いたらいいかわからない、等々。
 
私もまた、ほぼ日手帳を使い始めたときなら、
同じように自由さに戸惑ったり、
くたびれたりしたことがあるはずですが、
どうもそのときの気分を思い出せません。
 
「自由すぎるのも、ちょっとね」
というのをいくつも読み、
ジブン手帳を眺めているうち、
 
あ、ほぼ日手帳は体育館で、ジブン手帳はカルチャーセンターだあ、
 
なあんて思ったら、それまでなかなかピンとこなかった、
ほぼ日手帳に疲れてしまうことや、
ジブン手帳にわくわくする感じが、
腑に落ちた、気がしのたです。
 
 
 
【365日の体育館@ほぼ日手帳】
 
Taiikukan  
[写真素材 足成] 

 
学校の体育館にあるような備品なら、ひととおり揃ってます。
ちょっと気のきいた児童センターが備えているような遊具もあります。
「じゃ、ここで一年間、ご自由にどうぞ」
 
えーと、それじゃあとりあえず一人でできるし……、
と縄跳びとか卓球壁打ちとか始めて、後半、息切れしてしまう人
 
じゃ、とりあえずデコるかあ、
と外壁やら内壁やらに絵を描いたり写真やマステ貼ったりする人
(これはまあ、あちこちにいます。ジブン手帳にもいます)
(フランクリン……とか高橋……とかには多分、いない、気がします)

 
広すぎるなあ、4分割してみるか、
と刃物を持ち出す人(こないだの私)

365枚の床板に、毎日食べたものを書き込んでみる人
すみっこで一人あやとりや折り紙する人
家族呼んできて創作ダンスはじめる人
最初はバレーボール用のネットで普通にバレーやってたのに、
いつのまにか卓球ラケットでバドミントンのシャトルを打ち合う人
寝てる人
茫然と立ち尽くしてる人
 
 
子どもは、白い紙を与えられれば、
放っておいても生まれ持った自由な感性で思い思いの絵を描き始める、
……なんていうのは幻想ですよー、
というのを、どこかで読みました。
わーいとすぐさま描き始める子もいれば、
クレヨンを手に、なかなか動けない子もいる。
どっちが優れてるってわけじゃあありません。
 
だからこれも、
体育館で、うひょひょと遊び続けられる人と、
なんか疲れちゃった、と体育館を出ていく人と、
「疲れたんで休憩~」とマット運動のマットで寝転がる人とがいる、
てこと、なのかなと。
 
 
 
【カルチャーセンター@ジブン手帳】
Kyoshitsu
[写真素材 足成]   

入口のドアをあけると受付嬢がいて、ニッコリ、パンフレットを手渡してくれます。
教室にはそれぞれニコやかな講師なりインストラクターなりがいて、
 
「さあ、ここではボクササイズをやりますよ~!」
 
「さあ、ここでは自分史の書き方を手ほどきしますよ~!」
 
「さあ、ここではボタニカルアートを一緒に描きましょう~!」
 
講座の数も豊富、カフェスペースなんかもあって、自由にお茶もできます。
右も左もわからず飛び込んでも、とりあえず何とかなります。

 
カルチャーセンターというと、私はさとうめぐみ氏のワークショップや、
岡田斗司夫氏の講演に行ったくらいしか、中をうろついたことがありませんが、
(だから上記の画像も結局「教室」で検索して、ようやくそれっぽいかなってのを見つけたのですが、
 真ん中のふたつは、実はトイレじゃねいの?って思います。悪気はないの、ほかに見つけられなかったの) 
ええと、カルチャーセンターの話ですね。
私は、わくわくしました。
 
氏のワークショップ、講演だけが目当てだから、ほかのを受講するつもりないし。
会員価格とかどうでもいいよ一般でいいよ。
て気分で行ったのに、
まんまとパンフレットを大量にバッグにつっこんで帰宅したものです。
だって津軽三味線とかシビれる憧れる。
 
確かに、手帳ビギナーであったり手帳ジプシーであったり、
ほぼ日手帳に疲れちゃった人には、ジブン手帳のような、
 
「さ、お手をどうぞ(ニコ」
Dan
[写真素材 足成] 
(せっかくだから『ボールルームへようこそ』から引用を、
 と今月号めくったら、ホールドしてるコマはだいたい悲愴な顔 orz)


……て具合にホールドしてくれるのが頼もしく、楽しかろうと思います。
 
疲れたあなたをやさしく導いてくれる、
そんな手帳であるなあと。
 
 
【ポイント:好き勝手しますけどいいですか?】
 
ですからまあ、手帳そのものがどうこう、というよりも、
それを使う私は、どっちが好きなのよ、というのが重要だという、
毎度月並みな話に落ち着くのですけども。
 
ジブン手帳に早速いろいろ書きこもう、とめくっていたら、
私はちょっと、手がとまりました。
 
上記の思いつきな喩えを使いますと、
 
あれれ、「写経」講座はないのかあ、
じゃあ(と諦めればいいものを)
と「ボタニカルアート」講座にもぐりこんで、
こそこそと般若心経をひろげ、
あー、やっぱり肩身が狭いなあ(じゃあやめれ)
あの講師がなあ、もう少し影が薄けりゃいいのに、
そしたら「幻のシックスマン」て呼ぶのにそれは肩身の狭さと関係ない)。
 
という。
そんな状態になってしまいまして。
 
思い返せば私、ほぼ日手帳という体育館でも、
 
あ、これバスケの3ポイントライン?
じゃあここからスマッシュして入ったら3点てことにしましょう!
(卓球のラケットふりまわしながら)
 
という。
そういうあんばいのふるまいを、してきました。
や、だってほら、体育館には色んな種目のラインが引いてあるじゃあないですか。
やりたい種目に応じて、そのラインを使ったり、ないことにしたりと。
だめですか。卓球は関係ないですか。
まして打ちあってるのがシャトルじゃあなおさらですか。
 
 
 
【結論:先延ばし】
 
元はといえば、
思いつきだけどうまい喩えかもウヒョー、
と書きだしたこの記事、
ここに至って、
 
 
……結局ほぼ日手帳で、私は、いいんじゃないの?
 
 
という方向へ傾いでいます。
ジブン手帳、買ったのに。
ハードカバー、買ったのに。
 
 
……4月始まりユーザーでございますから。
まだ、来年の2、3月あたりまで、くだくだ悩んでいられますから。
ヤフ○クなどに出品することなく、
手元のジブン手帳さんには、当分の間、
宝の持ち腐れていただくことになりそうです。
 
 
ジブン手帳は11月から使えますから、
とりあえず何か書きこんでみてもいいんですけどね、けど、
講師の影が薄いどころかむしろ黄瀬なみにうるさくて書きにくいっつーかブツブツ……
誰か笠松センパイ呼んできてくれたらいいのにブツブツ……

 
 
え、さて。
恒例の、一部の方にしか分からない呟きが始まりました。
オチがつきそうにもないので、本日はこのへんでお暇いたしたく存じます。
 
 
そのうち、
「一日一ページを持ち歩かなくなったら空白ページがないことが寂しくなった件」
とか、
「こんなあんばいで使ってます2015@ほぼ日手帳カズン」
とか、
「ウィークリー(バーチカル)こんなあんばいで使ってます@ドヤ顔」
とかを更新、……予定、です。
 
 
本日はこんなところへご訪問、まことにありがとうございました。
どうか楽しい手帳ライフを。
 
 
何事のおはしますかは知らねどもかたじけなさに涙こぼるる     西行



  

関連記事:

2014年11月12日 (水)やっぱりジブン手帳への乗換列車から飛び降りた7つの理由

2014年10月13日 (月)ほぼ日手帳カズンを分解、やってみたらばあっけなくキレイにできてしまったので正直、動揺している。

2014年9月22日 (月)私がほぼ日手帳カズンからジブン手帳へ乗り換えを決めた7つの理由

2014年5月19日 (月)今年の目標イヤープラン@ほぼ日手帳カズン

2014年1月19日 (日)こんなあんばいで使ってます@ほぼ日手帳カズン

2014年11月 2日 (日)

ときめきの桃岩荘弁当。

秋田名物大館曲げわっぱのお弁当箱をふたつ買ってから、
毎日職場にお弁当を持っていっております。

それというのも、
お弁当箱にしきつめたご飯に夕食のおかずの残りをのっけるだけ、
という、むちゃくちゃ手抜き弁当であっても、
曲げわっぱの趣がそれなりに良い感じに包み込んでくれるからだとかなんとか思っております。

んでもね。

たまに、いつもお弁当用に多めに作っているはずのおかずが、
子ども達に好評だったりして、残り物がまったくない、という日もありまして。

 
【おかずがなんもない日のお弁当】

Momo

そんなときは、
やはりしきつめた白米(あきたこまち)に、
梅干し、昆布の佃煮、家にある各種お漬け物、
というお弁当になるのです。

これがまあ、夕食の残り物ばっか弁当に比べてもいっそう情けないお弁当で、
お昼にフタを開けるときも、ついこそこそしてしまいそうなもんですが、
何故か、
私の気分が、むしろいつもよりワクワクした、なんだかえへへと笑いたくなるような、
浮き立ったものであることに、最近気がつきました。

なんでだろうなあ、ともりもり白米をかきこみながら考えるに、
どうやら私は、この情けないお弁当を、
桃岩荘弁当の思い出も一緒に、
かきこんでいるのだと思い至りました。

 

【桃岩荘弁当の思い出】

当時、桃岩荘で、そう呼ばれていたかは覚えていませんが、
いま「桃岩荘弁当」で検索して画像が出るので、まあこれで通じるのでしょう。

北海道は礼文島のユースホステル、日本3大バカUSのひとつ、
と誇らしく語られた桃岩荘で、島内散策のときなどに注文すれば作ってくれるお弁当、
だったかと思います。

いまでも覚えている、ムダにイケメンなスタッフの桃岩荘弁当のプレゼン。

「こーれくらいのごはんを~(両腕を広げる)、

 ギュ~~~~~~~~~~~ッ

 (巨大な扇を閉じるような仕草で左腕を回し、右側で両手を合わせる)

 と、つめこんだお弁当。いかがですか?

 おいしいですよ☆」

その実体は、1.5合くらいはありそうな白米を、
夜店の焼きそばなどが入ってる透明でパリパリいうケース(大)に、

ギュ~~~~~~~~~~~ッ

と詰め込んで、梅干しやら海苔やら佃煮やらをのっけたもの。
や、のっけてから、

ギュ~~~~~~~~~~~ッ

かもしらんです。

私が桃岩荘を訪れたのは、15年くらい昔。
10日間で北海道の東半分をぐるっとめぐる一人旅の、予定にはなかったことでした。

稚内で知り合った旅人に、礼文島の名物ユースホステル、桃岩荘の話を聞き、
予定変更で一泊することにしたのです。

たしかトイレは水洗で、スーパーなんとかエコなんとかシステムという、
ペットボトルに水いれてフタに穴あけたものでチューッと使用後の便器にかけて、
紙、汚物等を流す、という最新式でした。

土産物屋件カフェ、みたいな別建物もあり、
ベン&ジョンハウス、
略してベンジョハウスと呼ばれて親しまれておりました。

うん、だいたいこのへんで、桃岩荘の傾向が見えますね。

ああ、まったくひどいところでした。
なにしろ40歳過ぎの私が、10年以上も前の桃岩荘のことをうっかり思い返すと、
また、あそこへ行きたい、桃岩荘へ帰りたい、
と涙があふれて鼻水が流れて、どうしようもないのです。
なんてひどいところでしょう。

港で滞在者たちを見送るアホな踊り、
フェリーの姿が水平線に点になっても踊り、腕が痛くなっても手を振り続けた時間。

隣に座った、いつも一人でいる少年があげた歓声で、
かれは実は痩せっぽちの少女だと気づいた、明るい、本当に明るい天の川の下。

顔を合わせたばかりの旅人たちとゲラゲラ笑いながら歌い踊ったミーティング。

見送られるときようやく気づいた、
かれらの姿はもう見えなくても、港でまだ手を振り続けていることを私は知っている、
という打たれるような思い。

私がこの世で帰りたい場所なんて、あの、桃岩荘だけです。

 
 
さて、急いでもう一度言うのですけども。

桃岩荘弁当とは、
夜店で焼きそばいれて売ってるような、パリパリ音がする透明のいれものに、
1.5合はありそうな飯に梅干し、海苔、佃煮などのっけてギュ~~~~~ッと圧縮した、
黒茶色い弁当です。
こいつを、ギャハハと笑って食べられる人にしか、桃岩荘はおすすめしません。

なんかこう、美しい思い出を期待されて訪れた方からの、
「だまされた!」という苦情は受け付けを終了したい。
実際、旅人のなかには、や、旅人っていうか旅行者だな、
河原での芋煮会にソフトジャケット着てきそうな青年とミュールはいてきそうなお嬢さんのカップルがいましたが、
弁当を見るなり、
お嬢「やだ、なにこれ!」
青年「……(硬直)」

二人とも、半分以上残してましたっけ。
ごめんなさいね、目の前でギャハハと完食して。

 
 
漬け物と佃煮をのっけただけのお弁当のフタをあけるとき、
いつもよりワクワクして、
ほんのちょっと遠くを見てしてしまうのは、そういうわけなのでした。

けど曲げわっぱだもん、じゅうぶん美味しそうだもん、とか言っといてみる。

 
本日はご訪問ありがとうございました。
せっかくだから日本ユースホステル協会のHPでもリンク貼っとくかー、
と検索したら、桃岩荘の玄関の画像見ただけでもう目から鼻水が垂れそうなので、
やめときます。
 

 
次回は、えーと、『暗殺教室』の今週の感想も書きたいですが、
月曜日が祝日のときのジャンプは、
土曜売りになることを忘れている方もいらっさると思いますので(私だ)、
その件は月曜日、
…………以降にでも(逃げた)。

次回は、ほぼ日手帳カズンは体育館だ、ということにしてみます。

ではごきげんようごきげんよう。
 
 

何事のおはしますかは知らねどもかたじけなさに涙こぼるる   西行

出会えたすべての人と場所と時間に感謝を。幸せでありますように。


2014年11月 1日 (土)

暗殺教室 第112話『2周目の時間』読んだら通勤電車で鳥肌たった。

当初(10月21日)のタイトル:暗殺教室 第112話 2周目の時間

 
毎週月曜日、通勤電車で読んでいる週刊少年ジャンプで、
 
ふおおおおおおお……
 
と、口からうめき声が出そうなほど秀逸な喩えに震撼し、
ともかくも、当該のコマをこちらへご紹介したのでした。 

Korosense
週刊少年ジャンプ2014年47号
暗殺教室
第112話 2周目の時間
松井優征:作
 
 
親が果たせなかった夢を、「この子のためだから」とおっかぶせるパターン。
小説でもドラマでもマンガでも、よく見かけます。
 
母親が入れなかった大学に入り、
入社できなかった会社に入り、
自分の娘時代には許されなかった、
オシャレを楽しむことや髪を伸ばすことまで、息子に果たさせようとする。
(息子に。女子に見えちゃう設定でも、息子に)
着飾らせることはさすがに諦めてはいても、
(でも鏡の前でワンピースをあてさせたりする。息子に)
長髪は、強いる。
 
そういう状況を、
 
僕の人生の主人公は僕じゃない
 
僕は…
RPG「母さん」の2周目だ
 
 
あ、
 
うわあ、そうだったのか。
RPG2周目!
 

子どもは親の、RPG2周目。
そう考えた途端、親になってもまったく理解できなかった、
物語ではよく見かける「こういう親」の考え方が、
スコーン! と分かったような気さえしました。
 
RPGやったことのない方に、ざっくりざっくり説明しますと。
プレイヤーはゲームの主人公として、その世界で経験値を積み、
成長して、ついには最後の敵を倒してゲームクリア。
が、たいがいそれでおしまいではなくて、
その最初のプレイで積んだ経験値やらを引き継いだ状態で、
再度ゲームをプレイできたりするんですね。
それを「2周目」と呼んでいる、と思っていただければ、この記事の範囲内では、
おおむね間違いないかと。
そして実は私が、RPGはテーブルトークから入った世代であることは内緒だ。
 
さておき。
最近のRPGにおいては、1周目を経たプレイヤーは、
ゲームの展開を知っているし、経験値も積んだし、
1周目よりラクに2周目のゲームをクリアできる、というのがまず前提。
 
この母親。
あたかも息子の人生が自分の人生「2周目」であるかのように、
自分はクリアできなかったミッションであるところの、
志望校合格とか、希望する会社に就職するとか、
髪を伸ばして着飾ることまで、
息子がクリアすることを望んで、強要します。
一度人生を失敗している親は、
失敗しない人生を子どものために導いてやることができるから。 
子どもに1周目からプレイさせるよりは、
親の2周目としてプレイしたほうが、ずっとうまくクリアできるから。
 
 
正直、最初にこのコマをアップしたときの私は、

100パーセント子ども側の目線で、
……うげげげ、こういう親ってまだいるのかなあ、つか、実在するのかなあ、それにつけてもなんて的確な喩えなんだ、
という気持ちでした。
 
子ども側だったときの記憶を掘り起こすまでもなく、言いたいことは色々あるわけですよ。

だって、
失敗したから次はもっとうまくやれるって理路、おかしくね?

 
たとえば麻雀で、

さっき点箱スッカラカンにしてた先輩が背後に貼りついて、肩なんかガシッとつかんでくれちゃって、
「ぃよーっし、オレの言うとおりに打てよ! オレの言うとおりにしてたら絶対勝てる!」
とか言い出したら。
……あ、先輩、あっちで呼んでるみたいですよ?
とかいってやりすごそうとしませんか。
どっか行ってほしいでしょうよ。
ボードゲームの人生ゲームで最下位だったやつが、
「もう一回! もう一回やったら俺、嫁も子どももできる気がする!」
て言い出しても、
「そうだね! きっと次はできるよ!」
て言ってやるほど私は優しくないですよ。

 
親がこれで成功したから子のおまえも、というパターンにしても、

そも親と子ではスペックが違うんじゃねいのー、と思ってしまいます。
外観や性質に類似点を見つけていても、
そんなもんは赤の他人同士である男女が、
「キミとボクは、どこか似てるね(はあと)」
とかいうのとたいして変わるところがなかろうと思うのです。
 
なにより、仮にスペックが酷似していたとしても、
生まれ育った時代が違うじゃないかと。
いま中坊やってる子と、バブルでうひょひょしてた世代と、
価値観、成功の色形が、同じだとは思えないんです。
 

え、さて。
 

とまあ、そんなことをいつものようにダラダラ下書きしておりましたらば、
 
ふいにわいた考えに、
自分で怖気をふるいました。
 

こんな考えです。
 

この母親にしても、自分の母親から、
こうして親の2周目としての人生を強いられてきたのじゃないかって。
そういや、親にオシャレすることを許してもらえなかったとか、そんなセリフがあります。
 
で、それはつまり、どういうことかというと。

 
こうして、
「うへえ、こんな親ホントにいるのかよ、まっぴらだなあ」
なんて呑気に書いてる私自身もまた、

「こんな親」になるかもしれない、ということです。
 
無自覚に。

それゆえ一層救いがたいほど最悪に、
「私はああいう親にはならないから。これは子どものためだから」
なんてニコニコして、
ああいう親になっていくかもしれない、
もしかしたら、すでにそうであるのかもしれない、
ということです。

 
現時点で私は、自分の人生1周目を、
失敗したとは思っていないんです。
むしろ、
かなり・うまく・生きた
とか思ってます。
や、つか、1周目とかじゃねえし。
まだ何にも終わってねえしラスボス戦突入してねえし何言ってんの? 
てなもんですが。
 
だから有り得るパターンとしては後者の、
私はこれこれこうしてきて今現在は幸福だから、さあ、子どものおまえも、
……なんてのに、陥っていやしないかと。
 
いま小学生の娘に対して、私は無意識に、無自覚に、
ママのいうとおりにしてれば間違いないのよ、
というメッセージを発していないか。
 
なにしろそれは「無意識」で「無自覚」なのだから、
 
「発して……いないか?」
 
なんて眉間にシワ寄せてゲンドウポーズで己に問うてみても、答えは返ってきません。
焦燥感が増すばかり。
 
それでも、問い続けていれば、いつか子ども達が選ぶ人生が、その答えになるはずだと、
それまでは、たまにゲンドウポーズとりながら、問い続けていこうと思うのです。
 
だから、この記事の下書きは、Evernoteの「また読み返す」ノートブックに入れとくのです。そうだEvernoteの記事も書きたいのですが、
次回は、佃煮と漬け物ばっかのお弁当の話です。
 
今回は(も)、特にオチがありません。
ご訪問ありがとうございます。
 
 
※この番組は再放送です。 
ゲンドウポーズのリンク先をご覧になって、
「この件を考えるポーズとして不適切ではないか」
というご指摘は受付を終了しております。
(番組じゃないだろ、というツッコミも受付を終了しております)

 
 

   何事のおはしますかは知らねどもかたじけなさに涙こぼるる    西行
 
 
 
 

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »