フォト

他のアカウント

Twitter

にほんブログ村

  • にほんブログ村

楽天

  • 楽天
無料ブログはココログ

« ほぼ日手帳て体育館のようだ、と思ったらなんか腑に落ちたのでその思いつきをだらっと書いておく。 | トップページ | ほぼ日手帳カズン2014springこんなあんばいで使ってます、を書き始めたら長くなっちゃってまだ書き終わってないけどとりあえず垂れ流してみる。(仮) »

2014年11月 3日 (月)

親としても子としても@『暗殺教室』第114話

マンガ本もふくめて、がっつり断捨離したおかげで、本棚に余裕があります。
ありますけども、そこへさすがにジョジョ全巻とかパタリロ全巻をぶっこもうという所業には、
まだ踏み切れませんこんばんは。(挨拶)
 
本を減らしてから、買うときはかなり厳選するようになりました。
いくつか基準を考えまして、その基準のひとつが、
子どもにも読んでほしいか?
です。
 
その基準で、いまそろえたいのは、『銀魂』のほかは、『暗殺教室』なのですよ。
 
というわけで、先日に引き続き、『暗殺教室』から。
 
  
先日、こんな記事を書きました。 
 
 
親が、おのれの人生の失敗を子どもでやりなおそうとする、
それをRPGの2周目に喩えたのがすげえ、
なんて書いているうちに、自分こそ、そういう親になっていないか、
と考えて恐ろしくなったという記事です。
 
そして今週号。
 
なんだかもう、ただただ目から鼻水が垂れるばかりで、
ろくなこと書けそうにありませんが、ともかくもご紹介を。
(ろくでもないのはいつもだ、というツッコミについては、ありがたく頂戴いたします)
(え、やだ、いつも読んでくださってるのですかうへへへへ的な意味で)
 
Korosense2
『暗殺教室』第114話 渚の時間 松井優征
週刊少年ジャンプNo.49
 
――ただ我が子が
この世に生まれて
 
そこそこ無事に育っただけで
喜んでくれたら
 
全てが
丸く
収まるのに
 
 
しかも、このコマの前で、この渚くんは、
「……贅沢かもしれないけど」
と言っています。
 
贅沢かもしれないけど、ただ生まれて無事に育っただけで、喜んでくれたら。
 
親から無条件に受け入れられることを、
「贅沢」な願いとして呟かなくてはいけない。
 
おのれの子供時代を思うに、
せめて、「贅沢かもしれないけど」と、願うことだけでもできていたら、
十代、二十代の頃、もうちょい生きるのがラクだったかしらん、
なんて思うまでもなく、
子として、一読しただけで目から鼻水が花粉症状態でした。
 
親としては、子どもたちに、
こんな願いを願わせるような思いをさせていないかと、
授かったときの、出産のときの、
あなたは生まれただけでウェルカムなのだ、
中島みゆきを熱唱したいようなあふれる思いを、
きちんと子どもたちに伝えているだろうかと。
しばし、私の中で、子私と親私がティッシュで交互にズビズバと鼻をかみ合う状態に。 
 
こんな鼻水で湿っぽくなった記事を更新することに、
ためらいが、ないわけじゃあなかったですけども。
 
ところで、週刊少年ジャンプは月曜発売ですが、月曜がお休みのときは土曜発売です。
おそらくここを訪れる方にとってはビタ一文も関係のない、
かつ、私自身がいつもツイッターで「あ、やべ」と思い出す豆知識です。
 
や、ではなくて。
土曜に、すでに読んでスビズバ状態で、記事にすることは決めていても、
もう少し、月曜になったらもう少し、落ち着いて、まとまりよく書けるかもしれない、
なんぞと期待してみましたが、だめだったようです。
ただ、 
子としても、親としても、この願いの存在を忘れないように。
できれば、願わずに済むようにと。
ここへあげておくのです。
 
 
本日はご訪問ありがとうございます。
 
 
 
何事のおはしますかは知らねどもかたじけなさに涙こぼるる      西行 

« ほぼ日手帳て体育館のようだ、と思ったらなんか腑に落ちたのでその思いつきをだらっと書いておく。 | トップページ | ほぼ日手帳カズン2014springこんなあんばいで使ってます、を書き始めたら長くなっちゃってまだ書き終わってないけどとりあえず垂れ流してみる。(仮) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事