フォト

他のアカウント

Twitter

にほんブログ村

  • にほんブログ村

楽天

  • 楽天
無料ブログはココログ

« 年末調整とユーウツと学校と。 | トップページ | 『学糾法廷』まんまと楽しんでしまったので次回の証人の名前とか犯人とかの予測をしてみる。 »

2014年11月30日 (日)

年末になると読み返しちゃう本『シゴタノ!手帳術』とToDo欄の使い方

世の中が来年の手帳でそわそわしているこの時期から、
私は4月始まりユーザーなので、発売される2月にかけて、
さあて、次の手帳はどう使おうかなと、
必ず手にとって、パラパラと何度も読み返す本があります。

年末になると読み返しちゃう本『シゴタノ!手帳術』
最初に読んだとき、
「ほぼ日手帳カズンのファンブックじゃねえか」
とか言ってごめんなさい。
それをRTされて、んぎゃ、てなったのも良い思い出。
でも間違ってはいないはずだ。
 

ほぼ日手帳カズンを使うにあたって、公式のガイドブックもありますけども、
なんかこう、あれって、
 
レシピ本で、うわあこれ美味しそうってなって、
作ってみようかと読み込んでいくと、
なんじゃこりゃ、こんなのやってられっかい、
と本をキッチンの床に叩きつけたくなるような、
 
見ていてわくわくするけど、マネできる気がしない感てんこもり、
だと思うのです。

そんなわけで、ほぼ日手帳カズン的ベストバウトは、
こちらの『シゴタノ!手帳術』だと申し上げたいのですよ。
や、確かに倉下氏と北氏お二人の本だけど、とくに試合はしてません。

 

【ToDo欄の使い方】

楽しく自由に使うこと(p146~)

あるときは体重の記録を付けているかもしれませんが、次の日には1日のコーヒーを飲んだ回数を書いているかもしれません。読書メモを書いていた部分に、マインドマップを描くかもしれません。気に入ったシール、初めて入ったカフェのレシート、映画の半券も気ままに貼り付けています。(p147)

ここを読んでいて、思い出しました。
ほぼ日手帳ユーザーとなってまだ浅い頃、
手帳使い始めのときに自分で設定した使い方のルールが、
年の途中でしっくりこないことに気付き、
それで書くのをやめてしまっては、
挫折挫折ゥ! と身をよじっていたのでした。

今はですね。
あ、これやっぱ違うわ、てなったら、さっさとルールを変えています。

カズンにしてからは、バーチカルの週間ダイアリーの使い方で試行錯誤しましたが、
おおむね自分を予約する手帳術+さとうめぐみさんの手帳セラピーで落ち着きました。

が、まだ週間ダイアリーで、落ち着いてない箇所があるのです。

日付の下にある余白と時間軸との間にある、チェックボックス3つ。
どっからどう見ても、その日のToDoを書くとこだろ、
という、そこ。

素直に、ToDoを書いてた時期もありました。

が。

私、そこ、見ないんです。

常に、時間軸の、今とかこれからのとこを見て、
予定をチェックするばかりで、
その日、どこかでやろうと思って書いたはずのToDoを、
見ないんです。

その点で、
「ToDoリストは作らない、やれそうな時間軸内に直接書きこむ」
という自分を予約する手帳術は、ものすごく私に合っていたようです。
 

 
【食べた物を記録してみよう】

で、ToDoリストとしての使い方には挫折し、
そうだ、
レコーディングダイエットにしよう、
朝昼晩と、食べた物を書く欄にしよう、と。

レコーディングダイエットは、『いつまでもデブと思うなよ』(岡田斗司夫氏)で紹介された、
飲み食いしたものを全て記録するというダイエットです。
岡田先生、もっかい痩せてみせてください。
と言いたいとこですが、痩せた岡田先生は「惚れてまうやろが!」
という感じだったので、別にリバウンドされた今のまんまでもいいです。
 
いえ、岡田先生のリバウンドと、私の、
そうだ、レコーディングダイエットしよう(JRのCM風に)
の挫折とは関係がありません。

あのう……飲み食いしたもの、全部書くわけじゃないスか。
 
あのう……
 
欄が、広さが、足りなくて。
 
飲み食いしたもの全部書こうとしたら、

 
あのスペースに、書ききれなくて。

どんだけ食ってんだ、それ理由に挫折してたらそりゃあダイエットにならんよな!

 
 
というツッコミは、
 
 
自分でもわかってるから受付を終了しております。(涙目

ジブン手帳にも食事を書く欄があって、サイズはA5スリムで幅は足りないけど2行だから、
これなら書けるかも、と軽く希望を持っていたことは内緒だ。


 
 
【ぬか漬けのことを記録してみよう】

その後しばらく、その欄は使わないままでしたが、
最近、ぬか漬け、はじめまして。 (あ、ぬか床復活しました。その件はまたいずれ)
 
なにしろ忘れっぽいので、冷蔵庫のホワイトボードに、
漬けこんだ野菜とその日時を書いておりました。
しかしこれ、たとえばキュウリなら○時間で、大根なら○時間がちょうどいい、
とかいう記録をとっておきたいなあ……

そうだ、

Mtodo

ここに、書いてみよう。

あのう、日付的に、発酵しすぎてエレキぬか床になった翌日にはもう、
こんぶだ干ししいたけだニンジンだと、
なんか色々とつっこんでることがバレますが、
ぬか床リカバリのためです。本当です。


ちなみにこの、23日21:00に漬けこんだニンジンは、
27日20:00に引き上げて、少々しょっぱいけど、いけました。
画像は、書いたときに撮ったものですが、
いまはちゃんと、「にんじん21:00→11/27 20:00」と書いてあります。
無事にぬか床が復活したし、これから寒くなるし、
冷蔵庫か常温かも書いとかなくっちゃな、
と思っているところです。
 
 

と、まあ、このように。
一年の間で、あれこれ試してみても良い手帳なんだなって、
改めて、気付かせてくれるのです、『シゴタノ!手帳術』。
 
 
【特に、自由さに疲れてしまった人に】 
 
自由は、疲れるもんです。
自分で決めなくっちゃいけないですもん。
そりゃあ、「ここはこう書こうね(ニコ」てされたほうが、
ラクチンには違いありません。
最初に設定した自分ルールがうまくいかず、
それで疲れてしまう、というだけではなく、
試行錯誤そのものに疲れてしまうのも、
当然あるかと思います。

けども、その、よれよれと歩いた足跡そのものが、
そのときの自分の、リアルな記録です。

あ、ここらへんはカーネル式にかぶれてたんだな、
このあたりは、1日1ページをスマートノートとして使えないか試してたんだな、
あ、ToDo欄じゃなく1日1ページでレコーディングダイエットやろうとして、
結局スペースがあっても面倒だからってやめたんだな(ダメじゃん)
とか、定まっていないこと自体から、そのときの私が見える。

「三日坊主な私」も、あとで読み返せば笑っちゃうライフログです。


ほぼ日手帳は「自由」だけど、
その自由さの解釈を、自由自在にする術を、
『シゴタノ!手帳術』は教えてくれました。
 
4月始まりの発売が始まる2月1日まで、
もうしばらく、パラッと、何度も、
読み返すことになりそうです。

おすすめ。

本日はご訪問ありがとうございました。

  何事のおはしますかは知らねどもかたじけなさに涙こぼるる    西行 

 

 

 

関連記事:

2014年11月23日 (日)こんなあんばいで使ってます週間ダイアリー@ほぼ日手帳カズン

2014年11月12日 (水)やっぱりジブン手帳への乗換列車から飛び降りた7つの理由

2014年11月 3日 (月)ほぼ日手帳て体育館のようだ、と思ったらなんか腑に落ちたのでその思いつきをだらっと書いておく。

2014年10月13日 (月)ほぼ日手帳カズンを分解、やってみたらばあっけなくキレイにできてしまったので正直、動揺している。

2014年9月22日 (月)私がほぼ日手帳カズンからジブン手帳へ乗り換えを決めた7つの理由

2014年5月19日 (月)今年の目標イヤープラン@ほぼ日手帳カズン

2014年1月19日 (日)こんなあんばいで使ってます@ほぼ日手帳カズン

« 年末調整とユーウツと学校と。 | トップページ | 『学糾法廷』まんまと楽しんでしまったので次回の証人の名前とか犯人とかの予測をしてみる。 »

手帳術」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事