フォト

他のアカウント

Twitter

にほんブログ村

  • にほんブログ村

楽天

  • 楽天
無料ブログはココログ

« インフルエンザ検査結果が陰性だったので、あれは毒出しってことでここはひとつ@冷えとりのめんげん | トップページ | 『嫌われる勇気』の、読前感想。 »

2015年1月28日 (水)

トイレのドアは、私に何を伝えたかったのか。

お店などのトイレのドアには、
手をはなせば勝手に閉まるタイプと、開くタイプがありますよね。
私がよく行くコーヒーショップのトイレは、前者です。
 
これが、一年ほど前から、建て付けが悪くなったのか、
個室に入って鍵をかけようにも、ドアが枠に引っかかってしまうのです。
まったく閉まらないなら店員さんに言えようものですけども、
ガンガンガンと、3回ほど力任せに叩き込むと、
これがなんとか閉まってしまうという状態。
 
おそらくは、ほかのお客も同様にして、まあ閉まってはいるからでしょうか、
とりたてて修理されることもなく、一年が過ぎたのだろうと思います。
 
 
いや、まあね。
最初のうちは、ガンガンやるとき、音は気になりましたよ。
結構きつーい体当たりかます感じで、ドアをドア枠に叩きつけるんです。
店内に響いてるんじゃなかろうかと。
 
しかしすぐに、ほかのお客が使用中のときだって、
ガンガンという音が聞こえてくるわけでもないので、
ああ、意外と響かないんだろうな、なんて思っておりました。
 
まったく、不注意というほかありません。
 
つい先日、気がついたのです。
 
そういえば、トイレのドア、
……私が入るときは、きちんと閉まっている。
 
え、なんで?
ほかのお客は、使用後にわざわざ閉めている?
中に入って鍵かけるときにガンガンやって、
さらに出てからもガンガンやって、……わざわざ閉める?
 
それとも……
 
ガンガン叩きつけて閉めるのは私だけで、
実は、ドアの閉め方にコツがある?
 
や、コツがあるならまだいいんです。
 
実はトレイのドアが閉まらないのは私の時だけで、
私のドアの閉め方が、一般的ドアの閉め方(どんなんだ、それ)ではなくて、
ものすごく突拍子もないドアの閉め方で(それもどんなんだ、いったい)、
そのせいでドア枠にひっかかって閉まらないのだったらどうしましょう。
 
ひとり、トイレのドアの謎で頭を抱えていると、
ちょうどトイレにほかのお客が入り、聞こえてきました。
 
 
ガンガンガンガン!
 
 
あ、うわあ。
やっぱ聞こえるんじゃねえか。
 
それほど大きくはないものの、
ああ、ドアのたてつけが悪くて閉まらないのかな、と推測可能な音。
 
しかし、です。
 
こんなのは初めてだったのです。
ひとさまのそのような音を聞いたのは、
まったくの、初めてだったのです。
 
そのとき、ふと私の脳裏に、ある仮説が浮かび上がりました。
 
それはまさに、コペルニクス的転回とでも申しましょうか。
※トイレのドアの話です。
 
エウレカ! とでも叫びたい気持ちとでも申しましょうか。
※トイレのドアの話です。
※閉まりにくくて困っちゃう、という話です。

 
 
ガンガンガンを聞かせてくれたお客が出たあと、
私はそっと立ち上がり、もよおしてもいないのに、
トイレに入りました。
 
個室に入ると、やはりドア枠でつっかえて閉まらないドア。
 
……私は息をつめて、その時が来るのを待ちました。
※トイレの個室内の話です。
 
誰にも邪魔されないよう、片手をあげて備えました。
※トイレの個室内の話です。
※いま誰か入ってきたらギャッてなるから、開けられたらすかさず押さえられるよう手をあげたのです。
※左手はそえるだけ。

 
そうして待っていること数秒……、
いえ、数分にすら感じている私が見守る前で、
 
 
ドアは、そっと、
 
みずからの力で、
 
おさまるべきところへと、
 
還っていったのです。
 
(訳 ドアが閉まった)

 

 
え、さて。
というわけで。
 
トイレのドアが私に何を伝えたかったかつーって、そりゃ、
 
「少しおちつけ」
 
の一言じゃあないかとは思いますけんど。

そう、どう取り繕うが、どうということもない、
ちょっと待ってりゃ力任せにしなくても閉まったのにさあ、トイレのドア。
という話なのです。
 
けどもあのう、なんかほら、
ホチキスの針を補充したとき最初の一針って、
必ず無駄になるよね、
という、あれみたいな、なんか、なにかの教訓めいた話じゃないか、
と思ったものですから、せっかくだから、書いておくのです。
 

 
本日はご訪問ありがとうございました。
 
 
 
        何事のおはしますかは知らねどもかたじけなさに涙こぼるる    西行
 
 

« インフルエンザ検査結果が陰性だったので、あれは毒出しってことでここはひとつ@冷えとりのめんげん | トップページ | 『嫌われる勇気』の、読前感想。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事