フォト

他のアカウント

Twitter

にほんブログ村

  • にほんブログ村

楽天

  • 楽天
無料ブログはココログ

映画・テレビ

2014年8月31日 (日)

映画『ALL YOU NEED IS KILL』を観てきたので何を言ってるかわからねーだろうがありのまま今思ったことを話すぜ

オッス! おらゴ○ウ! あやまらねえぞ!(挨拶
 
ええ、何事かといいますと。
先日、原作であるところの小説、そしてコミック版を読んだあと、私はこんな記事を書きました。
 
で、映画を、観てきました。
くだくだ考えると書けなくなりそうなので、観てきた勢いで書きますが、

 
あ、すいません、やっぱ、あやまります。
私がうっかりしていた事項が、ふたつありました。
 
ひとつ、舞台が日本のまんまのはずがなかった。
 
ふたつ、トム・クルーズが、私の中ではまだ「若くてハンサム」なまんまだった。
 
 
以下はネタバレ含みます。
 
そういや読んだ後に30時間前にループしたところで、記憶は引き継がれるんですわな。
ネタバレ、ダメ。ゼッタイ。という方は、速やかに退避してください。
 
 
【ケイジはヘタレ度80%増し】
 
冒頭で、あ、となりましたよ。
 
いや、記憶のトム・クルーズだって、初年兵は無理があるだろー、とは気づいてましたがね。
この見た目年齢で、かつ初年兵。
初めての戦場……という理由付けを、脱サラ軍人、広報担当ということで処理したか、なるほどと。
 
広報担当として写真撮影するのに、前線へ行くことを命じられたケイジは、
前線イヤ! 行きたくない!
というわけで、最終的には将軍相手に脅迫まがいのことを、
しかも、もごもごと言っちゃうような、わっかりやすいチキン野郎でした。
 
広報担当なのに前線へ、しかも初年兵として送り込まれるためには、
原作のケイジどころじゃない、とんでもないグダグダヘタレ、ひきょー者、というキャラ付けが必須だったのですね。
 
そりゃもうトム・クルーズのビジュアルを映画館で観た瞬間、
「入隊したのは失恋がきっかけじゃない」
という原作ケイジの、なんかこう、鼻つまんでうりうりしてやりたいような、
ヘタレ青くささを求める気は毛頭ありませんでしたけど。
 
それにしたってあの冒頭のふがいなさは、原作の80%増量、
今ならおまけにもう1個ついてきます。※色柄は当社におまかせください。
 
いや、しかし。
その程度で、はーなるほどねー、ハリウッド変換さすがだわー、
などと頷いていてはいけなかったのです。
 
 
【うどんで「ざる」を編んだら最早「ざる」でも「うどん」でもないんじゃねいのか】
 
引き続き、なにを言ってるかわからないでしょうが、私もです。
 
先日の記事を書きながらロムっていたTwitterで、
という記事が話題になっており、
スッタゲ読みたかったんですけども。
吐きそうなほど眠くて、それでもなお映画観る前には記事書きあげちゃいたくて、
そんな中、このタイトルが私の深層心理に深くしみ込んだのでした。
こういう発想好き。
 
え、さて。
しかしながら。
 
ちょいちょい『Edge of Tomorrow』という文字が目について、「?」と思ってましたが、
英語圏で公開された英題なのですね。
 
小説『ALL YOU NEED IS KILL』を麺棒でのばして適当な太さに切って、
ハリウッド製法でざるを編んだら『Edge of Tomorrow』
てわけですな。
 
 

【映画を観る前の予測と一応答え合わせ】
 
1.ラストシーンのこと


私はこう書きました。
 
カビたコーヒーを飲み干したケイジの目に、
スカイラウンジから見える風景に、
リタらしき姿を見つけて、
なんかこう、奇跡、起きちゃった!?
 
……みたいな引きで、
パンッて暗転してハッピーエンドな匂いふりまいてエンドロール、
くらいは、
やりそうだなー、と思っちゃう。
 
前段の、カビたコーヒーだのスカイラウンジだのはですね、実際は全体的にハリウッド変換がかかっていたので、
つまり原作小説どおりのストーリーであるはずがなかったということで、思い違いもはなはだしかったな、と恥ずかしいです。
 
ですけんど。
 
映画、ラストシーン。
 
最後のループで、
 
…………リタ、

よかった生きてるー!!!!!

むほっ(ケイジ、笑顔)
 
(暗転してエンドロール)
 



……………。

うん待ってそれ待って。

SF的に大丈夫なの? 
とか、
オメガ爆発のタイミングがおかしくね?
とか、
そも私はSFに造詣が深くないのですけど、
「すこし・ふしぎ」の略じゃあないっていう認識ではあるんですよ。
 
そういうのとりあえず全部神棚にあげといて(かしわ手)


ほんっとハッピーエンド大好きっ子だな! ハリウッドさん!
たしかに小説のラストは薄暗かったかもしれんけど、
それは夜明け前の薄暗さであったと思うよ!
未来と人間の強さを信じる、苦くとも光があったと思うよ!
 
 
そういうわけで、

リタ生きてたー。
で、
結局ハッピーエンド。
 
というあたりは予測どおりじゃねいのー? というわけで、冒頭の、
あやまらねえぞ、
に至るのでした。
 
2.梅干しのこと
 
司書さんに片思いして失恋しちゃったケイジが、
アメリカ軍所属の脱サラ軍人へとハリウッド変換されてますから、
当然、映画では、食堂でのリタとの梅干しチキンレース、
 
「すすす、すっぱくなんかないぞ」
 
ていう、とってもかわゆいリタは、どこにも存在しないんですよねー。ち。
ハンバーガーと冷凍食品で満足できる連中に、あの萌えは理解できんのか、ああそうですか(偏見
 
この、小説ではリタとケイジの仲が急速に深まるきっかけとなるエピソード。
映画では、おそらくラスボスであるオメガの居所へと向かうドライブ、
それと、ヘリを見つけた廃屋でコーヒーをいれるシーン。
ここですでにリタに心を寄せている雰囲気のケイジですから、
以前のターンで、リタから身の上話などを聞いて、
すでにフラグは立ってたって寸法ですよね。
リタの、コーヒーに砂糖4つとか。
あれはハリウッド的萌えなんでしょうか。
いや、まんまと可愛いって思ったけど。
 
 
3.体型及びキャラのこと
 
体型については、しょうがない。
言ってもしょうがなかったゴメンナサイ。
ハリウッド変換ですからね。
 
小説ではリタの専属技術者であるシャスタ・レイル。
メガネ、ミツアミ、ドジっ娘キャラ。
映画ではきっと男性にしちゃうか、せいぜい『アリー my Love』のレネみたいなキャラをあてるんじゃないか。
と推測しておりました。
 
映画では、カーター博士という、
目つき大丈夫か?
挙動がおかしいぞ?
……という科学者になってました。
 
わあ、なんかとっても、納得。
 
 ドジっ娘整備兵 →→→≪ハリウッド変換装置≫→→→なんかおかしな科学者
 
そのうち誰かが、こういうの作ってくれるんじゃないかしらん。
ラノベの設定をいれると、ハリウッドで映画化した際の設定に変換されて出てくるの。
 
キャラに関しては、ラノベ的な萌えはすべてハリウッド変換されてて、
つまり削り落されてて、
ちくしょうハンバーガーと冷凍食品(略

 
4.実事はあるのか

おそらく映画では、リタとケイジが一晩ともに過ごしたことはなかったように思います。
コーヒーのシーンで、それともそういう周回があったのかしら。

つか、ね。以下に続きますが、
 
【むちゅむちゅシーンはあったけど】
 
ああいう、デレ含有率0%のツンデレ・リタのこと、ケイジは好きになるかなあ……。
(それはもはやツンデレではないし(つか、ツンデレ要素を求めるじたい、小説前提だし
 
あ、むちゅむちゅっていうか、
むちゅ、
程度でした。
 
 
死ぬと30時間前(映画では、時間までは言及してなかったかも)にループする力を偶然手に入れたケイジ、
リタもその力を持っていたけど、大量出血と輸血により、その力を失ってしまった……
というわけですが。

「斬りおぼえる」
という言葉が映画に出てこないのは、
ケイジが死ぬのは戦場でギタイによって、ではなくて、

訓練で、負傷するたんびリタに、
「リセット」
つーて、バンバン殺されるせいですよね。
 
ケイジが強くなっていくのは、戦場で、ではなくて、
訓練で。
 
訓練での負傷でも、出血~輸血でループの力がなくなるといけないから、
とっととリタに、ズガーン、と撃たれる。
ループの記憶を引き継いでいるのがケイジだけである以上、
リタにとっては、都度はじめてのケイジ射殺なのではありましょうが。
 
ちゃんとループで生きかえるってわかってても、
そういうのに、惚れるかねえ?
て。
 
そこいらを補填するのが、あのドイツまでのドライブ、廃屋でコーヒーをいれるシーン、
なのだろうなと推測はするんですが。

ハリウッドさん的にラブロマ~ンス必須なのだとしても、
ラストシーンもそうですけども、
チカラ技が過ぎませんか、と思ってしまう。
リタに対してケイジがやに下がる要素が、見えない。

先に書きました英題『Edge of Tomorrow』は、
ここへきて、納得です。
だって、映画版のケイジ、キルしてないもん。
キルられてるもん。
『ALL YOU NEED IS KILL』じゃなくて、『…… IS BE KILLED』だもん。だめだこりゃ。
 
 
【結論として。三倍美味しくいただけた自覚はある】
 
おそらく、映画だけ観た方も、楽しめたろうなと思うんですよ。
ちゃんとピンで面白かった。
 
私の場合、
小説を読んだ、
コミック版も読んだ、
そのうえでの、ハリウッド映画観賞。
 
日本の、ラノベの萌えやらなんやらを、
ハリウッド変換が何を拾い、何を捨て、
何をもってして新たなざるうどんを編みあげたのか(違
 
そういう視点を得て映画版を観たのは、
非常に味わい深く、興味深く、三倍美味しくいただけた経験でした。
これほど観る前に楽しみで、かつ観たあとまでワクワクした映画は久しぶりです。
 
原作小説と比較して、あのエピソードが違う、装備が違う、キャラが違う、
ごめんね去年のひととまた比べている(歌
なんて数え上げるのは、レビューとしてはつまらないことだと思ってはいますが、
そっかハリウッド的にそこは有りか、そこは無しか、
と把握していくのは、お互いの文化的に、そうか、
君と僕は別の生き物だから、
好みが違う、歩く速さも思いの伝え方も(歌
っていうことなんだねって、
なんだこれって検索したらコナンのエンディングでしたね。好き。
いや、今後ハリウッド映画を観るときにも、
その理解が楽しみを深めてくれるんじゃないかなって。
 
……でも。
 
……そうは言っても。
  
 
武器はやっぱり「二百キロあるバトルアクス」であってほしかったよ!
 
なに? ダメなの? 自分の背丈なみの武器振り回すって、萌えじゃない!?
エミリー・ブラントがでっかいバトルアクス振り回してたら、カッコよかったと思うんだけどなあ。
ああいう武器って日本オタ文化なのかしら。
古くはガッツの斬魔刀くらいしか思いつきませんが。もっと前からあったのかしら。
なんですかねえ、やっぱりこういう萌えは、ハンバーガーと冷凍食品(略
 
 
ええと、つまり。
 
なんだかとっても、面白かったです。
どれかだけ観た/読んだ、という方は、
せっかくですので小説もコミックも映画も、コンプリートされることをお勧めいたします。
 
うん、オラわくわくすっぞ!(悟空
 


長々とお付き合い、ありがとうございました。
 
 

    何事のおはしますかは知らねどもかたじけなさに涙こぼるる    西行

2014年8月29日 (金)

『ALL YOU NEED IS KILL』小説とコミックを読んだので偏見にまみれた「映画版はきっとこんなんだぜ」を書いてみる。

コミック版1巻を貸してもらったら、続きが気になって原作であるところの小説を買い、一気読みしてコミック版2巻も読んで、
今度、映画版も、観に行くのですよ。うへへのへ。
 
ちなみに私の映画版に関する知識は、
・多分ハリウッド映画なのよね?
・主役二人のビジュアルは知ってる(小説のカバーとか映画のポスターの)
以上。
 
きっとネタバレしますので、これから楽しむ予定の方は、イマココでお戻りください。
 
……読み終えたあと、30時間前に戻る現象は起きませんから。
 
 

え、さて。
 
【ラストシーンのこと】
 
のっけからラストの話をしますけども。
 
映画では、
「くそったれな世界のルール」を破って、実は生きてましたハッピーエンド、
とまでは、さすがに改変してない、
と、思いたい。
 
思いたいけど、
 
カビたコーヒーを飲み干したケイジの目に、
スカイラウンジから見える風景に、
リタらしき姿を見つけて、
なんかこう、奇跡、起きちゃった!?
 
……みたいな引きで、
パンッて暗転してハッピーエンドな匂いふりまいてエンドロール、
くらいは、
やりそうだなー、と思っちゃう。
思っちゃうんですよ。
 
このへん、説明が必要になるんですけども。
長くなりますが、よかったらおつきあいください。
 
岡田斗司夫氏のゼミをニコ動で見ていたら、
アナ雪についてこんなあんばいのことをおっしゃってたんです。
 
いわく、せっかく引きこもって楽しく暮らしてたエルサがラストでは戻ってきちゃって、
魔法は観光資源に使えちゃうし、あら幸せ。
 
「おまえらそんなにハッピーエンドが好きか(笑)」
 
もののけ姫でさえ、サンは森で、アシタカはタタラ場で暮らそうっていうのに、
サンが里におりてきちゃって一緒に暮らして「うーん、案外幸せ☆」みたいなもんだろ、
というようなことを。
 
これで、バーンとよみがえった記憶があったのです。
 
実は私、
『七人の侍』(リンク先はwikipediaです)
大好きでして。
 
映画館とレンタルビデオとレンタルDVDで、計15回以上は観てるんですけども。
あ、おっしゃりたいことは分かります、さっきAmazonでポチしました。いいかげん買います。
 
でね。
 
そんだけ好きなら、ハリウッド・リメイクという『荒野の七人』(リンク先はwikipediaです)も、
おさえとくべきかな、と。
観たんですよ。
 
いや、その前に、オリジナルである『七人の侍』のことをざっくりと。
 
度重なる野武士の略奪に耐えかねた百姓たちが、
七人の侍を雇い、この侍たちが見事、野武士たちを全滅させる、というお話。
この侍の中の最年少で、まだ前髪の子。
この子が、村の百姓娘と恋仲になる。
しかも決戦前夜に、前髪の子(勝四郎くんといいます)ったら、
 
になっちゃう。
(アァ~ン、とかいう色っぽい効果音をいれたいところ)
 
戦い終わって、喜びながら田植えをはじめる百姓たち。
娘は、ほんの一瞬、勝四郎と目を合わせるも、そのそばをすりぬけていき、
田植えにくわわると、高らかに田植え唄を歌いはじめる……。
拒絶ととれる娘の態度に、なすすべなく立ち尽くす勝四郎。
そして勘兵衛の有名なセリフ。
 
「また負け戦だったな……
「勝ったのはあの百姓たちだ……わしたちではない……」
 
 
これが、リメイク版の『荒野の七人』になりますとね。
やはりうら若いガンマンと、村の娘とのラブロマンスがあるわけですけどもね、
ラスト、当該シーンにおきましてはですね、
 
こんなあんばい。
 
野武士に相当する盗賊たちを追い払い、村人たちが喜ぶなか、娘はうかぬ顔。
結ばれたあの若いガンマンは、きっと村を去っていくのだろう……
と、そこへ、若いガンマン、娘のうしろに立ってニッコリ。
それに気付いた娘、振り返って、彼がこの村に残るのだと悟り、はにかむように微笑む。
そして、
 
「また負け戦だったな……
「勝ったのはあの農民たちだ……俺達ではない……」
 
 
うん、待って。
なんだろ、この湧き起こるトッテツケタ感。
 
この記事を書くために、Wikipediaさんでおさらいしてみたところ、
武士は身分であって、ガンマンは身分ではない。
七人のなかの最年少者が村娘と恋に落ちるという流れは一緒でも、
その違いが、オリジナルである侍は別離、ガンマンは村に残る=農民になる、
という結果に……とのことで……
 
  
あの、ごめんなさい、
 
ハリウッドさんが、ハッピーエンド大好きっ子なだけなんじゃねえの?
 
って、思っちゃったのですよ。
  
ええ、 
長々とお付き合いさせてしまいました。
 
というわけで、先に書きました、
ラストシーンはハッピーエンドっぽく見せかける演出をしちゃうんじゃねいのー?
となるのです。
信じてないのです。
 
それでもさすがに、
 
「このままずっと繰り返せばいいじゃないか」
「同じ一日をか? 毎朝おまえは、見知らぬリタ・ヴラタスキと会うのだぞ」
「それでもかまわないよ」
 
……………… 
 
「……そうか、それも悪くない」
 
 
て、やるはずがないよねええええええ!?
そんな血みどろハッピーエンドは、お好みじゃあないはずですもんねええええぇぇぇぇぇぇぇぇ(フェイドアウト
と。思う程度には、信じてます。
 
信じてますったら。 
 
  
【梅干しのこと】
 
リタとケイジが梅干し大食い合戦、いやチキンレースか、をするシーンがあるんですけども、
映画にも、ありますかねえ?
 
トム・クルーズの外見からして、そもそも舞台は日本じゃなくなってるかしら。
したらば、食事に梅干しが、というエピソードは、
 
……や、無くせはしないんじゃないかな。
リタとケイジがうちとけるエピソードなので、ここ削ったら、
ほら、大好きなラブロマ~ンスに持ち込めないんじゃないかと。
 
しかしまあその、
可愛い女の子が梅干し食べて酸っぱさを痩せ我慢してチキンレースを挑むなんてね、
 
ラノベだな!
 
いいぞそういうとこ大好きだ!
 
ハリウッドがここをどう処理するのか、まったく想像がつかないので、
これは映画で注目することとします。
 
 
【体型およびキャラのこと】
 
そう、小説は、原作は、ラノベなんですよね。
女の子、可愛いんです。少女なんです。
少年少女に地球の命運あずけちゃうのは、日本の文化か病気かなんかです。
あいにく、キライじゃないんです。
内田樹先生がそのへん考察した文章があったと思うのだけど、それはまた今度。
 
でね。
 
宣伝用かなんかのムービーにリタ役として登場するのは、ブロンド美人でグラマラス。
実際のリタは似ても似つかぬ小柄でツルペタという描写がありまして。
あ、ごめんなさい、ツルペタは個人の印象です。
イラストだと、Aくらいはあると思います。
 
このリタが、原作そのまんまじゃなさそうなのは、ビジュアルからなんとなーく感じられます。
それとも、エミリー・ブラント(リタ役)って、少女っぽいのかしら。あちらの感覚では。
ついでに言うと、ジャケットが、小説で描写されてるほど真っ赤じゃないように見える。
  
それと、そのリタの専属技術者であるシャスタ。
この子がですね、
メガネ、ミツアミ、ドジっ娘キャラです。
 
……ハリウッド映画で?
 
ドジっ娘?
 
 
ないないないないない。
 
 
男性にしちゃうか、せいぜい『アリー my Love』のレネみたいなキャラをあてるんじゃないかと推測しております。
 
 
【実事はあるのか】
 
リタとケイジが、一晩、一緒に過ごすシーンがありましてな。
 
小説では、そのへん、うまいことさらっと書いてあったので、うっかり読み流してしまいましてな。
 
コミック版では、リタのお尻に軽くドギマギしちゃってるような描写があって、
 
ありゃ?
 
と思ったのです。
 
コミック版では、本当に語りあって眠っただけ、のような印象ですが。
改めて小説を読み返すと、
寝起きのケイジが、リタを見ているうち「わけもなくまぶしく」なったり、
それと、奇襲にあったときの、
「コ……コーヒーが冷える前に片をつけられるかな?
というケイジの台詞。
 
これ、「コ……」がなければ、
 
あ、ゆうべ、ケイジのやつ男になったな、間違いない。
 
と思うとこですわー。
調子にのりっぷりが、そんな感じになるんですわー。
 
けども、ちょっと噛んでる。「コ……コーヒーが」て。
それだもんだから、ちょっと軽口たたいてみただけなのか、とも思われる。
悩ましい。
どっちなんだ。
ハッキリしないとこがまた、醍醐味かもしれませんが。
 
ここまで、小説とコミック版の話。
問題は映画版ですよ。ハリウッドですよ。
 
 
つか、
……どーせ、むちゅむちゅシーンくらいは、はさむんじゃねいのー?(鼻をほじりながら
 
 
 
はい。
 
というわけで。
  
私のハリウッド映画への偏見を最大限披露したところで、
 
映画を観てから、ちゃんとゴメンナサイします。
 
と宣言して、本日はこのへんで。
ご訪問ありがとうございました。
  
や、だって、すみからすみまで、
ほらー! 思ったとおりー!
なんてはずないし。
最初から、観たあとのごめんなさい記事も書く所存ですよ。
 
 
 
 

 
 
 
    何事のおはしますかは知らねどもかたじけなさに涙こぼるる    西行
 
 
 
近所の映画館ではもう上映してない、とツイッターで嘆いた私に、まだ上映してる映画館情報を提供してくれたお友達に、感謝を。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2012年1月 2日 (月)

あけましておめでとうございます。

今年は出来合いのおせちを先に買ってあって、大晦日に煮しめとなますくらいは作ろうと思ってたらば、材料、なにもかも売り切れでした。

で、やさぐれて、なにもかも出来合いで間に合わせたおせち。
あけましておめでとうございます。
あけましておめでとうございます。

そして、初詣にいったさきのコンビニで発見したポスター。
ベルセルク映画化に衝撃を受け、人目もはばからず写メ撮った。
実写じゃなくてよかったような、いっそ実写で見てみたかったような。
つーか、いま富樫状態だったと思いますが。いやいいんだけど。

思い返すにベルセルクとの出会いは、出張先の有料放送で見たアニメ版でした。
途中から見たし途中で寝てしまったのでタイトルもわからなかったのだけれど、銀髪の美青年が素っ裸で夢を語り、いかつい兄ちゃんと水をかけあうシーンがやけに忘れられず、あとでオタク友達に話したところ、

「あ、それ多分ベルセルクです」

あっさりタイトル判明し、全巻持ってるというので、借りて読んだのです。
それから新巻が出るたび、妊娠中などは「胎教に悪いですけど」と言われつつ楽しく読ませていただきました。

いや胎教に悪いというけども、あのキャスカの、この世のものならざる異形の赤ん坊の話など、子どもを産んでからはむしろ可愛くて可愛くて、また涙なしには読めなかったもんですが。
独身の友達には理解できなかったようですけども。
しかしまあ一般的にはグロいですから、免疫のない方は読まないほうがいいです。
いやいや正直言って、オタク属性あっても免疫がある方であっても、あの赤ん坊がいじらしくて可愛いというのに同意してもらえるかどうか確信はない。全然ない。

まとまりのないまま、皆さま今年もどうぞよろしくお願いします。

2011年6月 5日 (日)

プリンセストヨトミ

どこかのレビューで「トンデモ映画」とあったので、そりゃ面白そうだと観てきましたよ。

ネタバレあるかもです。↓

 

 

 

 

 

しかしまあ、それほどトンデモではないと思ったわたしは中二病かなんかでしょうか。
よーく考えると「アホな」話だってのはわかるんだけども、前半はまったく面白く観ておりました。
トンデモどころか、これはまあ私が子どもがいる身だからか、うるっときてしまうところもあったし。

いやそれってどうなの、とか思うところはぽろぽろあれど、原作にはも少しちゃんと書きこんであるんだろうか。
ダイスケくんがセーラー服を着ていることについて、本人の葛藤が見えなかったのは脚本のせいか演技力のせいか。
いや犯人さがせよとか。

ちなみに、トヨトミのプリンセスちゃんは戦いません。

あとまあラスト近くで松平さんのベッドでのしゃべりは、そうなるしかないのはわかるけどもそっと説得力がほしかったとか、だから犯人はいいのかとか、お父さんとのことを語るのはハッキリ無駄だったと思うんだがなあ。
回想シーンですでにそのへんの心情は見せられているので、旭くんに解説するにしても、もう少し見せようがあったんじゃないかとか。

それと大輔くんはもっと可愛いパンツをはいてもいいと思う。
セーラー服を着ようという男の子が、あんなデカパンはいてるもんかい。
オチは好きだけど。

ツッコミどころが沢山あって楽しいので、レビューで「二人で観に行く」ことを勧めていたわけがわかりました。
なんにせよ面白かったです。